目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
目覚めよ創価学会!!5月街宣 学会への果たし状!
【サクラさんの活動を応援します】
国際赤十字にメールでテク犯救護要請をアメリカ、ポートランドの被害者の会代表と共同で被害申告運動です。
名古屋の被害者Hさんの知人のポートランドの被害者チェリーさんが「何もしないより、やった方が良い」と始めた活動です。
日本の被害者さんの一人でも大勢のメールが必要です。
宜しくお願いします。
サクラさんのブログ
http://hrktekuno.blog.fc2.com/
サクラさんの国際赤十字への要望書送付の要綱が決まりましたので、左横のコメント一覧のサクラさんのコメントに拡散希望で載っています。
アメリカの被害者と共に戦おう!オー!

最近何通もの創価学会関係の質問や情報に対しての街宣の場を借りての回答です。
五井野博士と創価学会でのキーワードで調べて下さいとの情報で、初めて知った池田大作創価の所業に激怒した私の街宣です。
フクロウさんまた情報宜しくお願いします。
やはり創価は二代目までだったという事が実に良く分かり、この犯罪の原点とも言うべき創価学会の悪行でした。
怒り心頭!怒髪天!
また法論しろ!
創価学会本部前で街宣するぞー!

創価学会の皆さんへ!

池田大作を尊敬するのは勝手ですが、二代目会長戸田城聖から三代目池田に変わった時点から、仏法、世法共に滅茶苦茶ではありませんか?
この男は全く日蓮大聖人の弟子と名乗る資格もなく、題目を唱える理由も全くない人間です。
そのような者を崇拝するのであれば、池田の仏像を勝手に作り本尊とし、池田の本を教本にしなさい。
仏法を名乗るな!
未来永劫地球が無くなろうが、この先生まれる全生命を救う日蓮大先人様の仏法を破壊した罪は、このような犯罪組織と成り下がり、初めは純粋に日蓮大聖人様に帰依された方々を地獄に道づれにする悪行は釈迦仏法の提婆達多以下の所業と言わねばならない、学会にいて功徳が得られなかったという方が大勢います、また大聖人の本尊すら完全に見失っている方々を知れば怒りは収まりません!




私は昨年春創価学会と公明党に果たし状を記事に書きました、現在も変わらず受け付けています、創価の皆さん見られた方は、お知らせください。
この月に私はブログのタイトルも変え新たに戦いを始めた月の記事で自分でも思い入れのある月です。
http://liferelax.blog.fc2.com/blog-date-201603.html
国家権力犯罪糾弾、打倒監視国家の原点です。
創価学会の皆さんやろうじゃないか!


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト
コメント
コメント
●国際赤十字に要望書メール
日本の被害者に、国際赤十字に要望書メールを
送って欲しいと言う依頼が来ています。
詳細 → http://hrktekuno.blog.fc2.com/blog-entry-70.html

第1週、第2週 に追加送信したいと思います。
*自分の被害を書いて下さいとの事です、日本語で可。

国際赤十字の日本文サイト    http://jp.icrc. org/
国際赤十字日本文の記入フォーム  http://jp. http://icrc.org/contact-us/

国際赤十字からジョンさんへ返答した委員名
Giuliana Saldarriaga  メールアドレス: gisaldarriaga@icrc.org
Carmen Luisa Soriano メールアドレス:csoriano@icrc.org
Susana Lopez      メールアドレス: slopez@icrc.org

3名まとめて送信
gisaldarriaga@icrc.org ; csoriano@icrc.org ; slopez@icrc.org

上記のとうり決まりました、宜しくお願いいたします。

【注意】国際赤十字サイトのリンクが、エラーに成ってしまいます。
    サイトアドレスに %20と言う記号が追加されてしまいます。
    %20を削除すると、表示されます。凄い妨害されています。
2017/05/27 (土) 20:39:08 | URL | サクラ #a2H6GHBU[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.