目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
今一度問う!目覚よ日本!
画像

国家犯罪糾弾!打倒監視国家!既得権益粉砕!

このように現在の世界、わが国日本国に対して申して来た分けですが、それでは、その後の世界と日本はどうなるのか?
これを全く持たないで抗議活動をしても、戦争法案反対等の単なる野党の反対運動と変らないかもしれません。
現実を批判するだけの発信はインターネット上には数多く見うけるが、それではどうすれば良いのか?

これを掲げて発信している人は皆無である、しかしチョット何か言おうものなら必ず、それをうやむやにし潰しにかかる空気が蔓延しているのがインターネット含めた現在の世界ではないでしょうか?
その狭間で生活し人生をおくっているのが我々の与えられた時間ですが、何も考えず目先の事だけを考えていた方が人生を全うできるかもしれません、現在ある流れに身を任せて、その中で自身の幸せと家族の繁栄を願う、70年間もの
時間があれば、人生の大半はそれで終わってしまいます。

一夜にして変った戦後と違い現在は、そうそう変化を望まないのも民衆の思いでもあります。
しかし不正や差別や貧困は望まないのも民衆の思いです。

インターネットの中では既に、今後日本という国が無くなって中国の一部、若しくはアメリカの州になっているという事を、早計にも言っている方もいて、そこまで日本国が薄れていっているのかと思ったりもします。

NWOを進める者達は確かにお構いなしで、それを推し進めてくるでしょう!
しかしこれは単なる大昔からある独裁社会でしかありません。
身分制度のある封建社会と言わねばなりません、一部の特権階級の富裕層が未来永劫繁栄する為に、その他の人々は監視され奴隷として働くのみというものだが、これも古代からのものでは無く、新しい奴隷制度で人類の英知を結集しての階級社会です。

現在それに反対し、いまだ表にも現れていない敵に対して反旗を翻し戦っているのですが、誰も共感、理解を示さないのも当然であります。
そして敵は、その大多数に真実を知らせず徐々に誘引しコントロールする術を持ち歴史すら変幻自在に操ろうとしている。
とは言え日本の徳川時代は封建時代ですが、太平の世であり奇跡の平和な300年であり、そこに生まれた
大衆は、それなりに幸せに暮らしていたように思える。

個別に人体実験に遭っているような被害者にとっては最悪だが、NWOの大きな人類管理の流れを止める事が出来ず、それが人類の歴史なら、その時代も受け入れて生きるしかないのも然りですし、そんな時代になってしまえば、その時生まれた人々は疑いもしない人になっている分けです。

私の個人的な見解は別にあるのですが、結論から言いますと私はNWOは失敗すると考えています。
心配していないのです、万が一NWOが成功しても、また変化していくはずです。

その中で日本国はどうあるべきか、街宣活動等と言う行為をやっていると、そんな事も考えたりします、多くの人の前で話をする分けですから自然と批判や訴え等自身の主張の裏付けをしっかりさせたいと考えます。
政治家になるような人は、常にそれを問わなければならないと思います。
それを考えようともしない者は、政治家という名誉が欲しいだけの強欲の人と言わねばなりmせん。
私が政治家になるなどと言う事は絶対にありえませんが、出来るはずもありませんが、少なくとも先月富山県に行き街宣し、辞職した議員の事を散々に言って来たが、その議員が早今年にも再立候補する等のニュースを耳にすると憤りを通り越したものを感じます。

主義主張、理想、哲学に裏付けられた政策なら、全く考えが違っていても骨のある者と考えます。

今の日本のように薄れゆく中で漂うような状態では、頑迷な者が手を挙げる仕組みになっているようです。

まず壊す事ではなく、立てる事が大事ではないかと考えるものです。

目覚めよ日本!

偉そうな事を書きましたが、私は次の方策は日本の中にあると考える者です。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.