目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
幽霊の正体見たり枯れ尾花
集団ストーカー、テクノロジー犯罪が、創価学会とその周辺の仕業と判明した今、「幽霊の正体見たり枯れ尾花」の感が強い、
かなり昔から学会内で退転状態の人や脱会者が、村八分や嫌がらせを露骨に
されている事は、聞いていたし強力な権力を背景にやりたい放題の時期があり、
それによって想像を絶する苦しみを味わっていた人がいました。
昔は今より露骨で、分かり易いいじめで、やはり理不尽で卑怯なものだった。
しかし時代も変わりハイテクの時代になり、21世紀に入ると、このような更にずる賢い、手の込んだ
法律の網をくぐり抜け、被害者に一言も発せられないように、全てぼかし家族ですら
その犯罪行為に気づかせない手法が確立され、マニュアル化し行われている事に驚きを
隠せない。しかしこの犯罪を考える時、初めは本当は露骨な物で、家に侵入したり、
尾行したり、準備期間にターゲットの人間には気づかれないように、大胆な犯行が
繰り返されているはづだ、一人の人間を組織ストーカーするまでに、準備が整うまで
どの位の時間を費やしているのか?仕込みが終わってからテクノロジーなる玩具を
使って余裕かまして犯行に及んでいるのだろう。個人情報を丸ごと手に入れるまでに
行われる悪行は、テクノロジー犯罪と呼ぶにはおこがましい古い手を使用しなければ
出来ない事が多いだろう。普通ターゲットになった人は犯行が始まって当初は何が起こっているのか
解らない、私の場合もそうだが簡単な相手と思い相手にしないでいようとします。
しかしその時実は、全ての仕込みは完了しているわけで、段階をおって犯行をエスカレート
していく手口で、相手が見えないのでターゲットになった人はうろたえるでしょう。
そこまでの作業は実に念入りに仕込んでいるので、手馴れた場数を踏んだ犯行のように思えた。
という事は2015年1月現在で、かなりの数の個人情報がダダ漏れ状態で、知らずに
被害に合っている方も大勢いるはずだ。一応秘密警察気取りでそうそう漏らしたり、
安易な使用は避けているようだが、個人的に私は被害者と自覚できるが、自覚出来ずに
被害をおっている。何かのきっかけで自覚の無い被害者も自覚する被害者になる可能性
は充分ある。
このように見ていくと、初期の潜伏期間とも言うべき仕込みの時期にこそ、
分かり易い犯罪がされている分けですから、この時期にこそ証拠取りは容易に犯罪現場の
証拠取りとなるはずです、仕込みが終わってからの証拠取りは解りにくい、面倒臭いものになり
犯人の思う壺でもあるのでは。
いづれにしても特殊な犯罪に思えるが、潜伏期間は泥臭い犯行になる。
職人技の手作業みたいな物だろう。
それを想像すると笑える、幽霊の正体見たり枯れ尾花ということわざが思い浮かぶ
その初期の潜伏作業は、実はびくびくしながらドキドキしながらやっているだらう、
何しろ法律違反だから、その作業を請け負う者は犯罪と知っているわけだから、
与太者を用意するしかない事になります。
一般創価学会員が想像も出来ない者達が、アンカリングに登場する人達が
全く知らない人達になり、この事実でもアンカリングの通行人や車で登場する人、
又ほのめかしで原稿を読んでいるような事をさせられている人は驚天動地の事だろう。

いづれ墓穴を掘り、足が付き現行犯逮捕は、この初期の潜伏期間ではないだろうか。
やはりその為には、多くの人がこの犯罪の事を知っていないと現場は押さえられない。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.