目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
ノイズキャンペーン
ノイズキャンペーン
コリジョンキャンペーンに続いてというか、複合的に行われている事なので、ひとつひとつ説明する方が本当は、現場で起こっている事は複雑です。

元々、第三者に説明しても理解しにくいものですし、説明すればする程、信じ難い事ですので、先に当事者ターゲットにされた人の、神経を疑う方が早いから病気と決めつけられる分けです。

集団ストーカーの加害者側は証拠は残したくない、しかしターゲットに意識させたい。ターゲット以外には分からないようにしたい。
明らかに加害と第三者にも分かるものは避けたいという処から発しているものばかりですから、そこから逆算してくれる第三者以外は、いくらターゲットが人格者でも信じてもらえないでしょう。
例えば、コリジョンキャンペーンとノイズキャンペーンとほのめかしと電磁波を組み合わせて仕掛けてくるわけですが、別々のものではなく、ターゲットに一つの事を意味付けるため全て使う分けです、いくつかの意味をひとつひとつに持たせ、総合するとターゲットに
意識させたい事になるという事で、一つを説明してもダメで加害を意識させる為と証拠を残さない為、複合で仕掛けています。

ターゲットに加害(嫌がらせ)と意識させる為に、あらゆる感覚を利用し訴え掛けるというものです。その聴覚に訴え掛けるの、ノイズキャンペ^ーンとほのめかしになります。
梅干を見ると舌がすっぱく感じるという事がありますが、その人にとってこの音を聞けば何か気にかけている事を意識してしまうものだったり、加害いつもつきまとっている、

今のコリジョンキャンペーンで横切った車は、我々集団ストーカーの行為ですよ、といった意識付けです。
音には様々なものがあり、音のする場所、遠い近い、大きい小さいによっても何かを意識付けているのでしょう。

話は変わりますが、今この文章を書いている時もカチカチと何か遊んでいるように音をさせて来ます、と書いたら静かになりました。(笑)

話を戻して、その音というのは何か特別な音ではなく、生活音程度、しかし長年月行われる分けですから、自ずとターゲットだけに意識付ける内容と音というのが決まってきます。
例えばその音を録音し聞かせても、そんな音普通どこでもするよ、というものです。これまた証拠として使われ難いよう,細心の注意を払って作っているようです。
かなり微妙な音まで、時と場合に応じて使い分けています。これは幻聴ではありません。

理解不脳の第三者(集団ストーカー、テクノロジー犯罪を知らない人)は幻聴という方向に位置づけ、納得しようとするでしょうが、これまた加害者の思う壺で目的が初めから精神病院送りですから、目的達成に近づいたと小躍りするでしょう。
一つの考えとして、予め精神病院の先生にこの犯罪の事実を知ってもらう方が早いのではないでしょうか。
ネットで被害者の声を読んでいると、かなり似ているものが多く、マニュアル化されていることが一目瞭然です。
先生やストーカーの相談窓口に、強力に知らせていく必要がある。
この方達はプライドはあるが、患者や相談者には良心的な部分もあり、警察のように決定的証拠というまでもなく、多くの前例により考えるように変える事が出来るはずだ。

周知活動も集中すべき箇所と、広く知ってもらうのと分けて行う方が効果的ですので、今後そのように活動して行きます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.