FC2ブログ
2018/04/03

春一番! 東京都文京区シビックホールでの説明会報告

我々は現在まで、この犯罪の周知を目的として街宣をし活動して来ました。

より伝わり易い方法を模索し、今年は会場で一般の人に被害者の存在を知ってもらう趣旨での活動を始めました。

その活動告知を『週刊金曜日』という雑誌に依頼し、それが叶い先月の大阪に引き続き本日東京の方でも告知、そして開催が叶いました。
東京での一回目なので人数は全く期待していなかったのですが、大勢の方が参加され、ありがたい気持ちで一杯になりました。

中でも週刊金曜日の編集部の方が2人参観下さり、緊張の中説明会が始まりました。
当初編集部の方は、ほんの少し顔を出しますねという感じだったのですが、2時間全部参加下さりました。
また、被害者の方が殆どでもあったので編集部の方との質問合戦となり結局、仕事柄証拠と理由の無い我々の被害には今一つ信憑性に欠けているとの指摘に終始しました。

それはもとより望む処でもあり、その疑問を乗り越え如何に説明するか、理解して頂くかに重点を置いた説明会でもありますので、大変有意義な活動と言えました。
結果はジャーナリストと言う仕事柄、人間的には同調してあげたいが、その原因、理由が無い以上、大物政治家の矢野絢也氏に起こった事が、我々普通の庶民に起こっている事は理解頂けませんでした。
私も悔しい思いで一杯ではありますが、その議論が出来、今後の課題とさせて頂いた事に感謝いたします。
御蔭で会は盛り上がり、時間の経つのも忘れ進み、その後懇親会をし帰って参りました。
参加された皆さん本当にありがとうございました。
今後もお互い情報交換し周知させてまいりましょう。
次回は大阪の16日です、被害者の熱い炎のような訴えを伝えてまいりたいと考えていますので、ご参加をお待ちしています。

今のところ、この説明会と相談会を録画するつもりはありませんので安心してご参加下さい。


さて今回の事で私個人が考えるに、2年程前文春リークスから問い合わせが私のブログに証拠を挙げて説明して下さい、記事にしますよ!みたいな非表示のコメントが来たのですが、私は元々証拠が取り難い、取れない犯罪という事で
それを理解してもらった上でないと困るという事を言い断った事がありました。
何人もの所に、文春リークスは問い合わせていたようで、何人かの人や会が資料を作り送ったような事がありました。
それは恐らく却下されて記事にはならなかったと思いますが、この前提、『理由の無い犯罪』『根拠が無い犯罪』というものがある、あっても不思議ではないと言う現実を少しでも受け入れる心を持ってほしいと考えました。
記事にはならない、商売ですからお金にならないものは却下というのは解りますが、被害者がいる現実、結果ありきの原因探し、これもあって良いのではないかと思います。
名医は症状を観て、簡単に決めつけず、その苦しみを観、『まてよ、まだこういう観方もあるのでは?』と考え真の原因を突き止めるはずです。
簡単に決めつけず、この被害者達は統合失調症には見えないぞ、何かあるのではないか?こういう見方も必要でないかと考えます。
そういう目で今後も見守って頂きたいという気持ちになりました。
我々は、この岩盤の常識を崩す為に、さらに理解をされるアプローチを考えて行きます。

春の一日、心も新たに大きな目標に向けて邁進してまいる決意であります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます