2017/03/23

テクノロジー犯罪映画


◎ 既報 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 ① ―― ◎ 米国で諜報機関・軍部・国土安全保障省および下請け組織が国民に対して、「電子戦争(Electronic Warfare)」攻撃による国内テロリズムを続けている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/electronic-warf.html

◎ 同 その② / 米国の軍事・諜報機関が一連の「行政命令(directives)」で、「合同標的作戦(Joint Targeting operations)」「フュージョン・センター」「地域情報共有システム(RISS)」、あるいは民営の「地域警察活動」「近隣ウオッチ」などをいった組織・オペレーションを一体化し、「監視」の名の下、米国民を「奴隷化」し、電磁波などで「拷問」を繰り広げている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/directivesjoint.html
大沼さんの記事から引用
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/vs-cell-phones-.html
リラックス-映画制作委員会としては、日本でも一刻も早くつくらなければならない、米国の話とかたずけられないように急がなければなりません。
既に同じ現実があるのです。



集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント