fc2ブログ
2023/11/03

47都道府県請願陳情ラリー途中経過と最終東京都

『47都道府県請願陳情ラリー』も順調に全国に郵送し始めていますが、最終東京都は私が行こうと思います。

都議会の議長に手渡し出来ればと思いますので、段取り中です!!
11月中過ぎになる予定です。

まだ間に合います‼
自分の住所の都道府県から出したい方は、無記名の陳情書を作り送ります。
大勢の参加が、議会に反響を及ぼすとおもいますので、個別に出したい方、まだ間に合います!一報下されば『請願陳情キット』をお送りいたします。
プリントアウト出来る東京都の方で郵送で参加してみようと思う方は下の用紙をコピーし自分の住所氏名を入れはんこを押して東京都議会に送るだけで大丈夫です。
同じ内容ですが、沢山の人から送られてきたら議会も無視できないでしょう。

東京都無地
説明1
陳情とやり方


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

周知活動をして頂き有難うございます。 

こいつら馬鹿が特定個人をダシに使って、馬鹿全員で24時間連続で絶え間無く遣り続けている、特定個人を24時間連続で極端に不快にさせ続ける事だけを当面の目的にした、ステルス型(ギャングストーキング型)の遣り方での組織暴力(集団暴行)による収益活動は、以前に御説明した2つの理由に因るものです。
1つは、こいつら馬鹿は、終戦直後から、GHQおよびCIAの【代行役】を遣り続けて来ている人種の集団社会なのであり、98年あたりから軍用のパッシブ(障害物透過型のスナイパースコープで、専用三脚に取り付けて使うタイプと、手で持って使うタイプとの2種類がある)を大量に導入して、北海道から沖縄に至るまでのすべての地域社会において、陣頭指揮を執っている馬鹿が、専業者等の馬鹿全員を仕切って、各馬鹿に人を極端に不快にさせるためのステルス凶行の遣り方を事細かく指示をして、特定個人を24時間連続の集団暴行のダシに使って、【馬鹿全員で遣る遣り方の悪魔崇拝儀式】つまり【ステルス型の凌遅刑】を24時間連続で絶え間無く遣らせ続けている。
これが、CIAの超巨大プロジェクトであるマインドコントロールウルトラプロジェクトにおける最終段階のプログラムである『ギャングストーキングオペレーション』である。
これは、CIAの代行役として、公安警察組織と、Sの諜報機関とが連携して、専業者等の馬鹿を全員使って24時間遣らせ続けている。これのダシに24時間使われている特定個人は、集団ストーカー被害者と呼ばれている。

あと1つの理由は、現在までの中国共産党の現実と、以前のカンボジアの現実を検証すれば明らかな様に、全体(共産)主義の集団社会においては、時間の経過と共に、どうしても、大多数の部内者の不平不満(負のエネルギー)の矛先が、幹部達に向けられてしまうので、幹部達の安泰を謀るためと、それによる集団社会の内部からの崩壊を阻止し続けるためには、常に、特定の集団や特定個人に対して、大多数の部内者の負のエネルギーの矛先を向けさせ続けねばならないのである。
つまり、常に、生贄(見せしめ)儀式を遣り続けなければならないのである。
この【見せしめ】の遣り方には2つあり、1つは、拉致監禁して、あるいは、拉致監禁はしなくても、手っ取り早い遣り方で、さっさと遣ってしまう遣り方。
あと1つは、わざと泳がせながら、馬鹿全員で、極めて組織的集団連携作業的な遣り方で24時間只管狙い続けて、タイミングまで毎日毎回一回一回正確に突いて、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行を只管加え続ける遣り方で、どんな形であれ特定個人を殺し上げるまでは、いつまでも、いつまでも、いつまでも、引っ張る遣り方。つまり、ステルス型の凌遅刑の遣り方。

こいつら日本人種に成り済まして来ている馬鹿は、民主(自由)主義の国家である日本において、人的ネットワーク型の全体(共産)主義の集団社会である。つまり、【国家内国家】なのである。

確かに、極めて深刻な社会問題は幾等でもあるのだが、こいつら馬鹿という社会問題は、跳び貫けて深刻な社会問題である。

何故なら、こいつら馬鹿の特定個人をダシに使っての24時間連続で絶え間の無いステルス型(ギャングストーキング型)の組織暴力(集団暴行)による収益活動の遣り方は、どんな形であれ特定個人を殺し上げるまで、一方的かつ永続的に遣り続けられる、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行だけを駆使し続ける遣り方だからである。

私達人間は最高等生物だから、そんなにいつまでも生存時間は無い。どんなに長くても100年。正味の時間は70年から80年(個人差があります)までしか無いのである。
だから、こいつらみたいな、ほんとうの【馬鹿】の相手をさせられている時間は、どなたであっても無いのである。
ところが、こいつら馬鹿は、ほんとうに、特定個人の僅かな残り時間のすべてを【馬鹿全員で24時間汚がし尽くして、潰し尽くす】事だけを目的にして、これを【職業】として24時間遣っている専業者の馬鹿を筆頭にして、馬鹿全員の連携作業で特定個人だけを24時間只管狙い続けて、タイミングまで毎日毎回一回一回正確に突いて、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行を只管加え続けている。




こいつら馬鹿が、何故、跳び貫けて一番深刻な社会問題なのかというと、こいつら馬鹿の特定個人だけを馬鹿全員で只管狙いながら24時間遣り続けている組織暴力(集団暴行)の遣り方は、こいつら馬鹿が一方的かつ永続的に遣り続けられる遣り方で、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行を遣り続けているからである。

せめて、特定個人が住居内に居る時には、特定個人だけでは無くて、特定個人と同居している家族に対しても、馬鹿の口以外のステルス凶器を使って遣ればバレ無いのであるから、馬鹿の口以外のステルス凶器を駆使して、特定個人に対して24時間遣っているステルス凶行をしてくれれば、家族全員で【証言】が出来る。この【家族全員の証言】が日本各地で発生すれば、少なくとも、ローカルなメディアが【ネタ】として取り上げてくれる可能性が出てくる。そうなれば、それを足掛かりにして、一気に【社会認知】が実現する可能性が出てくる。
社会認知が進行すれば、いくらこいつらが【馬鹿】とはいえ、一旦は、この遣り方での収益活動を【中断】せざるを得なくなる。そうなれば、こいつら馬鹿によって、24時間一時たりとも脳神経を休ませて貰え無い特定個人(被害者)の皆様に、脳神経を休ませて頂く事が出来る。
この現実では、被害者の皆様が、あんまりにもかわいそうだ。何とかして、何とかして、何とかして、被害者の皆様を、こいつら馬鹿から救済しなければならない。

こいつら馬鹿は【馬鹿全員VSたったひとり】という構図を【こいつら馬鹿全員で遣っている、一人芝居】で作って、集団正義(集団凶気)に完全に酔っている心理状態(群集心理=多数派絶対正義心理)で、馬鹿全員で特定個人だけを24時間わざわざつけ狙ってまで、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行を遣り続けているので、特定個人に対してだけは【完全な〇違いの集団社会】なのである。

だから、こいつら馬鹿は、アメリカのミリメトリックス社の軍用タイプのパッシブミリメーターウエイブイメージャーを専用三脚に取り付けて障害物透過型のスナイパースコープに使って、住居内や駐車中の車内にいる特定個人の鼓膜等の局所だけを急角度からであってもファインダー一杯にズームして観ながら正確に狙って、極一瞬だけのマチ針吐きつけ鼓膜突き刺し凶行を始めとした、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行をタイミングまで正確に突いて毎日毎回一回一回遣り続けているのである。
確かに、特定個人だけを馬鹿全員で極めて組織的集団連携作業的に24時間狙い続けて、本人以外の第三者には絶対にバレ無いで、特定個人を極端に不快にさせるステルス凶行だけを只管加え続けていれば、このステルス型(ギャングストーキング型)の組織暴力の遣り方による収益活動が、いつまでも、いつまでも、いつまでも、一方的かつ永続的に出来るからである。

こいつら馬鹿が特定個人をダシに使って24時間連続で只管遣り続けている、この極めて大々的な遣り方での、極めて組織的集団連携作業的な遣り方での、ステルス型(ギャングストーキング型)の遣り方での、組織暴力による収益活動の遣り方は、あまりにも跳び貫けて深刻な社会問題である。

しかも、こいつら馬鹿が遣っている事は、特定個人以外の第三者に対しては、【ほとんど無害】なのである。
ところが、特定個人に対してだけは、馬鹿全員で、悪意の限りで、本人以外の第三者には絶対にバレ無いで、特定個人を24時間極端に不快にさせ続けるための暴行傷害を只管加え続けている。

周知活動をして頂き有難うございます。 

こいつら馬鹿を最大限警戒しなければならない理由は、この日本人種に成り済まして来ている人種は、組織暴力(集団暴行)の的に掛けている特定個人が馬鹿の近く(20~30~40m圏内)にいる場合には、馬鹿は何かをしている芝居をしながらであっても、顔の表情は一切変えずに、ノーアクションのままで、口も極僅か開けるだけで、1秒チャンスがあったら0.5秒で、つまり、馬鹿が特定個人の耳の穴を【凝視】した瞬間に、途轍も無い瞬間高圧を掛けて、極一瞬だけ、マチ針状の衝撃波を吐きつけて、正確に特定個人の鼓膜に突き刺している程、口が途轍も無い『凶器』である人種だからである。

こいつら馬鹿を最大限警戒しなければならない理由は、こいつら馬鹿の特定個人に対する目的が『不快』だからだ。
(『至近距離の集団ストーカー被害者』で検索して御覧になってください)
つまり、特定個人を24時間『極端に不快』にさせるために、馬鹿の頭で考えつく限りの事を何でもしてくるからだ。
よくこんな事細かい遣り方に気が付くな、という位、ひきつけを起こすほど汚らわしい遣り方で特定個人を『極端に不快』にさせてくる。
以前は、動物や虫の死骸を使ったり、人糞を使ったり、有機物を使ったりしていた。また、器物の損壊もしていた。
その次は、夜間の時間帯以外の時間帯は、ウルトラソニックデバイスを使って、繋がれて飼われている中型犬の口を最大限『凶器』に使って、特定個人宅に正確に向いて、鼻に掛かった悲鳴でマシンガンの様に喚かせ続ける事を、何度も何度も毎日毎回繰り返す嫌がらせ(脳神経に対する暴行傷害)をしていた。
その次は、軍用のパッシブを使って、馬鹿の口を最大限『凶器』に使いながら、それ以外の、人を極端に不快にさせるためのステルス凶器も駆使している。
確かに、動物や虫の死骸を使ったり、人糞を使ったり、器物の損壊をする嫌がらせ(脳神経に対する暴行傷害)を毎日毎回繰り返せば人は住め無くなるし、
犬の口を夜間以外は最大限『凶器』に使うステルス凶行(脳神経に対する暴行傷害)の遣り方を毎日毎回繰り返されても人は住め無くなるのだが、
更に、一時たりとも人が住め無くなる、馬鹿の頭で考えつく限りの凶悪無比な組織暴力(集団暴行)の遣り方が、その次の遣り方なのである。

つまり、こいつら馬鹿の生存競争におけるアイディンティティが、『組織的に集団暴行の的に掛けた特定個人を、馬鹿全員で極めて組織的集団連携作業的な遣り方で、24時間極端に不快にさせ続ける』事なので、仕方が無いんだ。
こいつら馬鹿は、どうする事も出来無いんだ。
このアイディンティティでしか、こいつら馬鹿の集団社会を維持・存続出来無い訳だから、仕方が無いんだ。
日本人種に成り済まして、日本全土を『乗っ取って』来ているこいつら馬鹿は、戦後の日本における『最大の社会問題』だった。

集団社会の内部崩壊を阻止し続けながら、幹部達の安泰を謀りながら、集団社会を維持・存続させ続けるための『ダシ』に特定個人を使い続けなければならないのが、こいつら馬鹿の集団社会なのである。

一番問題なのは、現時点までの組織暴力(集団暴行)は一切水に流して、こいつら馬鹿と特定個人との間には『何も無かった』事にするから、とにかく特定個人から手を引くだけでいいから手を引けと言い続けて来ているのに、一時たりとも組織暴力(集団暴行)を止め無い事だ。
しかも、その集団暴行の遣り方は、馬鹿が一方的かつ永続的に遣り続けられる集団暴行の遣り方であり、特定個人が『回避が不可能』な集団暴行の遣り方なのである。

つまり、馬鹿全員で極めて組織的集団連携作業的な遣り方で組織暴力(集団暴行)を 遣り続けるために、ダシに使っている特定個人をわざと泳がせながら馬鹿全員で24時間わざわざつけ狙ってまで遣り続けているのである。
その遣り方は、途轍も無い凶器である馬鹿の口を最大限『あのばか』と『極一瞬だけのマチ針状の衝撃波』を特定個人および特定個人の『局所』に正確に吐きつける『凶器』に使う遣り方をメインのステルス凶行(暴行傷害)にして、それ以外の、人を極端に不快にさせるためのステルス凶器(馬鹿の使い方次第で、幾等でも人の殺傷に使えるステルス凶器)も駆使している。
こいつら馬鹿は、馬鹿全員で特定個人だけを24時間狙い続けて遣っている【凶気の沙汰】が第三者の人達に絶対にバレ無い様に、一般人の芝居に徹しているだけで、完全なステルス型の殺人鬼集団である。
つまり、完全なステルス型の殺人鬼集団が、馬鹿全員で、特定個人だけを24時間只管つけ狙って、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行(暴行傷害)を毎日毎回一回一回、タイミングまで正確に狙って只管加え続けて、特定個人を24時間最大限汚し貫いて、最大限侮辱し貫いて、最大限不快にさせ貫く集団暴行を、24時間一時たりとも止めずに只管遣り続けているのである。

いや、アメリカでも、ヨーロッパでも、日本でも、こいつら馬鹿の様な【ほんとうの馬鹿(〇違い)の集団社会】というのは、昔からあるんですよ。
アメリカやヨーロッパでは、こいつら馬鹿の様な集団社会を【悪魔崇拝カルト】と呼んで来ています。

こいつら馬鹿に、馬鹿の頭で考えつく限りの【悪意】で、24時間狙われ続けている特定個人が出来る事は、厚い鉄板でガードを作って、その中に頭だけでも突っ込んで寝させて貰う事くらいが一杯一杯である。







周知活動をして頂き有難うございます。 

WHOという事実上の『私企業』が、各国の政府との間で『パンデミック条約』を締結して、例えば、諜報機関が主体となって、組織的に、各国の政府に『パンデミック宣言』を出させる様に工作した場合(すでに、先行検証実験は、世界的な規模で遣り終えている)には、この条約に書かれてある事を盾に使って、WHOが各国の政府に『それを要請』した場合に、各国の政府の主権よりも、一私企業との間の『条約』が優先される事態になる訳ですが、その場合『それ』が、政府からの『要請』になるのか『強制』になるのかが、大問題な訳です。
『強制』というのは『義務化される』という事であり、拒否すれば『反社会的な人物=犯罪者として扱ってよい』という現実になります。
あらかじめ【緊急事態条項】を法制定しておけば、私達ゴイムの大量間引きが、私達ゴイムの逃げ場(回避策)を先手を打って塞いだ現実の中で、計画通りに実行出来ます。
何故なら、民主(自由)主義の社会を、全体(共産)主義の社会に【移行】させて行く場合、これを全世界的な規模で同時進行で一気に遣ろうとする場合は、こういう手法が執られるからです。
しかも、CIAは、例えば、この日本だけを観ても、戦後、一貫してCIAの【代行役】を遣って来ている公安警察組織とSの諜報機関とに連携作業をさせて、47都道府県の各地域社会において、生活保護費を【詐取】させている馬鹿を専業者にして、これをメインとした、ステルス型(ギャングストーキング型)の秘密警察組織活動のネットワークを張り巡らせ続けて来ており、時間の経過とともに、どんどんどんどん、そのネットワークを拡充させ続けて来ている。
専業者として【これだけ】を24時間遣らせ続けている馬鹿には、ステルス型の秘密警察活動に使うための道具一式を持たせてある。
特定個人自体か、特定個人の車両が接近して来たら『音』で知らせる小さな受信機、アメリカのミリメトリックス社の軍用タイプのパッシブミリメーターウエイブイメージャー(2種類あり)、昼夜兼用の双眼鏡、等をワンセットで持たせてあります。
また、極一部ではありますが、この上に更に、東芝製のテレパシー装置(アタッシュケースサイズで持ち運びが出来る、1台が、2億3千2百万円相当の対人用の軍用兵器)まで持たせて、24時間使わせている馬鹿までいます。
一体何のための【馬鹿のネットワーク】なんでしょうか。生物学的な日本人種の皆様。
それは、こいつら馬鹿を使って、日本の47都道府県における各地域社会を24時間連続で【監視】させ続けて、場合によっては、陣頭指揮を執っている馬鹿の指示通りに、特定個人だけを狙わせて、馬鹿全員で、秘密警察組織の遣り方で、つまり、ステルス型(ギャングストーキング型)の遣り方で、本人以外の第三者には絶対にバレ無い遣り方で、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行を毎日毎回であっても只管加え続けさせるためです。
日本人種に成り済まして来ているこの人種は、口が途轍も無い凶器である人種ですから、特定個人に対しては、各馬鹿の口を『あのばか』と『極一瞬だけのマチ針状の衝撃波』をタイミングまで正確に狙って吐きつける『凶器』に使わせる組織暴力(集団暴行)の遣り方をメインにして、それ以外の、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行も駆使させて遣り続けさせています。
何のために。つまり、この極めて組織的集団連携作業的な遣り方で、極めて大々的な遣り方で、本人以外の第三者には絶対にバレ無いで、本人だけを極端に不快にさせる遣り方で、秘密警察組織の遣り方で、ステルス型(ギャングストーキング型)の遣り方で、こいつら馬鹿に、せっかく社会貢献をしてくださっている人達を個別に狙い続けさせて、どんな形であれ、その人達を一人一人【駆逐】して行ったら、理詰、民主(自由)主義の国家の社会を支え続けて下さっている人達の数が足り無くなって行き、その結果、理詰、せっかくの民主(自由)主義の国家の社会が、全体(共産)主義の社会へ【移行】させられる事になるのです。
つまり、こいつら馬鹿には、せっかくの民主(自由)主義の国家の社会を、全体(共産)主義の社会へ移行させるための【仕事=職業=専業者】を24時間連続で遣らせ続けて来ているのです。

全体(共産)主義の目的は何ですか。生物学的な日本人種の皆様。
私達ゴイムの大量間引きを、手っ取り早い遣り方で、遣れるだけ遣る事ではありませんか。
これはもう、現在までの中国の現実を検証して観れば、そして、カンボジアの以前の現実を検証して観れば、明らかです。
何故、支配層側は、これ程までに大々的な工作(自作自演)をしてまで、私達ゴイムの大量間引きに拘っているのでしょうか。
その理由は、支配層側は、私達ゴイムが、際限無く増え続けて行った、数十年先の現実の事を考えているからです。
つまり、人間社会自体を維持存続させ続けるために、あらゆる遣り方を駆使しながら、私達ゴイムを間引けるだけ間引きながら、同時に、私達ゴイムを管理出来るだけ管理し続ける対ゴイム戦略の遣り方で来ているのです。
これは、もう、支配層側にとっても、私達ゴイム側にとっても【生存競争】ですから、どうする事も出来無いのです。
結局のところ、私達の生涯は【生存競争】という白真剣な、ただのゲーム、という事です。