目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
世は騒然となり、暗雲立ちこめ!動乱の時代に入る国難は眼前!
画像㈪

アメリカのトランプ大統領が就任し、依頼騒然となりつつあります。
メディアの報道とネットの情報は、どんどん開きを示し大多数の人達は報道に惑わされ、そのまま大きな動きとなりつつある感が有ります、この動き出した波をくい止める事は出来ないものです、今後日本は以前の、呑気な戦争法案反対だとか安部総理が独裁者だとか言う左翼や共産党の主張が矛盾してくる時代、メディアも矛盾をそのまま進む、日本国を他国に売り渡す如きものです。

 国民は目先の安逸を貪り!

官権はメディアと共に国を売り渡す!

近隣国は縄張り争いを繰り広げる!

 それでも日本人は何も無きが如く、日々の生活をおくり目覚めない。
嵐の前の静けさを平和と勘違いしている人々と言えます。

国の滅びる前兆を日蓮大聖人は立正安国論に

 三災七難、飢饉、疫病

 自界叛逆(内乱)

 他国侵逼難(他国の侵略)

 この順番で起こると仰っています、この原因も立正安国論に、はっきり述べています。
それは謗法によると仰せです、全ての災いの原因です。
この原因に付いては一般的に知られていません、歴史では日蓮が立正安国論を鎌倉幕府に建白した。

その中に他国侵逼とあり、蒙古襲来を予言したとしか教えません。
そして余程興味の無い限り『立正安国論』を読みませんから知られていません。
日蓮大聖人は、ただの予言者ではありません、御釈迦様の経文から、こうすればこうなると言う記述を見つけたもので、それを認めと言っても良いのです。
ですから解決法方も書いているのです。
当時の鎌倉幕府は、これを用いず開戦となったのですが、神風が吹いたとなる分けです。
日本の歴史始まって以来の侵略を受けたのです。

 さてその中で、この国の秩序を守り、国民の生活を守るべきはずの国の公権力を中心とする既得権益集団が行う犯罪の被害者の叫びはかき消されるが、加害組織は、これが自国を亡国に導くものとも知らずに興じているのである。

確かに明日滅びる等と言うものではないが、その日が来るのです。
そして皮肉な事に被害者が被害から開放される瞬間でもあります。

 だからと言ってこれを喜べるはずもありません、これを未だ兆しもない今から言ってまいらなければなりません。

正しいものを立てるのです、全てに於いて正しいものそれを探すのが今後の日本の世界に対して見せる存在意義でもあります。

 悪は多けれど一善に勝てず。

 日本は次の大戦もその次の大戦も生き残り、それを示す国になる値のある国です。断じて滅びたりしません。

 身の周りの小さいことからでも、ほんの少しでも始める勇気を持ちましょう!

🌕2月目覚よ日本!国家権力犯罪周知活動予定❗
雪、雨等でもやります。

2017年2月13日  午後12時~15時まで

いつもの金沢駅東口 日航ホテル横歩道
          午後16時~午後19時まで

          金沢市武蔵町 エムザ前

 2017年2月14日  午後12時~午後17時まで
        金沢市香林坊  アトリオ前



集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.