2015/10/20

テクノロジー犯罪のソフトランディング!

前に記事に書いた北朝鮮の人工衛星打ち上げには、裏の核弾道ミサイルの実験があり、二面性を持っていると書きました。
最近思うにテクノロジー犯罪も、一般的にそろそろ表面の平和利用的な観点から小出しにしているように見える。
さすがに海外で使用して規制までしている物ですから、日本国民だけ知らないという状態は異常事態となりかねない。
裏の悪用が先に我々の周知活動や、その他で世間に漏れでては犯罪者側にとっては非常にまずいハードランディングになる、そこで平和利用等で小出しにして認識を植え付けようと試み出した感がある。
集団ストーカーも言葉自体そうだが、実際の犯罪とは比べようもない呼び名で、恋愛のチンケなストーカーと一見勘違いしそうな名前でドラマー等にその手法の一部を薄めて認知させミスリードして来たのと似ている。
そして更に奥深い通常の加害者すら知らない人体実験とも言うべき事実は、今後も最極秘事項として上手く隠していくようだ、相当手強い相手ですね!黒幕は。
実に面白い展開で今後の戦い方も従来的な形では後手に回りかねない気もする。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント