FC2ブログ
2019/05/17

『令和』と言う時代。

【活動予定告知】

■京都街宣
6月3日(月曜日)
12時~14時まで
京都河原町交差点マルイ前
スピーチ、チラシ配布したい方の参加お待ちします。


その後懇親会


『集団ストーカー説明会と相談会』
時間18時~20時
場所 京都市下京区白楽天町509
立美ビル4F
「オレンジルーム」

(綾小路室町下る)
会場画像
https://maps.app.goo.gl/2juRreqk6vZTccwb8


6月10日(月曜日)
大阪街宣 なんば高島屋前

6月17日(月曜日)
東京街宣 新宿アルタ前

『令和』と言う時代。

およそ国家の命運は国主の持つ運命に傾きます、民主主義国家の日本では実質、国民が主権者で天皇は象徴という形ですが、本質日本国の上一人である国主は天皇であり、その時代はその天皇のものでもあります。
平成の世は、そういう意味で、その前の昭和と比べ落ち着いた時代ではありますが、災害が多く経済は停滞ぎみで、国民の生活は、一億総中流と言われた昭和と比べ格差が広がり、引き籠り、ニート、モンスターペアレンツといった、自由主義を履き違えた形で個人主義が悪化し、少子化に繋がり、先行きが見えない国内となった時代でした。
次の令和に入り、嫌が応でも国主の命運に左右される国内状況を考える時、これ等平成時代の問題を自浄作用として、集団の時代に入り、履き違えた自由を矯正し、個が埋没して行く時代ではないかと思います。
全てを知ったTIとして考えればテクノロジーにより個人は無くなり、集団の一部として管理され、共産主義的思想や哲学に支配されて行く、支配する側は調和のとれた集団として、個はあらゆる自治体、企業、宗教、思想、哲学の組織に組み込まれ、やはりより利益の生み易いように集団行動、集団組織運営により、その中に僅かな個の生活が存在する、前にも書いた事がありますが、自由民主主義の中にテクノロジーを使い共産国家の一部を取り入れ、限りの有るの自由と、一定の民主主義となって行く事でしょう。
全ては全人類の超主権者の目的により、定められ予定の段階にすぎないのではないだろうか?
強調文
『令和は八年前から決まっていた!』と言う、TI被害者の遺言のような言葉に、凄まじい偽装を感じ先人の被害者の悲痛な叫びを慮る。









5月13日大阪街宣動画






まだ動画あります、『のいらじ』録音編集してます、暫くお待ちください。

【カンパ、御支援のお願い】
○三菱UFJ銀行 難波支店 普通預金 
口座番号0350118
名義 ティーアイサポートセンター 代表 押越清悦
22TISC.gif

【お問い合わせ先】
relax@kxe.biglobe.ne.jp
被害者サポートセンター
Tel090-3888ー8005
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お疲れ様です。

お疲れ様です。動画アップありがとうございます。
ぼくもツイートでアップしています。
まだ、動画ありましたら、よろしくお願します。
来月も参加したいと思いますのでよろしくお願します。

Re: お疲れ様です。

こんにちは、先日はお疲れ様でした。いつもありがとうございます。
まだありますのでお待ち下さい!
自由に拡散して下さい、宜しくお願いします、

> お疲れ様です。動画アップありがとうございます。
> ぼくもツイートでアップしています。
> まだ、動画ありましたら、よろしくお願します。
> 来月も参加したいと思いますのでよろしくお願します。