目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
個人情報の入手方法
集ストでターゲットに嫌がらせをし、統合失調症にし自殺や犯罪に追い込んでいくにはターゲットの人格や性格、特技、長所短所、周りの人の印象から能力、
人間関係、悩み、経済状況、資産、夢、願望、経歴、病歴、家族関係、親戚関係交友関係、体力、趣味趣向、行動パターン、クセ等、ターゲットを素っ裸にして弱点を見つけ集スト行為の要素として、アンカリングして行きます。

これにはじっくり時間をかけターゲットを客観的に観察し、収集して行きます。
その為に朝起きてから寝ている間も尾行し観察しなければならないので、しかも本人に気づかれずに情報収集始めます。
1週間単位曜日で言うと、仕事は何曜日から何曜日で休みが何曜日でという事が分かります。
ターゲットとして選ばれた時点、もしくは依頼された時点では、まったく赤の他人の
集団ストーカー組織は、その人の事を何も知らないのですから、集ストする為の準備段階があるわけです。

①行動パターンの把握
通常人間は、成人の人なら仕事、家の繰り返しで1週間を終え休みを取っりと一ヶ月を過ごします。(学生も同様)
出社の時間、通勤の時間、帰宅の時間は尾行という手段で把握出来る。
もしくは家の前にカメラを仕掛ければ事足りる、早送りで生活パターンは把握出来る。
カメラは最近はかなり小さい物があるので、ターゲットには知られずに監視出来ます。
家の回りに怪しげな車からカメラで、置き自転車にカメラを仕掛けて(これは探偵が使う手口、家の近くに放置自転車があればご用心)、家又はアパートの近辺から監視を開始し、行動パターンを把握します。

②行動範囲と思考パターン把握
今度はターゲットの性格や内面を知らなければならないので、盗聴器をしかけ、通信傍受し、ターゲットの会話を聞き思考パターンを把握します。
これにより交友関係、家族関係、仕事関係の範囲も自然と把握出来ます。
その人の現在の立場や、今後の予定等も把握できます。
会社関係や交友関係、家族関係の周辺も同様に盗聴、盗撮により、更に詳しく知ることが必要とあれば調べます。
そしてターゲットの周囲からの立場も把握出来ます。

③貯金、財産資産の把握
行動パターンが把握出来ると、住居侵入出来る時間帯や曜日が特定出来るので、全く家に誰も居ない時を狙い、ターゲットや家族に監視を付け、住居侵入し貯金通帳から、財産状況、経済状況を調べる事が出来ます。
住居侵入には泥棒が使う手口の証拠が残らない方法です、つまり合鍵を作る、その家の住人と同じ開錠法を作り持っています。
いとも簡単に何か業者を装い侵入します、また住人がいても、部屋にカメラがあり住居のどこに居るかが解かれば人が居ても可能である。そして、家の中に監視カメラや盗聴器を仕掛け、プライバシーを把握します。
また裏情報で、消費者金融の入出金のデーター、ブラックリストを調べる。


④趣味趣向の把握
休みや仕事帰りの行動パターンを知り、行く先々でも監視し趣味諸侯の情報を収集します。
ハッキングによりネットの履歴を調べる事でも、その人の趣味趣向が分かります。
これらは時間をかければかける程、細かく把握分かり、ターゲットの行動を予測する事に役立つでしょう。
また買い物の内容を一つ残らず観察し、好きな食べ物、飲み物、良く行く店を把握し好き嫌いの趣向内容を調べ上げる。

⑥就寝中の監視
集団ストーカーの執拗差は寝ている間も監視し、眠りの深さ浅さを心拍数や呼吸音により盗聴し把握し、夢を見させる
時間帯を見出し悪夢を演出します。(薬物も使用)
統合失調症の症状に悪夢、睡眠不足等がありますが、これを向こうから仕掛けています。
夢を見させるのに、音、映像を使う。
その為、ターゲットの寝返りから、トイレに起きやすい時間帯まで調べて、浅い眠りの瞬間に悪夢を見させます。
ここは一般の人は信じられないし、オカルトと思われるかもしれないが、実体験どもあり可能な機器が存在します。

⑦その他の情報収集
健康保険、社会保険、登記資産等で病歴や資産状況、借金の有無のj情報を
表と裏から調べ上げます。


ターゲットのストーカー側の重要度により、強弱はあるが時間をかかれば、ターゲットの人間像が浮き彫りになって来ますし、行動の先読みが可能となる。
時間と労力をかけたターゲット情報こそ、ストーカー側にとって貴重なゆすりたかりの情報になり、嫌がらせの要素となる。
また行動パターンも細部に渡り握しますので、取るに足らないターゲットのクセを把握できます、例えば歩き方や歩く位置、駅なら立つ位置座る位置、車の停車方向や位置等が分かれば、アンカリングの予測位置を準備し易い。
集団ストーカーは予めターゲットの行動を予測し、先回りし幾通りものアンカリングを用意し待機しています。
偶然を装いほのめかし等のアンカリングを行います。
これらはこの個人情報の収集により、そう難しくなく待ち伏せ出来ます、例えば朝クリーニングを出せば、その日の内に仕上がれば取りに行きます、
その時間帯に罠を仕掛ければよい分けです。

更にターゲットの心理的内面を知る為、またはアンカリング等のストーカー行為の反応を知る為に、心拍数や呼吸まで盗聴し把握する。

ほぼ人間生活の隅々まで、重箱の隅をつつくように調べ上げアンカリングします。
時間の流れと共にストーキングしますので、ターゲットの行動の一つ一つの仕事やプライベートの問題や悩みの一部始終を把握しアンカリングします。
アンカリングの反応やリアクションを見ることにより、次から次とより効果的な内容のアンカリングを試み執拗に再現時間を掛け、ターゲットを追い込んで行く。


このようにターゲットはもちろん家族、交友関係、会社関係も情報は認知の有無に関わらず、この者達の仕業でダダ漏れ状況が現出しているのが、現在の実相です。
その中で次なる被害者が生まれてくる可能性もあります。
以上のような個人情報漏えい、プライバシーの侵害行為を平然と行い、その犯罪行為を棚に上げ、アンカリングに使用し、罪のない人を貶め卑しめ苦しめている。
人と時間を使えばこれらの個人情報は、本当に調べられるが普通面倒臭いから、そんな事しないでしょう。
この頭のイカレタ集団ストーカー共は暇と時間を使い日夜、そのような事をしているのだ、ご苦労さまと言いたい。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.