目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
名もない加害者へ!
7月13日(月曜日)の金沢市香林坊アトリオ前、武蔵町エムザ前の頭周知活動を無事終えました。
今回は安全安心防犯について繰り返し警察の生活安全課についてパトロールがストーカーになっているような話を強調して来ました。

多少この犯罪を調べていくと見えて来る事は、戸崎氏のAGSAS ~疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキング情報サイト
こそが一番深い部分を述べている事が分かります。
被害者の置かれた立場や、取り巻く環境がどのようなものかが良く分かる。
個人的被害者の立場から手探りで、大勢の被害者と合い見出した内容である事が分かります。
私も集団ストーカーという呼び方が気に入らないと思い出している時期でもあり、漸く先駆者の被害者に追いついて来たかなと感じます。
ストーキングという言葉も気に入らないのですが、知らない第三者に周知させるにはその言葉が必要なのか?と思うしかない。
それは一般的に認知されているストーカーという言葉の持つ、チンケな犯罪と同列に考えられる可能性があるからです。
この犯罪に係わる多くの人々と組織と止めどなく溢れる利権利益を考える時個人のストーカーなんか小さすぎて差がありすぎるのです。
私は国が隠す組織により完全殺人犯罪、又は人を抹殺するシステム位に考えます。
被害には強弱の差があるので、そこまで言うものでも無いと思われるかもしれませんが、このマニュアルにより自殺や殺人に追いやられた人が居る以上。
被害内容に関わらず、そう呼ぶべき凶悪犯罪です。

このような国の闇の部分の犯罪は、時間が経過し時代が変化する事により新しい闇の部分は出てくるでしょうが、その前の闇の部分は明るみに出てくるものです。
今の処危ういが、この闇の部分は守られているというだけのものだ。

まず一般的に簡単に考えて、人は自分の事が大事で一番に考えるのは例外無いはずだ。
自分の生活が第一なのは当たり前の事です。人の事それも赤の他人の事等どうでもいいのが本音でしょう。
加害者はこの犯罪により収入が有ると考えるのが当然でしょう、カルトの信者と言えど同じです。
大小の収入があり、自分の生活がこれによりかかっているのです。
ここにも個人のストーカーとの大きな違いがあります。
個人のストーカーは収入は求められないどころか、そんな事していたら収入が無くなってしまうでしょう。
ですから、組織の犯罪であるこの加害者も収入が無くなれば簡単に無くなるのです。
バカバカしくてやってられないでしょう、収入なしに大掛かりで多くの人を使って等、到底考えられません。続かないと思います。
また個人のストーカーは恨みや嫉妬等の原動力で、そういう事をする分けですから、組織の加害者はその憎しみすら本来無い人達です。
切っ掛けが少々あっただけの事ですから、また依頼され関節的に係わっている者ですから潮が引くように消えてしまうはずです。
しかしこの長時間をかけ世界規模のスケールで作られた利権の仕組みはそうそう変わらないと思われる。

またこの性格の悪さはどの辺りから来るのかと考えると、人は立場が変われば誰でも、このような行為は平気で出来るものなのかもしれませんが、特殊なカルト教育を受けたか、何かの裏返しから来るものでしょう。

この世界は理不尽な事や不条理な事は往々にしてあり、物語のようには行かず、悪人がのさばり善人が虐げられる事も有ります。
何千年も人類が知恵を絞って生活して来たのですが、なかなか変わらない難しい問題です。
この犯罪が無くなっても次の似たような犯罪が出てくるでしょうし、もっと恐ろしい犯罪国家になる事も有り得ます。
名もない加害者も名もない被害者も、その闇に飲み込まれて行くだけです。
ほんのつかの間の世に棲む日々の出来事でもあります。
そして歴史の産物として語り継がれるくらいのものでしょう。

そういうもっと大きな意味合いでこの問題を考えると、こんな事は受け入れた上で戦うことが大切なように思えます、この犯罪の遠い先を想像し何だその程度のものか!と受け入れ目先の加害と向き合う。
こんな話をすると宗教者の言いそうな事と思われるかもしれませんが、私もキリスト教のように左の頬を殴られたら右の頬を出せ等のような事は出来ませんし、目には目をみたいな事も考えられませんし、そんな事忘れて美味いもの食べて楽しくやってればいいやとも思いません。
自虐的に自分が悪かった、自分だけに原因があるとも考えません。
この加害の報いは、加害をした分加害者に必ず還ってくると考えます。
それが早い遅いはあれ必ず、心で思った事身で行った行為は自身に還って来ます。
そう考えるだけですし、被害者の皆さんこれは間違いありません。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.