目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
歌手のASKAさんが言った盗聴国家日本
歌手で有名人のASKAさんは盗聴盗撮集団と言っていました。
我々は集団ストーカーテクノロジー犯罪と言っています、この違いについて考えるに誰もが分かるように歌手のASKAさんは元々有名人で芸能記者に追われ、一般人に注目される存在ですので、俗に言うストーカー行為は日常茶飯事だったのです。

ですから一歩外に出ると、我々の言う集団ストーカーはデビュー当時からの事であり不思議ではなくサングラスをしマスクをし変装をし外に出なければならない存在です。
ストーカーをされる理由もあり、注目されるだけの人気があったので当然でありそれを有名税と考え我慢していたはずです。
芸能人や有名人はどこに行くのも注目される事を前提で準備をし外出せねばならない人達なのです。仄めかしやストリートシアター、コリジョンキャンペーン等の手法はファンの仕業か芸能記者の仕業と考え無視していたのでしょう。
ですから集団ストーカー行為を受けていても効果は少ないのと慣れているのであまり気にしないでしょうし、その事を覚悟し外出していたのでしょう。
ですからおのずと盗聴盗撮集団と言う呼び方を使っていた事は皆様方もお気付きで、あまりASKAさん、それ集団ストーカーテクノロジー犯罪の間違いじゃないですか?とは言わなかったと思われます。
今は覚醒剤の妄想等という事は全く無いとの見地から話します。

ここで分かる事は人は自分の被害を中心にものを考え、固執しがちだと言う事です。
ASKAさんは「ほのめかし」は分からない存在ですしテクノロジー被害はハッキングだけのようです。
ASKAさんの書いた「盗聴国家日本」と言う本が早く発売されればどのような被害内容であったかが白日のものとなります。
しかしタイトルから覗い知る事の出来るのは今書いた事です。
タレントの清水由希子さんが集スト被害を訴えていたのと比べると、やや違いを感じますし、集団ストーカー被害が一定でない表れでもあります。
そしてこの一定でない点と加害勢力の一定ではない事が憶測を呼び、一般人には本当に有るのか妄想なのか理解出来ず、統合失調症の人や覚醒剤使用者の妄想であれば理解出来納得し、それで片づけるのですが、被害者が同じように憶測し合っていてはお手上げです。

ガスライティング犯罪は、人に応じて毒の処方の加減をします。
ここに一定に思われない差異を生じさせ、被害者同志でももめたりしがちです。

被害の度合い初期、慢性期、強弱、追い込み期、安定期等様々な症状を見せる犯罪でもあり、本当に傍にいる人でも病気と見間違う事もあるでしょう。

ASKAさんは、音楽家でこもって仕事をするタイプとご自分でも言っていましたので、外出時の注目を浴びる状態から、解放されるのが、このこもっている時で、それこそネットの世界は歌手ASKAを意識せず素の本人でいられた場所だった
のではないかと思います、それを邪魔した存在が盗聴盗撮集団であり、歌手ASKAさんにとって、束縛のない時間と空間を蹂躙した存在が盗聴盗撮集団と言う名称がぴったりだったのでしょう。

実は私は、今度図に描こうと思っている事があります、それは被害者の程度を人目で分かる早見表のようなものです。
私はローテクのみと言われる方もハイテクも受けていると考えています、恐怖を煽るつもりはありませんが、全く被害に気付いていない被害者もいるはづですし、監視のみ、警告監視、集スト警告、テク犯警告、そして強弱。
このように見ています。
その図は正月休みに作ります。

日本国内に於ける集ストテク犯については、加害者もバラバラで被害内容もバラバラ、大体こんな感じみたいな程度ではいつまでも加害側の思う壺であります。
ある一定の物差をもって測らなければなりません、㎝、ヤード,尺、ピクセル等バラバラの物差、その物差も間違っている可能性のあるものでは一向に白日に犯罪を示せません。
加害の方程式と共に集ストテク犯を測り、要らぬ恐怖感を持たないで済むように被害者に一定の犯罪者感を理解どころか、真実の加害者をあぶり出すのです。
少々お待ち下さい。

集団ストーカーテクノロジー犯罪の犯罪組織の正体とも言うべき内容はここにあります。
私と同じ考えです。
小松さんの話を聞けばASKAさんの事も理解出来、創価やキリスト教等各宗教、企業、ヤクザ、防犯ネット、各政治結社、各省その他が関わる理由と張本人が分かります。




集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.