FC2ブログ
2017/10/07

被害者シンクロニシティー

●被害者シンクロニシティー

前記事で私も被害はあり、テク犯も受けている事を書きましたので、通常は自身の被害等書くつもりはないのですが、ついでに少し書きます。
ですから被害者のみに発信記事です。

オカルト話や怖い話、魔可不思議な話しは、この被害に遭うと頻繁に遭遇します。
例えば駅で汽車を待っている時、何か考えた事を隣の知らない人が話したり、
丁度考えていた、あまり親しくしていなかった人から、その瞬間電話がかかったり等普通に生きていれば1年に一回あるか無いかのような偶然、不思議な事、それは縁だとか運命だとか考え、その不思議さに天の采配、計らい等と考え人生は面白いと言ったりしている事柄である。
これが毎日のように頻繁に起きるようになった気持ちになる偶然、タイミングの良さ、人為的に工作し演出したとは思えない出来事が連発し、続きますが、それも長年となると飽き飽きして、「またか!」とつぶやいてしまうのです。

それがどうこうと言う分けではないのですが、忘れない出来事なんですが多すぎて忘れるみたいな感じです、これは被害者の方でしたら、皆感じているのではないかと思います。

これも統合失調症の症状で、何かと繋げて考える、仄めかし等のアンかリングで加害者が作って見せている現象以上に、人間業ではないと思われる事です、そんな事をいつも言っていると不審がられ病的だと思われます。

それを被害者同士に置き換えると、不思議だけでは飽き足らず、加害行為に見えるかもしれません、しかし前後の事をよくよく考えると加害では無いと思う、また問うて見ると違ったりする。
こういう事が余りにも多いので被害者は、誰かを傷つけてはいけないと考える場合もある。
しかし余りにも不思議と思えることだらけです。
これも加害のマインドコントロールなんだと言っても、加害とだけ考えるでけではなく、作用と言った方がいいのではないかと思えたりします、そこでシンクロニシティーを思うのです。

私のように北は北海道南は沖縄までの被害者さんとコンタクトを取ってやりとりしていると、加害側が連絡とり合う事も考えられるが、それだけでは答えの出ない様な瞬発的な事だったりします、同じ時代を生きている分けですから、偶然共通の話題を考えている場合もあるとおもいます、
しかしそれだけではない、そのような事が可能な作用、それが何なのかテクノロジーなのか?

被害者と周辺、又は繋がりのある被害者、先回りをして仕込むにはあまりに時間が無いのにそう感じる出来事が連発しリンクし始めます。

個人的な出来事と、私のその出来事等知る由もない被害者からのメッセージ!
作用や反応的言葉の方が近い。

被害者は、それを加害行為と決めるが、一言には言い切れないものも多い。

これを考えるに、テクノロジーで人を携帯電話の電話機に置き換える見方もあるが、どこにいても繋がる携帯電話、海にいても、山にいてもその番号の携帯電話にかけるとつながるように、一人一人に番号のようなものがあり、何時でも接続できる、また何個の携帯にも同時接続でき繋ぎっぱなしにする事が出来る等と考えると少し合点がいく。
又わ脳に作用させる、そしてシンクロさせる、リンクさせる、被害者の全ての脳を繋げている、通常は孤立させているので分らないが、実は繋がりを持つと同じような作用を受けシンクロしていたという理解も出来ると思わないでしょうか?
孤立している時に受けていた送信は個別のものと共通の被害者や全員にあるのではないだろうか?
人為的なローテク犯は実際にいますし、このエキストラのような人達は故意であるだとうが、その他に受ける側に、繋げたり悪い感情を抱かせる何かを受けているのではないでしょうか?
手作業と器械的作業、ローテクとハイテク、このように考えられる。

このような魔可不思議な体験は、心霊現象や霊的体験、あるいは祈祷、呪詛等のように受け取る場合もあります。
祈祷、呪詛、霊媒師等は、それこそ非科学的であり、まだテクノロジーの方が信じられます。
被害者がこれらの、あやふやな物と勘違いしないようにハッキリと言っときますが、呪詛や祈祷、霊媒などは全く力がありません、そんなものを餌にする宗教もありますので、ここで否定しておきます。

例えば幸福の科学、これはミニ創価のような真似をしていますので今後要注意と言わねばなりません。
このように根も葉もない霊媒により誰かが乗り移った、当て事を当てた、呪いをかけた、お告げがあった等を言うのは勝手だが、宗教団体を作り、それで幸せになれるようになると嘘に嘘を重ね信者の一生を台無しにしてしまうのは止めてもらいたい。
皆さんは創価学会の末路を見て、それをよく知っているはずですから、そのような事はないと思いますが、簡単にそんなものを信じ、引きずって行きます。

あくまで道理に即していないものを用いてはならないと考えます。

ですからテクノロジーによ反応、作用と考えたほうが共通の認識に立てるはずです。

●新企画お知らせ!集ストラジオ生放送を実施します、乞う御期待!
集ストテク犯被害者も世代交代で次世代の被害者達(若い被害者)は、今までと違う戦い方をしています。
10代、20代の被害者にバトンを渡して行く時期がきているのではないでしょうか?
我々の知り得た情報を、若い被害者に受け継いでもらわなかればなりません。
それも大事な被害解決の仕事と考えます。
今後も『目覚めよ日本!!』面白くなります!

2017080222235095b.png


●10月16日(月曜日)名古屋駅前街宣活動を行います。
場所 名古屋駅新幹線口 噴水広場
時間 12時~14時30分
DSC_0560.jpg

その後懇親会
17時~討論会
ロップイヤーさんを中心に安定したメンバーが集っています
こちらでも毎回チラシ配布を行っています。
お近くの方で、ご参加宜しくお願いします。
※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【告知】第2回 大河原宗平東京講演会

〜あなたの個人情報セキュリティは大丈夫⁈〜
元群馬県警警部補・大河原宗平氏が語る 集団ストーカー事情!

日 時:平成29年11月19日(日)午後1時15分~5時
場 所:飯田橋セントラルプラザ10階/飯田橋ボランティアセンター
講 師:元群馬県警警部補・大河原宗平さん
参加費:500円
主 催:大河原宗平講演会事務局
協 賛:集団ストーカー流し街宣の会

要事前申請 http://amba.to/2xnSAQN

【予定の講演会テーマ】
①報告 昨今の集団ストーカーについて
②ハイテク化で危険に晒される個人情報(顔認証システムほか)
③キューバ―で使われた音波攻撃(テクノロジー犯罪)
④警察を正常化する為には(民営グループによる監視ほか)
⑤集団ストーカー犯罪を解決するために何をすべきか (質疑応答)

【参加方法】 
平成29年11月15日(水)までに、お名前(ハンドルネーム可)
お住いの都道府県、返信可能なメールアドレスを記入され
本文に「講演会参加希望」「懇親会参加希望」と書いて
下記メールアドレスか、TwitterのDM経由までお申込みください。
後日、受付整理番号を発行させて頂きます。

oogawaraouenkansai@yahoo.co.jp(メール)
https://twitter.com/oogawaraouen(Twitter)