目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
 コリジョンキャンペーン
集団ストーカー手法の一つにコリジョンキャンペーンというのがありますが、こういう被害に合わなければ、こんな言葉すらしらないでしょうし、意味なんかさっぱいわからない。
「大掛かりな邪魔」と言われています、車や自転車、通行人、バイクを利用し、行く手をさえぎったりハイビームですれ違ったりと、肩を怒らせたヤクザが前から来ると、怖いから道をあけますよね、そんな感じで車で走行中、何か意味ありけにそう言う事を仕掛けてくることが多い。
私の住む金沢市内の犯行一味は、車のカッティングシートのシールを自由自在に会社や何かのシールのように、ターゲットに意味ありげなシールをこしらえ、そういう行為をします。車の装備も意味ありげな車を用意し、待ち構えていたように出てきます、それらはターゲットになった人は感違い程度で済むような頻度ではありませんので、
自覚します、車のナンバーも予め意味ありげな数字のナンバーを使います。
気にしだしたら切りがないものですが、気にさせるのが目的で行われているので、気になります、人に話すと頭大丈夫ですか?と言う事になりますし、それが目的の犯人一味はコリもせず、次々とせっせと用意し見せつけようとします。
ウザイの一言に付きますが、何もしらないターゲットになった人はノイローゼ気味になるでしょう。このウザさはほのめかし等を併用し、多種多様に行われ説明しろと言われても面倒臭い事この上ないです。

今日石川県警のストーカー係りに行ってきましたが、説明がめんどくさくて苦労しました。
被害と無縁の人には、一つ一つの事象として、だったらこうしたら、と言いますが、
数を頼んで行われて、複合的にその本人にしかわからない個人情報の意味付をしているようですので、第三者に説明するのが面倒臭いというレベルではなく、説明する事がうんざりです、
これを読んだ、被害者と加害者はうなづき合える部分でしょうが、それ以外の対岸の火事位にしか思えない人には理解不能の事象です。
説明すればする程、頭大丈夫か?という事になりかねません。
ですからこれは我慢するのが一番の対策で、気にしない気にしない作戦が有効です。
気にさせたい分けだから気にしないでいればいいだけです。
また、ヤクザが前からくるなら怖いが、普通の善良な庶民が依頼を受けて、面白半分に
やっている程度です、危険もありません。今の処私の場合はそのレベルです。
加害者にご苦労さんと言いたい。

以前車のタイヤのネジを緩められ、走行中に前輪2個が外れた事がありましたが、これも、少し緩める程度ですぐに気づくようになっていました。
これは被害届けも出せる、被害者にとっては最高の証拠という事でありがたい犯行です。
あわよくば現行犯逮捕、もしくは正当防衛で半殺しにも出来るありがたい犯行です。

しかしコリジョンキャンペーンはそこまで行かない、気にさせるだけのものです、気の弱い人にだけ通用する集団ストーカー手法ではないでしょか。

日蓮正宗のお寺でも、以前ブレーキオイルのパイプを少し切られていた事があったという事も聞いた事ありますし、現行犯で捕まえた事もあったと聞きました。
こういう事を犯行グループも、もっと盛んにやってくれると、分かり易いし説明しやすいのですが、
以前私の場合、タイヤが取れた事を警察に届け、事情を説明するとおまわりは、「挑発するな!」と言いました。当時こんな事直ぐに終わるだろうと考えていたので、おまわりの言う事に従い、とりあえず3年無視して来ました、ところが止む事は無くエスカレートしていく一方ですので、もうおまわりの言う事には従いません。

こういう周知活動をしていくことが、挑発行為になり今まで以上のストーカー行為に更に危険度を上げてくる事は同時に墓穴を掘る可能性も高まる事で、こちらも周知活動のボリュームを上げて行き、多くの被害者を救い出せる日を望みます。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.