目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
何故私が?
明けましておめでとうございます。
リラックスこと押越清悦(オシコシセイイチ)です、今後もリラックスでよいです。
活動も第二期に入り新たな切り口で新展開を期して臨みますが、昨年末よりピタリと私の被害と呼ぶべきものが無くなりました。
単なる潜伏監視に変ったのかわかりませんが、私は自由です!
なので被害者と呼ばないで下さい。呼ぶとしたらく元被害者と呼んでも構いませんが、被害者の為に活動する人と呼んで下さい。
ですからもはや統合失調症等とも決めつける事も出来ない、マル精も当てはまらない一般市民の一人でしかありません。
悪しからず。

年末年始のビリビリ祭りは疲れました、6日間で1日5時間計30時間馬鹿の一つ覚えの事を叫んでまいりました。
かなり疲れましたよる歳なみに勝てませんね!
カメラの調子が悪いので折角録画したと思っていた動画がダメで少ししかアップ出来ません。

まだ前半の年末の動画は内容的に網羅されていると思うのですが、日数毎に表現を変えていたり新しい事も言っていたので、それが消えています。
まあ今後もおいおい話してまいりますが、ポイントである脅迫罪、殺人罪であると法律がないが今ある法律に照らし合わせると、それに当たるという話し方と、テクノロジー犯罪は表裏があり、序々に表に出して来ます、それは善用利用で、身体の動かない身体障害者用の車いすで思念で操作可能の車椅子が開発される、又は医療で嘘発見器のように犯罪捜査等、北朝鮮の衛星ロケットと核ミサイルの表裏の様な形で日本の場合は特に認知させるように感じています。
人道的な観点からテクノロジー犯罪の人体実験的加害行為については、最後まで公表出来るはずもありません。
一般市民を守るべき警察権力、国家権力執行部隊とも言うべき司法が中心に情報収集と称して監視を行い、絶対見つかってはまずい兵器を隠れて使っている。




「何故私なのか?」
この疑問が持たれるのも当然です、政治犯、思想犯、カルト宗教団体、右翼左翼市民団体等発表されているものからも何も関係のない私が何故?

その前に上にあげた他に覚醒剤常用者、性犯罪者等の過去に犯罪歴のある者、税金滞納者等発表していない中で成程と思われるものもあるようです、ニート、引きこもり、ネットでの監視で危険で過激な嵐行為をする者、政治的なものから危険なゲームに熱中するもの。

または監視の手伝いをしている下部組織の敵対関係者、それは単に勧誘を断った等です。
債権取り立ての依頼から等の依頼契約的に動く、企業のリストラ工作等。

軽いものから重いものまで多々あるようで、中に内部告発、不正を暴く等にも発動されるが、
それとも関係のない私は何故か?
ここで街宣でよく話す北朝鮮の拉致被害者を思いだして頂ければよく分かります。
北朝鮮民主主義人民共和国の命令で日本から人を拉致して来いと命令された工作部隊は命令遂行の為、誰でもよかったのです。
意図がある場合もあるでしょうが、本当は誰でもいいのが集スト、テク犯被害者の選定です。

ただ監視人員は限りがありますので、ここまでと言うのは自ずとあるのです。
ですから何時までも認知が進まないのも日本の人口から比べると、極少数なのです。
そして増やすには、対応出来る人員が必要ですから現在日本国内で監視出来るまたは加害行為を行える人数は限られています。

テクノロジー犯罪に関して言いますと人体実験的要素も含まれてきますので、あらゆる階層の人を選定しデーターを収集する為のモルモットとして選ばれる、ブルーカラー、ホワイトカラー問わずにターゲットにする。
北朝鮮の拉致被害者の中でも、子供の産める女子や親が有る程度の社会的地位にある子供、洗脳教育に役立つ者等、アバウトながら選定がありました。
その意味で年齢から男女関係なく使えると思われる者をターゲットにする。

女性の比率が高いのはどういう理由なのか?加害側が男性が多いからか?
定かではない。
また実は表に出て来ないが年配者が多いのです65歳以上の被害者が大勢います。
人生の最晩年の日本では大切に扱われるはずの存在が、この被害に大勢あっているのは人口削減の為又は、インターネットを使えない、表ざたになっても誤魔化せる病気の一つもありそうだから?等等考えられるが、すごく多い驚くべき事です。

この高齢者の被害者は家族があり孫がいて、自分だけ我慢し他の家族に災いが及ばないように黙りこむ場合が殆どである。
以前は死刑囚等にやっていた、もう死ぬようなどうでもいい人と考えているのだ。

思考盗聴、脳への介入は信じられないが実験としか言いようがありません。
今後多くの人々をマインドコントロール、監視国家に逆らえないようにしていく手法で50年後の科学技術を世界の財閥権力者が、未来永劫その権力保持の為に全人類を支配下におく、そんな壮大なロマンがあるのでしょうが、実験は自分でやれ!

その中で日本人は以前にも書いたが、白人に戦争仕掛けたけしからん国で、生意気な民族と判断する者がいるようです。
そして又自国の利益を得たい者が、率先して手先になっているのである。
それが日本の公安警察だ!
その下の組織も全て利益の為で、国益等考えていません。

その中に自身の出世、年金、家族の幸せがかかり少し人より得な老後が得られ、人より少し長生きさせてもらえる。
もっと上の組織では不老不死の長寿が得られ等の見果てぬ夢を見ているのだ。

その裏ではダークでビックなマネーが動いているので、現在の被害者の方はそうそう命を取られたり、僅かの財産を盗まれたりなど考えずに、唯々無視するのみです。
テクノロジー犯罪すら無視するしか方策がない、防御出来ないでしょう。
彼らは実験するが、我々はされないですよという態度。
こちら側の個人が勝手に開き直るしかありません、また向こう側の思うようにもいかないのが世界の面白いところですので気にせず生きるのです。

結局欲だったのです。
下らない話です。
でも大事ですよねお金、これがなければ困りますから。そこで以前書いた記事に戻ると因果応報で、罪もない人にその様な殺人行為を重ねていると地獄に真っ逆さまは必定です。

大事な話が一つありました、創価学会の池田大作はフィリピンで逮捕されていたようで、今は日本に居る様です、生田弁護士の元創価の幹部の裁判もマッチポンプの可能性が出て来ました。
高知の小松さん情報です。
2月に大河原さんの講演会があるようですが、小松さんも参加予定の様ですが、残念ながら私は行けません。

🌕大河原宗平講演会事務局 🌕
@oogawaraouen 12月23日
※参加方法: 平成29年2月5日(日)までに、
お名前、お住いの都道府県、返信可能なメールアドレスを記入され、
本文に「講演会参加希望」「懇親会参加希望」と書いて下記
メールアドレスかTwitterのDM経由までお申込みください。
詳細☞ameblo.jp/nagasigaisen/e…

そして全部分かった私が思う事は、ブログは必要ですが最新記事しか見ない方が殆どで、たまに古い記事を読まれる方もいますが、殆ど顧みられない個人ブログレベルの記事です。当然ユーチューブの動画も全部見ないでしょうし、共通の考えを持ちにくく、
宗教関係の話は見ない等、それは読者の勝手ですが誤解が生じ易く、同じ事を何度も書くのも面倒くさいと思います。
固定された犯行があるので別に、一度立ち止まり固定の共通の犯人をあらゆる角度から浮き彫りにしていく方法が良いと思います。
以前手法については誰かの残したページがあります。
更に前に進んだ誰が何の為に何をという観点で、いつでも見れるホームページがあればいいと思います。
動画や写真を集め今までの証拠撮りも結構ですが、本番さながらのこれそノイズキャンペーン、これぞコリジョンキャンペーンを作るのです。
映画製作委員会は犯罪周知委員会として行きます。
新たにテクノロジー関係のページを作成される方も出て来ています。

確かにブログの良さはあります、しかしもう公安警察がやっている事が分かれば、それを掘り下げていった方が今後の日本国の為になります。
イルミーやフリメは置いといて、そこを攻め続け、そこは本来日本国民を守るべき機関です、国益に反する者こそ取り締まらねばならない者です。

サムライの国武士道の国日本で欲だけの価値観が、いつまでも続くものではありませんよ、公安警察の中にも同じ心を持つ者もいるはずと信じます。
自身の下劣さを感じている者もいると思います。

また本当の内乱は監視していない処から勃発し恥をかく事になるのも想像できます。
真の日本国の為と考えて、眼開いて見れば見える物も見えない者にならないように公安警察諸君に言っておきます。




集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.