目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
次回予告!討論会テーマ
画像
次回予告!討論会テーマ「盗聴、盗撮、住居侵入」
【夜まで被害討論会】
集まれ!被害者!

このようにテーマを決めて討論会を行いますが、日時が決まり次第お知らせ致します。

そして前記事でテーマを紹介したら早くもご質問でしたが、申し訳ありませんコメント欄に何故かコメントが載せられないので記事に書きました。
6月度名古屋討論会「集団ストーカー」




一般的な盗聴、盗撮等の機械はネットで調べたり、どこかに取り付けたりコンクリートマイクで音を外から拾うやり方です。
確かに、そういう物も併用して使うでしょうが、テクノロジーを使う場合が集団ストーカー被害者の場合は殆どで、探偵等に頼んでも機器は見つかりません。
また公安警察等世間的に知らせているのは、通信記録で十分個人情報は把握出来るという事になり、細かく盗聴までしていない
事になっていますが違います。
ターゲットが一番電話しそうな時間帯は、調べているはずですので、その時間帯はリアルタイムで聞いているでしょう。取り囲まれている場合は、隙間なく聞かれています。
それが集スト被害、テク犯被害と言うものです。
次回参加される方は、この逃れる事の出来ない盗聴盗撮住居侵入どのように対抗して来たか、今後この被害に合われる方に無駄な努力、出費をしないで済むように教えてあげましょう。

■以下mさんへの答え

盗聴、盗撮、通信傍受、ネット、メール等の通信ですが、後電話ファックスもそうですが、集スト加害時期や規模によって異なるでしょうが、一般市民レベルでの防御は、加害者の仕掛け次第で、公衆電話すらダメというのが結論です。
テク犯が入ってくると頭で考えたことまで盗聴されますので完全にお手上げです。
防御というより、開き直るターゲットにされたらプライバシーは皆無といえますので気にしないで過ごす心の強さを養うのが先決です。
そう言ってしまうと元も子もないのですが、相手も人間です機械的に録音していますが、一日の膨大な記録を全部聞きなおすには時間を要しますのでポイントだけで大筋を知ろうとしているはずですので、そこも考えて無視するのがお勧めです。

極端な話手紙も開封される可能性があるので手書きで手渡し、そして直ぐ燃やすのが思考盗聴無しの場合の防御です。

私も活動で多くの被害者と連絡したりしますが、全く気にせず聞かれている前提でしかも隠しても無駄ですので全部本当の事を普通に話します。
全ては嫌がらせの道具として使うだけですので、それを気にしなければ良いのです。
集スト被害者は普通の一般人が殆どですのでテロを企んだりしている分けではありませんので、どうのこうの言われる筋合いはありません。
スパイごっこに付き合う気はありません。

■YAHOOニュース
ヤフーニュースに集団ストーカーの文字が出ていました。その名が表に出るのは少しは認知に繋がりますが、やはり統合失調症の別名のような扱いでミスリードです。

以下ニュース
埼玉少女誘拐 「集団ストーカーに遭っていた」 支離滅裂な寺内樺風被告 弁護側は統合失調症と主張
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6243293
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/15 (木) 16:28:10 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.