目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
目覚めよ日本!中部西日本という感じになりました討論会!
画像㈪
2017年6月12日名古屋駅前にて街宣チラシ配布活動を行ってまいりました。

場所は名鉄名古屋駅、名鉄百貨店前で金沢なんかと比べると申し分ない人の往来のある場所で、前回の場所より絶好のスポットとして今後も盛大に盛り上げて行ければと感じました。
何か起こる事を期待して、私は当日高速バスで午前中に到着し皆さんと街宣予定場所で待ち合わせし準備し始めました。
三時間ですが無事終える事が出来ました。
平日という都合の付けにくい日ですが皆時間を取って集まって頂きました。
その後近くのカラオケボックスで討論会も前回よりクオリティーを上げようとやってみました。
前回同様愛知の被害者ロップイヤーさんが中心になり準備を進めて頂きました。
街宣、チラシ配布から参加した星子さんコナンさんありがとうございました。
前回来れなかったYさんもほんの少しですが顔を出して応援して下さいました。
懇親会と討論会には更に前回から参加しているダイナマイトさん、Aさん、
また新たに広島から駆け付けたミルクさんが突然来られ討論会のみの参加となりました。
また次回もやろうと参加した全員が親交を深め決意も新たに心を一つにしました。
元々どの団体に属している等関係なく志だけで集まって来て頂いていますので今後も誰でも参加して下さい。
今回参加された皆さん本当にありがとうございました。
また多くの方がメールで今回は行けないがと応援メールも頂きありがたい感謝の気持ちでいっぱいです。
日曜祭日に行えばもっと反響がある事を逆に感じます!!

さて爺くさい挨拶はこのくらいにして内容を解説します。

街宣場所は名古屋駅前ということで様々な人が行き交う場所ですので、また短時間本当に通りがかりの方で、大変でしたがロップイヤーさんが登り旗の台を用意して大弾幕も設置出来、皆さん目に止めて読んでくれました。
「頑張って下さい」等の声をかけてくれる意味を理解していない方もいたりで大変面白いと思い、次回更に目立つようにするには?と考えたくなる街宣、チラシ配布には持って来いの場所です。
ロケーション的にはJRの前の方がユーチューブ的には良いかなと思いますし、私一人なら熱中症で倒れてもいいが、か弱き女性群最近結成した「チラシバラ撒き隊」が倒れてもらっては申し訳ないので名鉄名古屋駅前は少し歩道に屋根があり助かりました。
いつも私が金沢の名鉄エムザ百貨店でやっているように6時間とかですと本当に救急車が必要になるかもしれませんでした。
街宣直前に来た救急車は、その忠告のアンカリングだったのでしょうか?
またビル群があると拡声器の音は反響しますので安いマイクでも少々大きめに声は届くのでも良い場所だと感じました。
近くのお店には迷惑な話ですがご容赦下さい。
またじゃんじゃん行くからねー!


街宣後討論会を前回のが好評で、前回参加者が凄く盛り上がったので、また試みようと開催しました。
ただ私は主催者側として、今後も良い企画として発展的に展開して欲しいと考えていたので、また皆さんもそう申していたので「テーマ」を決めてという事で行ってみました。

懸念したのは、確かに被害者は平生のやられっ放しの被害に、ぶつける怒りを押し殺していますので、被害者同士集まると凄く盛り上がります、そして話は絶えない。
単なるガス抜きであればユーチューブにアップせず懇親会で盛り上がればいいと思うのです。
そしてそれも凄く大切な触れ合いで有る事も理解しています、被害内容の共通性、元々人間的に気の合う人、
またその逆でマイナス要因で被害者特有の疑心暗鬼、神経過敏により発展性を失う事を、私は企画側アップさせる側として先を見て考えますので単なる被害者の井戸端会議、傷のなめ合いだけは避けたいと考え、毎回活性活性で、また第三者と加害者側を意識したものにしたいと考えますが、そのように始めたので少し緊張感のある始まり方で良かったのですが、最後はやはり、どんどん話は方向を変え、また時間もそれぞれあるので流れ解散的な終わり方になりましたが、それはそれでいいか!とも思いました。
それより新幹線に乗ってまで討論会に参加するエネルギーを第三者には見て欲しいと思いますし、感じてもらいたいと思います。
その会話の内容というのが、その言葉の何百倍の辛さを伴っているかを想像して聞いてもらいたいのがこの討論会であります。
それは自ずと伝わると私は思いますので今後もやはり何度でもやって行きます




次回予告!
討論会次回テーマが早くも決定!!
『盗聴、盗撮、住居侵入』でやりますよ。


誤解されている方もいると思うのでお詫び

以前昨年末ですが、ビリビリ祭りの前に私の個人的被害が無くなったと書いたのですが、確かに一時期何も感じない時がありました、それで恐れをなして引き下がったか!等とガハハハハ!と笑っていたのですが、その後活動妨害としては再開しています。
元々私は鈍感になり集ストは余り気になりません、眼も悪いのでぞろ目が見えません。
テク犯も、ほぼ様々な仕様を受けていますが微かなもので、シグナルとしてアンカリング的なもので気にも止めません。

しかしそれは強弱であり、これを24時間受けている方の苦痛は想像出来ます。
集ストも個人被害の初期に、その怖さを体験していますので今は理解力と元々の鈍感さ反撃力、相手の作業的行動を読んでの
逆加害的威嚇により、集ストは笑える程になっています。

軽度の被害ですので、活動も可能だと考えます。
であれば尚のこと、他の強度の被害者の為に、動ける限られた状況の中で頑張って参ります。

今後活動をしてみようと思われる方に一言!
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある」
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/14 (水) 11:16:51 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.