目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
ほのめかし
ノイズキャンペーンの五感の聴覚に訴え掛けるストーカー行為と同じく聴覚にアンカリングしてくる手法のほのめかしですが、これも複合でやってきますが、かなり分かり易いストーカー
行為。
しかしターゲットだけにしか分からないのはどれも同じです。証拠をのこしたくないからです。
予め調べたターゲットの個人情報、他人が分からないような事、ターゲット本人しか知らない
はづの事柄を、言葉や単語にして知らせ「お前の事はみんなしっているぞ」みたいな感じで
様々なシュチュエーションでほのめかします。
一番分かり易いのはファミレス等で隣の客が会話に混ぜてターゲットの個人情報を話ます。この会話をする人は創価の人でしょうから
分からずやっているようで、へたくそな感じが多いが、その方がストーカーのほのめかしと分かり
ストーカー側には都合がいいみたいです、と言うのは、今日私は同被害者と会い相談をする約束でした。それを傍受している学会員集団ストーカーグループは、行きそうな店
に、予めもしくは後から来て、このような会話によるほのめかしをしだしまっす。
本日合う方はファミレスは、「奴らの巣窟」と言っていましたが、正にその通り必ず現れ性懲りもなくはじめます。
今日はその人とは会えなかったのですが、予想に手ぐすね引いてまっていたようで、何回もほのめかしの複合電磁波の合わせ技を実感しました。
その会話の内容は通常の会話のようで、やはり無理しているようで不自然な話題が多い
例えば、今の私には裁判の会話、年金の会話、地上げの会話、利権の会話最近少し焦り気味のようで、普通では考えにくい無理のある会話が多いです。
通常は極自然な会話の中に入れてやります。しかし聞こえないと意味が無いので、みんな大きな声で話す特徴があり、思わず吹き出してしまいそうになる事がある。
私が完全に寝ていても、延々とやっていて寂しく帰る姿も見た事がある。
更にへたくそな人は、ある単語だけ大きな声で言います。がんばっていても一般学会員
ですからしょうがないですね、又よく吠える犬程弱い。
登場人物は子供連れ有り、おばちゃん有り、おじさん有り、アベック有り、人数も様々に変化します。ファミレスでのほのめかしが終わると、そとでさらに追い打ちを
かけるべく他の手法でアンカリングしてきます。
これらには最近気づいたのですが、合図があるように思え次のアンカリングのタイミングを知らせる意味で、ある単語を大きな声で言っているのかもしれません。
今の私の場合、これらに必ず電磁波のトッピング付きで行われます。
お店以外の場合、道を歩いているとすれ違う高校生が、意味ありげな会話をし、また小学生だったり、おばちゃんだったり、ごくごく有り得る登場人物にさせています。
これらにいちいち腹を立てていたらきりがありません。善良な普通の人達でしょう。

ここまで書いて来て、やはりこれを第三者に理解してもらうのは困難極めます。
そこまでの人が登場するのか?ここでまず理解不脳でしょう、相手が創価学会だから
可能な技という事をしっかり頭に入れて考えないとダメです。
私も当初は、結構同じ登場人物が出演していたのですが、最近は何かまずい事が
あるのか分かりませんが、同じ人は1年ぶりに登場という感じです。
今石川県金沢市に於いては、この集団ストーカーの事実を世間に知らせようと動いている人が少ないので、たぶん監視が強化されていると思われます。
単なる聞こえよがしのほのめかし行為ですが、全て個人情報のターゲットの嫌がる事だったり、
恥ずかしい事だったり、気にしている事だったりをエグっていくような感じでされます。
人によっては、このほのめかし行為だけでも混乱し、苦しい思いをすると思います。
学校のいじめで、四六時中死ね死ねと言われて自殺した例がありますが、そこまで追い込むことも出来るでしょう。
しかし今現実に行われている集団ストーカーはテクノロジー犯罪もセットですから、複合という言葉をよく使いますが、ガスライティング、アンカリング、ゴリジョンキャンペーン
ノイズキャンペーン、ほのめかし、付きまとい、盗聴、盗撮、通信傍受、GPS、電磁波、超音波、低周波、スマホ、ハッキング、住居侵入、いたずらTEL、FAX、郵便物等を
同時進行で複合的に行われる分けですから、ひとたまりもないでしょう。

この記事は二日がかりで書いているので、ここからは次の日で昨日会えなかった同被害者に金沢市入江の喫茶店で会いました。
その方は長年この被害に合われている方で、ストーカーの登場人物を一匹二匹と数えて私に教えてくれました。
今日はかなりの数が回りを蠢いていたようです。
その後ファミレスに行くと、昨日の分の記事のほのめかしの内容を知った上のような感じで
わざと大きな声でみんなにも聞こえるように、かなりボリュームをあげやってました。
それが何組もいて、それはおぞましいキモイ空間になっていたようです。
私も経験ありますが、宗教の人は敵対関係の者をゴミと教えられたら、何の疑いも無くゴミ扱い簡単にします。一般の人にはまねできない位何の疑問も無く、そうできます
洗脳の恐ろしさですが、今日のファミレスの私の回りは、そういう匂いがプンプンしていました。今日参加されたストーカーのみなさんご苦労様でした。
感想をいいますと、イマイチという感じで座布団はおあずけ、ダサい、言い訳がましい、説明しているようで解りにく、弱すぎ。点数付けると25点。
もっともっと刺激的に、さらにエスカレートさせて下さい。期待します。
もはや下らない事は効果薄いよ。ボリュームも更に大きくないと私は殆ど気にならない。
もっともっと激しくもっともっと怖く。もっともっと近づいてやりましょう。

話は戻して、一連のストーカー行為の中の様々な嫌がらせは、マニュアルがあるようですが
これを立案し原稿を書いている者がいるはずです。この者こそいじめの首謀者みたいなもので、ディレクターのように人を配置し仕切っているはずです。
ストーカー行為の内容もこの者から発案し、マニュアルに則って実行されている、突き詰めれば、その者の性格から出ているのでは自分だったら嫌だなと思う事
をやっているようで、また一般的にそうだろう的に決め付けて、ひつこくストーキングしてくるみたいです、あまり長く同じような内容でされていると慣れて、つまらないし
怒る気にもならないくらいバカバカしいと思ってくる。
私の場合かマニュアルなのか、大きい者を出せばびっくりすると思っている節があるようです、そういう物にあこがれを持っている人物の発送ですか?
見下ろされ続けていた人の裏返しの感覚でしょうか?
あまり私には効果弱いですよ。
自分の小ささが逆に出ている感じです、政権与党に入ったとはいえ、自民党の方がダントツですから、その裏返しなのでしょうか。

ストーカーの舞台裏も見えて来る、私のように鈍いと今日合った人程気にならない、
例えば、ほのめかしをしに来て、聞こえなかったら意味ない、会話の大事なところ、ここは絶対ほのめかして聞かせたいと思って指令を受けて来ているのに、ターゲットが
トイレにいってしまsっては空振りに終わり虚しいし、その人っていったい何なんでしょうと存在価値の低さに情けなくならないのでしょうか?
おそらく空ふりは、かなりの数あるでしょう、長時間待ち狙った瞬間を外した時の事を考えると気の毒にも思います。
ストーカーの中には自転車で登場の人は、どこかで準備して待機しているでしょうし、
車の人は、車の中で指令を待ちターゲットが予想外の行動なんかとったら、用意していたものが全部パーです。これは悲しい出来事でしょう。
何箇所にもストーカー行為の準備をし、二段三段構えで罠をしかけているようですからはずしたら全て本日も無駄に終わり撤収という事でしょうか。
逆の喜びもありますよね、まんまとターゲットが予定の行動をとり全てストーキング成功したら、ヤッター!と達成感を味わえますよね。帰ってからの酒も美味いし
皆で打ち上げでも出来ますよね。

ところで最近車のステッカー赤のカッティングシール、大きめで私でも少しは気づきます。でもあっさり過ぎて芸が無い、面倒臭さが出ているように感じる。
フルカラーでお願いします。写真とか。多色の立体感のあるものを希望します。
他の車の場合、殆ど何か意味があるのかなあ~位です。ドキっとさせるインパクトが欲しいところですよ。せめてそのくらい出来るでしょ。
怠慢といわざるおえないか、金沢の小規模ではここまでが限界ですか?
いづれにしても、やる方もやられる方もガチで行きましょう。


石川県金沢市でよく出演する人物の特徴
一番良く見かけるのが細身で身長180cmの男で、年齢不明割と年食っていそう。
顔はやせ型の尖った顔です。一見モデルのようにかっこいい人です。
指名手配の犯人みたいな紹介で褒める必要はないが、そんな感じでいろんな服装をします、メガネサングラス、マスク帽子をよくつかっています。
又ぼうず頭の若い男、やはり細身で尖った顔、まあまあいい男。
ハゲでメガネのおじさん(禿げ方は上が無く横と後ろが髪の毛あり)細身で身長は低い。
上記の者は最初の頃、何食わぬ顔で何度も登場した、しかし最近見ない。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.