FC2ブログ
2017/10/10

公職選挙法に触れないよう衆議院選挙について

雨天決行街宣!
この日名古屋は雨が降る可能性があります、チラシ配りや街宣は少々の雨でも傘とカッパでやりますが、強く降ってきて誰も表に出ないようでしたら、小降りになるまで駅で待機します。幸い駅前ですので高速バスの待合の建物や地下入り口等あり避難場所が沢山ありますので御安心下さい、選挙中という事もあり2時30分までですので、その後の懇親会や討論会に力を入れます。
全て全力でやりますが、一応雨天決行です!

●10月16日(月曜日)名古屋駅前街宣活動を行います。
場所 名古屋駅新幹線口 噴水広場
時間 12時~14時30分
DSC_0560.jpg

その後懇親会
17時~討論会
ロップイヤーさんを中心に安定したメンバーが集っています
こちらでも毎回チラシ配布を行っています。
お近くの方で、ご参加宜しくお願いします。
※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp


時の話題として衆議院議員選挙が公示されました、公職選挙法という法律があるので政治家の話題は選挙中は控えなければならないようです、我々の街宣活動も予定通り行いますが、10月は選挙真っただ中となり、街宣すら駅前では少々控え目で、候補者が来たら押さえなければならないとの事でした。

しかし馬鹿馬鹿しい選挙になって来ている事は、賢明な皆様は御存知と思いますが、生活の為に自身の保身の為に選挙に出る、浅ましいおぞましい姿の候補者が大勢いて、その活動の為に我々の予定通りの活動が制限される等言語道断と言わねばならない。
10月は名古屋のロップイヤーさんには予定より長く夜までやろ等と言っていたリラックスは11月に、この怒りを大阪でブチかましてやろうと決意しています。

ところで民進党はどこに行ってしまったのか!
今年の3月辺りに記事で『オイコラ!民進党!打倒監視国家を真似するな!』という記事を書いた覚えがあります。
その民進党、以前政権与党だった記憶のある民進党が、いったいどこに行ってしまったのでしょうか?

昨年末からアメリカのトランプ大統領が就任し、本年最初日本の安倍総理大臣との関係は良好で、この間の北朝鮮、中国、韓国の置いてけぼり感は否めなく、世界はトランプさんと、日本により動かされるような勢いさえあった両国首脳、本当に2月位の時間だと思う、その後アメリカではトランプさんのケツに火が点き、その後、余裕をかましていた安倍総理にも追い込みをかけた民進党と左翼共、マスメディアも一斉にモリ、カケ問題で防戦一方という始末の中、
3月から北朝鮮は何発のミサイルを撃ち込んで来たのか?
或いは中国の武装漁船が何度尖閣諸島に来ているのか?

日本国のボケぶりを大声で街宣で叫んでまいったのですが、今何と!
その民進党は無くなり、あれだけ戦争法案反対!憲法改正反対!九条は触るな!
このような事を、まるで世論のように姦しく、そのような事になれば、この世の終りと騒いでいた新聞、テレビで報道垂れ流しで、あたかも、それが日本人の民意とさえ思われる喧伝ぶりだった。
5月辺りは、私も到底真実を知らせ危機感を、大多数の人に知らせるのは不可能かと思われました。

その後北朝鮮はICBMの実験、水爆実験と7、8、9月と三ヶ月の脅威の高まりに、戦争法案、安保法反対!廃案!等と言っていた者達の変貌ぶりと浅ましき姿を今見せています。

このような者が、また選挙に出て何をしようと言うのか?
日本国を何だと思っているのか?
政争の具にするな等、おこがましい程の厚顔ぶり、政治家として生き残る資格は一分もなし、バッチ欲しさの浅ましい姿は、例えようもない面白い馬鹿面と言わねばなりません。

春先に私は、戦争の緊張感が高まり朝鮮半島有事ともなれば、政治家やテレビで偉そうに、コメントしている者たちの本性が見えてきますから、楽しみにしていて下さいと申していましたが、今正に、その通りの姿を呈しているのが政治とテレビ、新聞メディアの姿となっています。

しかしここで懸念されるのが、現在軍備、ミサイル配備自衛隊法整備、憲法改正等が、到底テーブルの上に乗らないはずの議題が選挙の争点にもなり、それを覆そうとする者は共産党のみとなり、軍事機密事項は当たり前のように公表する必要なし。
戦争前夜の国の統制下のような国情になりかねない勢いもあります。
反動というものは恐ろしいものです、ここは冷静に是々非々をしっかりさせ大事に臨まなければならない。

その陰に隠れて電磁波犯罪やカルト教団の監視国家の道具を、隠す事が容易になる事を懸念せざる終えない、北の脅威に対抗し、国民には言えないが自衛隊は、このような作戦を考えている、警察もこのように動く事を念頭に準備する等、機密事項が対北の元に数々作られる可能性があり、その中に我らを苦しめるテクノロジー犯罪を完全に隠す方策が出来上がる懸念であります。
その読みが深読みでなければよいが、国家権力である公安警察、創価学会等カルト教団が音頭をとる、これらの犯罪は、現在の政治の流れではどんどん隠されて行き、それどころではない。
北の脅威を盾に、国民を守る為の名の元に更に隠蔽度を増していく可能性があるのです。

被害者の方々は、この面白くも無い政治の場面を、そのような観点からも観て行き、どのように誤魔化し隠蔽していくか見物であります。

しかしここまでの政治の変貌は加害者と呼ばれる、公安創価カルトの監視側もあたふたする場面でもあるのではないでしょうか?
絶対安心と思い行っていた犯罪が、アッという間に露見する事すら有りうる変貌、裏切り行為を見ていますからビビっているんではないかと加害側のビクビク感も見物と言わねばならない。

何れにしても今年も年末を無事向え、来年を迎えるられる事を祈ります。
来年は正月早々被害者新年餅つき大会でも企画しようかなと思っています。

ネット時代、時代遅れとなってもいる公職選挙法を考え特定の候補者に対して有利不利になるように書いた記事では無い。

★ブログ記事読み上げ動画9月10月分

文章読み上げソフトを購入しました、漢字の読み方間違えていますがご容赦下さい、後文字や写真を入れ、解説動画を数多く作ります、イメージ画像、原稿、お寄せくだされば作成します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

みなさん、明日がんばってください。
選挙演説で、この種類の犯罪や害悪が問題提起されるといいのですが。
一部の上からの欠席裁判的な否定と、あたかも肯定しているかのようなプロパガンダにはうんざりしている者の一人として。
承認欲求というものが誰にもあるのですが、個人的な事情をもつものが多くあるので、いたぶられやすいのでしょうね。

Re: タイトルなし

mkさん、こんばんは!
街宣後、する事が沢山あり中々時間がなくコメントできませんでした。

街宣報告は簡単に記事に書いてますが、時間が経つに従って、不思議だなと思うのが
我々の街宣場所と時間は3週間以上前に決め警察に申請していたのです、選挙が始まる事は分かっていた時期ですが、
公示前で候補者も準備段階以前の時期です。
まあ、候補者は自民党にもなれば慣れていて何をするか分かっているでしょうが、今回の我々の街宣の
同時刻、同場所に自民党の候補と大臣の応援演説がぶつかりました。
僅か3、40分位の出来ごとですが、何となく違和感があります、金沢市で街宣していた頃も共産党や左翼の
街宣が同じ場所や、その反対側だったりとありました。
そんな時は私もヒートアップし、ボリューム全開でおもちゃのメガホンで頑張ってました、
今回は選挙中であり、公職選挙違反や選挙妨害等調べておきましたので、ロップイヤーさんとも話し、
警察から選挙活動の邪魔をしないようにと言われていたので、今回は懇親会と討論会に力を入れようと考えて
いました。
このコメントの返事を利用し、その時のことを少し詳しく書きます。
私が12時前に街宣予定場所で一人で準備を始めるとスーツを着た自民党党員が昇り端を数本立て出しました。
自民党と書いたものです。
負けてはなるかと私も準備していると、スーツを着た党員らしき人が話しかけてきて、いろいろ聞いてくるので
真面目に答えていたのですが、何か目配せをしスーツ姿の何人かが、身構えている感じがありました。
やはり現職の大臣が応援に来ると言う事で、緊張感があるのかと思ったのですが、このスーツ姿の人は
何でも知っていて細かい街宣の仕様に付いてまで、いちいち私の準備が整うに従って、聞いてくる、
スピーカーを出せば、スピーカーで何を言うのか?旗を出せば手で持って下さい。
そこであなたよく知ってますね~?と言うと、実は警察ですと言いだしました。
何人もの要人警備の警察が、党員のような顔をして警備していたようです、公安警察がこの犯罪をやっているんだよ
と言うと、我々は公安ではありません、公安が何をしているか我々も分かりません部署が違うので知らないといいました。
その後、被害者の方が数名来て、準備も整い、世耕さんの応援演説は10分位だと聞いていたので、
これが終わってからで十分時間もあり、待てばいいかと思って見ていました。
選挙妨害は禁固7年、20万円の罰金だそうです。
最近左翼の安倍批判は選挙中にも大勢駆け付け野次という形で妨害しているそうですが、そういう者ではないので
まあ、自民党を応援している分けでも無いですし、青山さんを応援していますが、個人として応援しているので、
自民党自体をOKとは思ってません。
しかし選挙のスピーカーの音量は、私達の音量の4倍近くあり、けたたましい事この上ありませんでした。
実際集まっている人と比べても、大きすぎる感があり30分位の出来ごとですが、その後誰も居なくなった事を
見ると、本当に動員であり、青山さんの選挙活動の時の聴衆とは全然違うもので、本当の選挙に対する関心の度合いが
感じられる出来事でした。
そしてその警備の警察官が、我々の事を問い合わせていたようで確認が取れたようで、私に言論の自由ですから
活動は自由ですので、後はご自由にどうぞと言ってくれました。
その間は遠巻きに私は囲まれていた感じで、何をするのかと、何かあればみたいな感じで囲んでいたようでした。
雨が強く降っていて、この場所は雨を逃れる場所が少ないので、私は兎も角他の人達が辛いだろうと、
やや早めに終え、懇親会に移りました。

如何に下らない選挙、政治屋さんの商売、利権活動と言えど、法律であれば無駄に捕まるような事をしても詮なしです。
我々が先に押さえた場所と時間です、我々は何のしがらみも無く、真実のみ話す活動ですが、このように
時をもぎ取られる腹立たしさは小たりと言えども抑えがたいものがあります。
また我々の志が、ここで更に下らない左翼共、野党の見方のように見られてもつまらないので粛々と今回は
街宣を行いました。
そして討論会ですが、今回は男性が多く、いつもと違う盛り上がりがあり、内容も濃いものになりました、
これも説明不足になりかねない事や、改めて認識の足並みの違いを感じさせるもので、私が警察が犯人だが
被害者に理解されないのも、この深い部分の認知、理解が必要ではないかと感じました。
これは別の機会に、また説明致します。