FC2ブログ
2019/02/02

2月1日東京新宿街宣結果!

突然ですが5日夜9時に『のいらじ』やります!
またリラックス一人ですがやります、ラルフさんまた来て下さい。
竿持ってきてくれてありがとうございます。

ラジオやりました!
エドワード・スノーデンの地底人の話は嘘で、そんな話はスノーデンは言ってないようです。
これも情報撹乱の誰かのでっち上げでスノーデンの情報の信憑性を下げるためのデマ情報だそうです。

無事開催し終えて来ました。
ブログの方がスマホから管理画面にアクセス出来なくなり、と言うかアクセス出来なくさせられ心配をかけましたが、問題無く時間通り開始し大勢の参加者もありありがとうございました。
動画jは随時アップします。
足を怪我されたYさん大丈夫でしょうか?


※神山さんのスピーチ動画が一部消えていますので、改めてアップし差し替えます。
それまでお待ち下さい。
神山さんスピーチ完全版アップ完了しました。ご覧ください!


神山さんのスピーチ動画でも映像音声がなく、文字画像のみと後半部分がおかしくなりアップされていました。
通常、不具合と見るべきですがウォーカーさんの事を言った広島街宣の動画でも一部そういう事がありました。
他の動画は上手くアップされていました、神山さんの後半部分は確かに継ぎ足した2本を1本にしたものですから不具合により後半部分がアップされなかったとも言えます。
カメラをズラす行為は、2度目でかなり怪しいのですが、この場合は途中で風のせいでカメラの三脚が倒れたための継ぎはぎです。
しかしアップ時に不具合となるのですが、これらは自然に不具合を装う手口で神山さんに不信感を与えたりする行為となります、アップ後は普通私は動画を見ませんので気付かない場合があります。
神山さんのスピーチがかなり内容がいいのでもう一度私も確かめたから気付いたので、逸早くアップし直しました。
現在私の周辺は完全監視状態で一文字入力もしっかり監視されているようです、隙を窺い私がミスをする瞬間を根気よく待ち、その時に自然を装い不具合を演出する形でミスリードしようとしています。
ゴールデンウィーク10連休街宣を見据えての監視でしょうか?
神山さんのスピーチ動画でも映像音声がなく、文字画像のみと後半部分がおかしくなりアップされていました。
通常、不具合と見るべきですがウォーカーさんの事を言った広島街宣の動画でも一部そういう事がありました。
他の動画は上手くアップされていました、神山さんの後半部分は確かに継ぎ足した2本を1本にしたものですから不具合により後半部分がアップされなかったとも言えます。
カメラをズラす行為は、2度目でかなり怪しいのですが、この場合は途中で風のせいでカメラの三脚が倒れたための継ぎはぎです。
しかしアップ時に不具合となるのですが、これらは自然に不具合を装う手口で神山さんに不信感を与えたりする行為となります、アップ後は普通私は動画を見ませんので気付かない場合があります。
神山さんのスピーチがかなり内容がいいのでもう一度私も確かめたから気付いたので、逸早くアップし直しました。
現在私の周辺は完全監視状態で一文字入力もしっかり監視されているようです、隙を窺い私がミスをする瞬間を根気よく待ち、その時に自然を装い不具合を演出する形でミスリードしようとしています。
ゴールデンウィーク10連休街宣を見据えての監視でしょうか?

それにしても神山さんもウォーカーさん同様いい人材と言う事になります。
今後も仲良くやりましょう!
新進気鋭 神山竜人さんに拍手を!
一応壊れた動画も載せと来ます。



※ご覧のように、どんちゃん、山崎さん今回からワイヤレスです。

東京新宿街宣は無事行われましたが、来れなかった方も何人もいるようですが、次回またやりますのでお会いしましょう。
参加されたおじゅんさん、神山竜人さん、moonさん、茨城からのナタリーさん、Yさん、猫娘さん、ブレンボさん、インガさん、メガネさん、いろはさん、イモリさん、滝本さん、ラルフさん、そして私他見学も含めると大勢の方が懇親会も含め盛り上がりました。
初めてスピーチしてくれたおじゅんさんは何度も手伝いをして頂いていた神奈川の被害者さんですが、今回この犯罪の怒りをぶつけスピーチして頂きました。
手作りのプラカードを持参し参加されました。
神山さんは前回もスピーチして頂きました、引き続き今回しっかりと主張して頂きました。
ありがとうございます。
この二人は原稿なしでも話の出来る方で今後も活躍される事を応援致します。

更にどんちゃんの紹介で以前から活動されている滝本さんが来てくれるとの事で私はお待ちして時間過ぎてもスピーチをしていたら、滝本さんはスピーチが終わるのを待っていたようで、時間をオーバーして街宣をしてしまいました。
スピーチは今度のお約束で今回は顔合わせと言う事で懇親会で貴重な話と貴重な内容の資料を頂きました。。
次回時間が合いましたら10分でも構いませんスピーチお待ちしています。
茨城県、山梨県からの参加の二人も貴重な会話に花が咲いていました。
山梨県での街宣希望には、直ぐには出来ないでしょうが、いずれ考えてまいりますので宜しくお願い致します。
おみやげありがとうございます。
のらくろさん、どんちゃんにもと頂きました、今度大阪に忘れないように持って行きます。
しかしこれから来られる方にはお土産とか持って来なくても笑顔だけで結構ですので宜しくどうぞ!
新しい方も何度も参加されている方も明るくなり、新たに横浜ポスティングチームが誕生し協力を誓い合いました。
新旧被害者さんが集い、前回話したように皆で考えられる活動全て実行してまいりましょう。

今回は1日と4日とギリギリまで決まらず私の仕事の都合で申し訳ありませんでした。
ですから後から何人かの人から連絡があり参加したかったと言われ申し訳ない思いです。
次回お会いしましょう!

【テクノロジー犯罪職人芸】
4月1日の虎ノ門ニュースの中で電磁波攻撃に付いての話が出てましたが、動画ピックアップしようと思ったのですが簡単に出来なくなったので聞いて下さい!
このネットに出ているジャーナリスト等の認識が電磁波犯罪に付いて一般の認識にブレーキをかけています。
上念さんのように若い柔らかい思考の持ち主でも、この電磁波犯罪の存在に考え及ばないようです。

この認識を見る時、如何に犯罪者が上手くこの犯罪を行っているかが分ります。
我々が身に受ける電磁波被害は分るようにやられますが、実は電磁波犯罪は、如何に自然に見せ分らないようにやるかが職人芸のようであり。
集ストもそうですが、証拠を取らさない為の下準備、人員への情報分散、30年も50年も前からあるのに表に出ない、この犯罪行為は見方を変えれば、感嘆すべき驚嘆すべき職人技とも言えます。
そして更にテク犯に関しては、集スト以上に極秘中の極秘ですから更に上の職人技、熟練工が必要であります。
本来はテク犯は我々自覚させられる被害より、自覚させずに病気にし抹殺する事にこそ主眼をおいているのではないかと考えられます。
集ストに於いても被害者は、皆絶妙のタイミングだと言います。
例えば何か冷たい物を飲んだ瞬間を見極めテク犯を加える、何かを食べた瞬間、或いは家から外に出た瞬間、身体の変調を与える、これには直近の変化によるものと人々は疑い、何か変な物を飲んだ、食べた、寒暖の変化などの要因を考え、何か変だから病院に行ってくるとなります。
これにより極自然に病気になり、周りも不思議とは思わない、本人も気付かない殺されたのに寿命と諦めさせる事が可能なのです。
これ程絶妙な匠の技、ここまでの熟練工が存在すると言う事で我々被害者のはお遊びであり、その為の実験練習という事が分ります。
そんな者が扱う犯罪で、少数精鋭な特殊部隊と言えると思いませんか?
そしてその装置の性能もかなり高いものですから設定が簡単になればその匠の技が誰でも可能となる。
手足を動かした時に自然な位置に痛みを与える、身体の動き筋肉、内臓の動き、そして思考や心の動きに合わせた五感送信、それは身体の変化に与えるより、より個人情報を元に精神的ダメージを予測し病ませるタイミング見極め、こう考えて来ると、時間をかけ科学者や医者がじょじょに人を壊して行く人体実験でしかありません。
心を壊して行く様は、悪魔としか言えないもので怒りが込み上げるばかりではないでしょうか!
僅かの隙間を狙い電磁波を送り込む、或いは超音波を送り込む、そして例えば今文字を入力している言葉にたいしても同じように何かのシグナルを身体にあたえノイズキャンペーンも送り込む。
これがTHE匠、THE職人魂の見せ何処であり。
それが出世や収入にも変るスペシャリストでしょう。
加害者はそれに酔い、まるで芸術の域に達する殺人を作り出している事になります。
事件にもならない証拠もなにも無い、家族ですら気付かない、まだ若いのに可哀想と言う。
加害者の加害の本懐、ここに極まれり!
あるいは集ストまでは同情的に考える友人もいるだろうが、それで自殺、実は電磁波攻撃による加害から逃れる自殺としても、嫌がらせに悩んでいたからな~!とその友人に言わせたら完全犯罪でほくそ笑む。
間違いなく自分が地獄行きになる事も忘れて、変な達成の満足感、喜びに浸っているのではないでしょうか。
勘違いも甚だしい、一線を何歩も越えた人間離れした所業に反吐が出る思いである。

新旧被害者とは言え、被害歴は様々な新旧被害者さんへ!

この犯罪に打ち勝つ秘訣は、

『道理』です。

そしてこれ程の犯罪者と戦える事を喜びとしましょう。

そしてこの犯罪により人は磨かれより素晴らしい人になり、強い人に成長します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント