fc2ブログ
2023/10/11

新宿街宣久しぶりにやりまーす!!

新宿街宣‼ガチやるぞー‼
押越清悦参加
10月24日(火曜日) 午後13時~15時まで予定
新宿駅東口アルタ前

当日17時30分から高田馬場の戸塚地域センターで定例会を行いますが、その前に13時から新宿街宣久しぶりに慣行します。

450-200903240931037068.jpg

何年もやってきた、新宿駅東口街宣を平日になりましたが慣行いたします。
以前のようにチラシ配布、署名活動参加お願い申し上げます。
初めて行ってみようかなという方がい歓迎です。
趣旨が共感出来ればスピーチもOKです‼


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

周知活動をして頂き有難うございます。 

98年あたりまでは、日本中のすべての地域社会において、繋がれて飼われている中型犬の鼻に掛かった悲鳴の様な声でマシンガンの様に泣き喚く声が日常的にしていた記憶がございませんか。
それが、98年あたりから急速に減少し始めて、2000年あたりからは、どの地域社会においても、ほとんど無くなっている事にお気ずきになりませんか。
この『繋がれて飼われている中型犬の口を最大限凶器に使う』という、ステルス型の対日本人種全面戦争活動の遣り方も、こいつら馬鹿がしていたのです。
この遣り方は、住宅地図をプリントアウトして、中型犬を飼っている民家と特定個人宅とを直線で結んで、その線上にフィルムを貼った箱型車を停めるポイントを決めて、そこに停めて、その中からハンドガンタイプのウルトラソニックデバイスを使ってその中型犬を射撃する行為を何度かに分けて1か月くらい繰り返して、その犬が、その特定の方向から僅かでも人の声や物音が聞こえたら狂った様に鼻に掛かった悲鳴をマシンガンの様に喚き続ける様になるまで仕込みます。
私も随分この遣り方のステルス凶行で遣られて来ました。
41年前に現在の自宅を家族が新築したのですが、基礎工事の時点から、道幅の広い道路を隔てて直ぐ向かい側の民家の一件が飼っていた中型犬だけが、建築中の私の自宅に向かって鼻に掛かった悲鳴をマシンガンの様に喚きまくっていたのです。つまり、こいつら馬鹿に、この遣り方で 『仕込まれて』 いた訳です。
この犬には、私達家族が住み始めて以降も散々喚かれ続けて、大変な騒音被害に遭わされました。
鉄筋コンクリートの住居だったのですが 『外壁に亀裂が入るのではないか』 というくらい凄まじい有様でした。
脳のリズムを毎日毎回破壊され続けて、まともな住居内生活は一日たりとも出来ませんでした。
ですから、住居外における社会生活も、まともな社会生活は一日たりとも出来ませんでした。
とにかく24時間、不快、不快、不快、だけです。
この犬には数年間遣られ続けました。その後はどうなったかといいますと、今度は、私の自宅からちょっと離れたA地点とB地点で飼われている2匹の中型犬が、夕暮れ時になりましたら、私の自宅に正確に顔を向けて、2匹がほぼ同時に30分間くらい、鼻に掛かった悲鳴をマシンガンの様に喚き続ける様になりました。
『いくらなんでも、これはおかしい』 と思っておりましたが、この当時は、こいつら馬鹿の中型犬の口を使うステルス凶行の遣り方がまったく判からなかったのです。

こいつら馬鹿は、98年あたりから、アメリカのミリメトリックス社の軍用タイプのパッシブミリメーターウエイブイメージャーを大量に導入し始めました。ミリメトリックス者のサイトに載せてある物は、個人のプライバシーに配慮して解像度をかなり落として作られている 『民生用』 であり、軍用タイプは、ぎりぎりまで解像度を上げて作られていますから、まったくの別物です。
これには、一台が800万円の、専用三脚に取り付けて使う、有効距離が27m前後のタイプと、手で持って使う、有効距離が10ⅿ前後のタイプとの2タイプがあります。
これを使うと、大抵の物は障害物には無らずに、特定個人や動物の局所(鼓膜等)をファインダー一杯にズームしてはっきりとした映像で見続けられるので、こいつら馬鹿は口が途轍も無い凶器である人種なので、有効距離内からこれを障害物透過型のスナイパースコープに使って、口を最大限 『合わせ吐き凶行の凶器』 に使う遣り方に、ステルス型の対日本人種全面戦争活動の遣り方を切り替えたのです。
ですから中型犬の口から、こいつら馬鹿自体の口を最大限 『合わせ吐き凶行の凶器』 に使う遣り方に切り替えたのです。元々、犬の口なんかより、こいつら馬鹿の口の方が 『遙かに凶器』 ですから。
こいつら馬鹿がどんな人種なのかといいますと、例えば、組織暴力活動の的に掛けている特定個人が馬鹿の近くにやって来たとしましたら、馬鹿は何かをしている芝居をしながら、1秒チャンスがあったら0.5秒で、つまり、馬鹿が特定個人の耳の穴を 【凝視】 した瞬間にはもう、馬鹿は特定個人の耳の穴(鼓膜)にマチ針状の衝撃波を極一瞬だけ途轍も無い瞬間高圧を掛けて吐きつけているのです。
この時の馬鹿の有様は、ノーアクションで、顔の表情も一切変えずに、口も極僅か開けるだけで、途轍も無い瞬間高圧を掛けて極一瞬だけ光の速度で吐きつけて正確に特定個人の鼓膜に突き刺すステルス凶行を、極普通に遣ってのけます。
これがほんとうの 【必殺】 です。エンターテイメントの必殺とは、随分掛け離れて違うでしょう。
ですから、98年あたりから中型犬の鼻に掛かったマシンガンの様に喚く声が急速に減少し始めて、2000年あたりからは、ほとんど無くなっているのは、このためなのです。

98年あたりまでは、日本中のすべての地域社会において、繋がれて飼われている中型犬の鼻に掛かった悲鳴の様な声でマシンガンの様に泣き喚く声が日常的にしていた記憶がございませんか。
それが、98年あたりから急速に減少し始めて、2000年あたりからは、どの地域社会においても、ほとんど無くなっている事にお気ずきになりませんか。
この『繋がれて飼われている中型犬の口を最大限凶器に使う』という、ステルス型の対日本人種全面戦争活動の遣り方も、こいつら馬鹿がしていたのです。
この遣り方は、住宅地図をプリントアウトして、中型犬を飼っている民家と特定個人宅とを直線で結んで、その線上にフィルムを貼った箱型車を停めるポイントを決めて、そこに停めて、その中からハンドガンタイプのウルトラソニックデバイスを使ってその中型犬を射撃する行為を何度かに分けて1か月くらい繰り返して、その犬が、その特定の方向から僅かでも人の声や物音が聞こえたら狂った様に鼻に掛かった悲鳴をマシンガンの様に喚き続ける様になるまで仕込みます。
私も随分この遣り方のステルス凶行で遣られて来ました。
41年前に現在の自宅を家族が新築したのですが、基礎工事の時点から、道幅の広い道路を隔てて直ぐ向かい側の民家の一件が飼っていた中型犬だけが、建築中の私の自宅に向かって鼻に掛かった悲鳴をマシンガンの様に喚きまくっていたのです。つまり、こいつら馬鹿に、この遣り方で 『仕込まれて』 いた訳です。
この犬には、私達家族が住み始めて以降も散々喚かれ続けて、大変な騒音被害に遭わされました。
鉄筋コンクリートの住居だったのですが 『外壁に亀裂が入るのではないか』 というくらい凄まじい有様でした。
脳のリズムを毎日毎回破壊され続けて、まともな住居内生活は一日たりとも出来ませんでした。
ですから、住居外における社会生活も、まともな社会生活は一日たりとも出来ませんでした。
とにかく24時間、不快、不快、不快、だけです。
この犬には数年間遣られ続けました。その後はどうなったかといいますと、今度は、私の自宅からちょっと離れたA地点とB地点で飼われている2匹の中型犬が、夕暮れ時になりましたら、私の自宅に正確に顔を向けて、2匹がほぼ同時に30分間くらい、鼻に掛かった悲鳴をマシンガンの様に喚き続ける様になりました。
『いくらなんでも、これはおかしい』 と思っておりましたが、この当時は、こいつら馬鹿の中型犬の口を使うステルス凶行の遣り方がまったく判からなかったのです。

こいつら馬鹿は、98年あたりから、アメリカのミリメトリックス社の軍用タイプのパッシブミリメーターウエイブイメージャーを大量に導入し始めました。ミリメトリックス者のサイトに載せてある物は、個人のプライバシーに配慮して解像度をかなり落として作られている 『民生用』 であり、軍用タイプは、ぎりぎりまで解像度を上げて作られていますから、まったくの別物です。
これには、一台が800万円の、専用三脚に取り付けて使う、有効距離が27m前後のタイプと、手で持って使う、有効距離が10ⅿ前後のタイプとの2タイプがあります。
これを使うと、大抵の物は障害物には無らずに、特定個人や動物の局所(鼓膜等)をファインダー一杯にズームしてはっきりとした映像で見続けられるので、こいつら馬鹿は口が途轍も無い凶器である人種なので、有効距離内からこれを障害物透過型のスナイパースコープに使って、口を最大限 『合わせ吐き凶行の凶器』 に使う遣り方に、ステルス型の対日本人種全面戦争活動の遣り方を切り替えたのです。
ですから中型犬の口から、こいつら馬鹿自体の口を最大限 『合わせ吐き凶行の凶器』 に使う遣り方に切り替えたのです。元々、犬の口なんかより、こいつら馬鹿の口の方が 『遙かに凶器』 ですから。
こいつら馬鹿がどんな人種なのかといいますと、例えば、組織暴力活動の的に掛けている特定個人が馬鹿の近くにやって来たとしましたら、馬鹿は何かをしている芝居をしながら、1秒チャンスがあったら0.5秒で、つまり、馬鹿が特定個人の耳の穴を 【凝視】 した瞬間にはもう、馬鹿は特定個人の耳の穴(鼓膜)にマチ針状の衝撃波を極一瞬だけ途轍も無い瞬間高圧を掛けて吐きつけているのです。
この時の馬鹿の有様は、ノーアクションで、顔の表情も一切変えずに、口も極僅か開けるだけで、途轍も無い瞬間高圧を掛けて極一瞬だけ光の速度で吐きつけて正確に特定個人の鼓膜に突き刺すステルス凶行を、極普通に遣ってのけます。
これがほんとうの 【必殺】 です。エンターテイメントの必殺とは、随分掛け離れて違うでしょう。
ですから、98年あたりから中型犬の鼻に掛かったマシンガンの様に喚く声が急速に減少し始めて、2000年あたりからは、ほとんど無くなっているのは、このためなのです。

何故、こいつらが【馬鹿】なのかというと、こいつらが特定個人を極めて組織的集団連携作業的な遣り方での24時間連続の集団暴行の的に掛けている目的が【本人以外の第三者には絶対にバレ無いで、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行を駆使して、特定個人を24時間極端に不快にさせ続ける事】だからです。

これを目的にして、極めて組織的集団連携作業的な遣り方で、北海道から沖縄までのすべての地域社会において極めて大々的な遣り方で、物凄い数の馬鹿を専業者にして、特定個人だけを24時間狙わせて、只管この遣り方のステルス凶行の暴行傷害をタイミングまで正確に突かせて毎日毎回一回一回遣らせ続けているのですから、こういう集団社会を【〇違いの集団社会】と言うのではないでしょうか。

陣頭指揮を執っている馬鹿が、こいつら馬鹿全員を仕切って、集団暴行のダシに使っている特定個人だけを狙わせて24時間遣らせ続けている事は、21世紀型の全体(共産)主義の国家社会に移行していると想定した上での、秘密(公安)警察活動の先行検証実験であり予行演習である。
これ以外では、こいつら馬鹿全員に、集団暴行のダシに使っている特定個人だけを24時間狙わせて、毎日毎回一回一回、おんなじパターンで、おんなじタイミングを狙わせて、おんなじ(人を極端に不快にさせるための)ステルス凶行の暴行傷害を只管加え続けさせている事の説明がつか無い。
私のケースでは、各馬鹿の口を最大限【マチ針状の衝撃波を極一瞬だけ吐きつけて、正確に特定個人の鼓膜に突き刺す凶行の凶器】に使わせて、どんな遣り方をしてでも、私の耳の穴もしくは鼓膜だけを【凝視】させて正確に狙わせて、タイミングまで正確に突かせて、上記の吐きつけ方で暴行傷害を只管繰り返させている。
つまり、北海道から沖縄までの各地域社会において、特定個人をステルス型(ギャングストーキング型)の組織暴力による収益活動のダシに24時間使いながら、この21世紀型の全体(共産)主義の集団社会の遣り方の組織暴力活動を実行する【馬鹿のネットワーク】をどんどんどんどん拡充し続ける事で、この【馬鹿のネットワーク】から、民主(自由)主義の日本国を全体(共産)主義の国家へ移行させて行く事が、このステルス型(ギャングストーキング型)の組織暴力による収益活動の目的である。
その理由は、こいつら馬鹿の人種を上から仕切って来ているCIAの目的が【私達ゴイムの大量間引き】だからである。
そのためには、どうしても、国家自体を全体(共産)主義に移行させなければならないからである。
歴史を検証してみたときに、幾つかの国家において、あんなに物凄い数の人々を【大量間引き】出来たのは、国家自体が全体(共産)主義だったからである。
国家自体が全体(共産)主義の場合は、手っ取り早い遣り方で、物凄い数の人々を【大量間引き】出来るからである。




目覚めよ日本ラルフからの被害者の会より抗議声明

目覚めよ日本にいるラルフさん(渡辺)は
目覚めよ日本街宣車を使って白タク(違法タクシー)をしたりブランド違法コピーを売り捌いたり、シェアハウスの管理者や住民を困らせ、追放されるなどの悪事を働いているのを目覚めよ日本の方々は見て見ぬふりをするのか。
直ちに永久追放すべきである。
押越氏は政治家を志した時期もあったはず、愛知県名古屋という地に市長を目指し立候補もした。
そんな人が犯罪者と接点を持っている事は、誰もが許さない。私たち市民、国民は犯罪者と接点を持っている限り阻止をする。

周知活動をして頂き有難うございます。 

こいつら馬鹿は、民主(自由)主義の国家社会の中で、日本人種に成り済ましている生物学的な朝鮮人種(マチ針状の衝撃波を極普通に吐けているので、生物学的には原人種)の全体(共産)主義の人的ネットワークで『国家内国家』を形成して来ており、つまり、CIAの代行役を遣り続ける集団社会を形成して来ており、民主(自由)主義の国家内で特権階層の人種の集団社会として、ぬくぬくと生活しながら、同時に、生物学的な日本人種の人達を『個別に』極めて組織的集団連携作業的な遣り方での、ステルス型(ギャングストーキング型)の組織暴力による収益活動のダシに使い続けて来ている。

このギャングストーキング型の組織暴力による収益活動の理由は2つあり、1つは、この遣り方での24時間連続の特定個人をダシに使った組織暴力活動は、CIAのマインドコントロールウルトラプロジェクトにおける最終段階のプログラムである【ギャングストーキングオペレーション】なので、この日本においては、こいつら馬鹿が【CIAの代行役】を遣って来ている事、あと1つは、全体(共産)主義の集団社会は、時間の経過とともに、人々の不平不満の矛先が幹部達に向いてしまうので、それを回避して幹部達の安泰を謀るためと、それによる集団社会の内部からの崩壊を阻止するために、特定の集団や特定の人達を『集団社会の敵』に仕立て上げて、人々の『負のエネルギー(集団凶気)』を特定の集団や特定の人達に常に向けさせておく必要があるためである。

長期に亘る被害者の方でしたら、こいつら馬鹿が組織暴力収益活動(ステルス型の24時間連続の集団暴行)を特定個人に対して遣っている遣り方が、わざと判かり易い外傷を負わせ無いで、それ以外の、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行を、タイミングまで正確に突いて、毎日毎回一回一回、目一杯の【悪意】で只管遣り続けている事がお判かりと思います。

こういう集団社会を、ほんとうの〇違いの集団社会といいます。

特に、専業者(職業)として、24時間特定個人だけをつけ狙って、只管、陣頭指揮を執っている馬鹿の指示通りに、特定個人にステルス型の暴行傷害を加え続けている馬鹿は、ほんとうに前頭葉がいかれ切っています。
24時間365日、特定個人だけを只管つけ狙って、只管【これだけ】遣り続けていれば、前頭葉は完全にいかれ切りますよ。また、完全にいかれ切らさなければ24時間365日【これだけ】できませんよ。いくら【馬鹿】であっても。

人を始末する事自体は至って簡単な事なのです。
自殺に見せ掛ける遣り方と病死に見せ掛ける遣り方でしたら、死体の処理をしないで済むから一番簡単な遣り方です。
自殺に見せ掛ける遣り方は、大手のメディアがあらゆる自殺の報道をして来ていますので、皆様は既にご存知と思いますので、割愛します。
病死に見せ掛ける遣り方は、幾つもの簡単な遣り方があります。
判かり易い毒殺とかでは無くて、絶対にバレ無い遣り方であっても、幾つもの簡単な遣り方があります。

わざとそれをせずに、馬鹿全員で集団凶気(群集心理)になって、目一杯の【悪意】で、特定個人だけを24時間只管つけ狙って、人を極端に不快にさせるためのステルス凶行を、タイミングまで正確に狙って、毎日毎回一回一回只管加え続けている。
馬鹿(専業者)にこれをさせるためだけに、わざわざ実物の対人用の軍用兵器を大量に導入して、それを北海道から沖縄までの各地域社会における専業者全員に持たせてまでわざわざ遣らせ続けている。これでは、完全な〇違いの集団社会である。

こいつら馬鹿は、タイミングを突いては人を極端に不快にさせるためのステルス凶行、タイミングを突いては人を極端に不快にさせるためのステルス凶行、に、特別拘って組織暴力収益活動(集団暴行)を24時間遣り続けている事をご承知おきください。
特定個人を24時間最大限【極端に不快にさせる】事だけを当面の目的にして馬鹿全員で集団凶気(群集心理)で遣り続けている組織暴力収益活動(集団暴行)です。
その遣り方は、こいつら馬鹿が問答無用で一方的かつ永続的に遣り続けられるステルス凶行を駆使する遣り方です。