2016/12/10

歌手のASKAさんが言った盗聴国家日本

歌手で有名人のASKAさんは盗聴盗撮集団と言っていました。
我々は集団ストーカーテクノロジー犯罪と言っています、この違いについて考えるに誰もが分かるように歌手のASKAさんは元々有名人で芸能記者に追われ、一般人に注目される存在ですので、俗に言うストーカー行為は日常茶飯事だったのです。

ですから一歩外に出ると、我々の言う集団ストーカーはデビュー当時からの事であり不思議ではなくサングラスをしマスクをし変装をし外に出なければならない存在です。
ストーカーをされる理由もあり、注目されるだけの人気があったので当然でありそれを有名税と考え我慢していたはずです。
芸能人や有名人はどこに行くのも注目される事を前提で準備をし外出せねばならない人達なのです。仄めかしやストリートシアター、コリジョンキャンペーン等の手法はファンの仕業か芸能記者の仕業と考え無視していたのでしょう。
ですから集団ストーカー行為を受けていても効果は少ないのと慣れているのであまり気にしないでしょうし、その事を覚悟し外出していたのでしょう。
ですからおのずと盗聴盗撮集団と言う呼び方を使っていた事は皆様方もお気付きで、あまりASKAさん、それ集団ストーカーテクノロジー犯罪の間違いじゃないですか?とは言わなかったと思われます。
今は覚醒剤の妄想等という事は全く無いとの見地から話します。

ここで分かる事は人は自分の被害を中心にものを考え、固執しがちだと言う事です。
ASKAさんは「ほのめかし」は分からない存在ですしテクノロジー被害はハッキングだけのようです。
ASKAさんの書いた「盗聴国家日本」と言う本が早く発売されればどのような被害内容であったかが白日のものとなります。
しかしタイトルから覗い知る事の出来るのは今書いた事です。
タレントの清水由希子さんが集スト被害を訴えていたのと比べると、やや違いを感じますし、集団ストーカー被害が一定でない表れでもあります。
そしてこの一定でない点と加害勢力の一定ではない事が憶測を呼び、一般人には本当に有るのか妄想なのか理解出来ず、統合失調症の人や覚醒剤使用者の妄想であれば理解出来納得し、それで片づけるのですが、被害者が同じように憶測し合っていてはお手上げです。

ガスライティング犯罪は、人に応じて毒の処方の加減をします。
ここに一定に思われない差異を生じさせ、被害者同志でももめたりしがちです。

被害の度合い初期、慢性期、強弱、追い込み期、安定期等様々な症状を見せる犯罪でもあり、本当に傍にいる人でも病気と見間違う事もあるでしょう。

ASKAさんは、音楽家でこもって仕事をするタイプとご自分でも言っていましたので、外出時の注目を浴びる状態から、解放されるのが、このこもっている時で、それこそネットの世界は歌手ASKAを意識せず素の本人でいられた場所だった
のではないかと思います、それを邪魔した存在が盗聴盗撮集団であり、歌手ASKAさんにとって、束縛のない時間と空間を蹂躙した存在が盗聴盗撮集団と言う名称がぴったりだったのでしょう。

実は私は、今度図に描こうと思っている事があります、それは被害者の程度を人目で分かる早見表のようなものです。
私はローテクのみと言われる方もハイテクも受けていると考えています、恐怖を煽るつもりはありませんが、全く被害に気付いていない被害者もいるはづですし、監視のみ、警告監視、集スト警告、テク犯警告、そして強弱。
このように見ています。
その図は正月休みに作ります。

日本国内に於ける集ストテク犯については、加害者もバラバラで被害内容もバラバラ、大体こんな感じみたいな程度ではいつまでも加害側の思う壺であります。
ある一定の物差をもって測らなければなりません、㎝、ヤード,尺、ピクセル等バラバラの物差、その物差も間違っている可能性のあるものでは一向に白日に犯罪を示せません。
加害の方程式と共に集ストテク犯を測り、要らぬ恐怖感を持たないで済むように被害者に一定の犯罪者感を理解どころか、真実の加害者をあぶり出すのです。
少々お待ち下さい。

集団ストーカーテクノロジー犯罪の犯罪組織の正体とも言うべき内容はここにあります。
私と同じ考えです。
小松さんの話を聞けばASKAさんの事も理解出来、創価やキリスト教等各宗教、企業、ヤクザ、防犯ネット、各政治結社、各省その他が関わる理由と張本人が分かります。




集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

少し拝見しました、そこで

>盗聴盗撮集団と言う名称がぴったりだったのでしょう。

アスカさんのブログは、集スト被害者Mの仄めかしがされてます。私にはそうとしか思えませんね。本人,アスカさんがブログをかいている、誰の意見も入り込んでないのかもわかりませんが、ブログは集ストのネットでの仄めかしのようなものがあり、気持悪いです。

集ストは最初の消された?ブログでは集団ストーカーと書いてましたよね確か。
しかし、お茶の事件後のは書き方もなんか違う。

>小松さんの話を聞けばアスカさんの事も理解出来、創価や

この動画が見れなかったのですが、内容をしりたいです。

昨年の暮れ辺りの記事からだと思います、小松さんの動画を調べたら消されてましたね、
現在小松さんは逮捕拘留中で、情報提供者も捜査されているので、この動画をアップした人も
ビビって下げたのだと思われます。

ここには警察の覚醒剤のみならず、でっち上げ工作の凄まじさが小松さんの口から述べられ、
日本が警察国家、監視国家になりつつある、そんな事が言われていました。
国家の中に国家がある二重国家だと言う事で、我々の知っている普通の日本の外側に
もう一つ枠がありそれが、司法権力により取りまかれ見はられ、不穏な者は排除される
そういう話で、ASKAさんもまた、その絶対国家権力の怖さを身にしみた出来ごとだったはずです。
その後の変化はそれが元かもしれませんね。

返信ありがとうございます。

>ASKAさんもまた、その絶対国家権力の怖さを身にしみた出来ごとだったはずです。
その後の変化はそれが元かもしれませんね。


askaさんの変化は創価か何か権力に屈したかもしれないと言うことでしょうか。
だとすると、askaブログは集スト加害側になったのでしょうかね、もともと?
だとすると、集スト加害側のブログだということですね。

askaさんが集スト被害者Mを知らなくても何かの方法で仄めかしをさせられてるかも知れない。もしくは被害者Mを加害者と間違ってるかも。

不穏なものとは、私のような集ストを暴露する集スト被害者もでしょうか。

小松さんは何で逮捕されたのでしょうか、何者でしょうか?

Re: 返信ありがとうございます。

小松さんはらびっとこさんのブログ記事を参照して下さい。
小松満裕氏
http://rabittokosan.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

私は基本的に被害者が加害者になるように見えるが被害者だと思っています。
と言うのは真の加害側は表に出てきません、集ストのエキストラ的なものは別にして
表に出てくる加害者と思われる人は、本当は単なる被害者で、テクノロジーにより
そのように別の被害者に感じるように、マインドコントロールされていると考えます。
こう言うと頭がおかしいと思われるので通常は言いませんが、ここまで不思議な現象を
いつも見せられれば、そう思わざる終えないものがあります。
単に精神疾患で終わらせる事も出来ない現象です。
ですからASKAさんが加害側と言うのは、そう見えるようにコントロールされている可能性が
あると思うのです。
簡単に言うとASKAさんでも誰でもいいのですが、3つの道が目の前にあり、
加害側のアンかリング等により、その右側の道を選んだとします、しかし本人が選んだ道なのです、
その人のパーソナリティーを200%把握し示唆し方向付けられると、本当は真ん中の道を
行くはずが右を選んでいたという事が起こります、その右は実は加害に見える行動かもしれません、
しかし本人は何の加害心もなく右を選んでいるのです。
被害の中で、そのように感じた事はありませんか?
まるで何人もの被害者同士の思考を繋ぎ共有させられていて、発した言葉が別の被害者の少し前に
発した言葉だったり、タイミング良すぎる電話や、その中で使われるワードです。
メールもそうです、ブログのタイトル、ニックネーム、精神疾患等で括るにはズバリすぎます。

また今まで頭の中だけで思っていた言葉を、何故か誰かが話したり、聞いても何か理由があり
加害で誰かに頼まれた分けでもない等という事です。

私は今までブログの内容に、この様な事はあまり書いてません、何故なら頭がおかしいと思われる
事柄で、それを理解しているので口外しませんでした。
個人的に被害者と話す場合も、極々稀で気を付けています。

そして私は公安警察だと言ってますが、85パーセントの正解といっていて、断定はしてません、
残り15%の中には、本当に皆病気だいってしまっている、宇宙人の仕業か等も含め、
許容量はまだあります。
その状況で人様の事を、しかも歌手で有名人の事をとやかく言うのは憚られます、
その人の人となりや、生活環境や、生い立ちなど知らないのですから偉そうには言えないとも思います。
しかし集スト等とチンケな名称で言われているが、巨大な力が働いているのは実感している分けです。
ASKAさんが留置場で悪魔と取引をして加害側になる事を誓い、変化した等とは到底思いません。
となると先に述べた要領で加害に見える言動や行為はマインドコントロールです、
孤立している方は
分り難いが、加害行為では体験しているが、被害者同士で余りにタイミングの良い加害に見える
聞こえる言動、行動は、理解し難い何かによりリンクさせられていると考えるのです。

安さんは全ての行動を200%把握されていると、次の行動は読めると言ってました、
そのように大人が子供の行動を前もって予測するように加害が行われていて思考盗聴等無い、
必要ないと言う考え方もあります。
囲碁や将棋、チェスで人間以上に次の手を読めるコンピューター、そしてジャンケンロボットは
人の次に出すグーチョキパーの微妙な筋肉の動きを察知し負けないという事です。
流出した公安警察のデーターではイスラム教のモスクの事務員の行動確認でコンビニで
テープを買った等と報告されていたとありますが、
実際の行動確認はもっと微に入り細いにいる、例えばコンビニの駐車場のどの位置に車を止め
何秒後にドアをあけ、どの通路を通りコンビニに入ったか、その時の客の人数と服装から何から何まで
モニターされている程の行動確認であり、結果テープを買っただけなのだが、その中には
極々微妙なアンかリング材料があり、それを利用しているとも言えます。
まだどの程度の機械があるのか分らない今、どちらとも言えないのが現実で、どれも個人の脳内で
止まる主観的なものです。

皆さんはどう思われますか?
これは第三者が見る可能性のあるブログでは書いてはいけない事と私は決めています、
被害者同士で実際会って話すべき内容と思います、質問に答える為に述べましたが、
やはり頭がおかしいのかと思わないでほしいと思います。

> >ASKAさんもまた、その絶対国家権力の怖さを身にしみた出来ごとだったはずです。
> その後の変化はそれが元かもしれませんね。
>
>
> askaさんの変化は創価か何か権力に屈したかもしれないと言うことでしょうか。
> だとすると、askaブログは集スト加害側になったのでしょうかね、もともと?
> だとすると、集スト加害側のブログだということですね。
>
> askaさんが集スト被害者Mを知らなくても何かの方法で仄めかしをさせられてるかも知れない。もしくは被害者Mを加害者と間違ってるかも。
>
> 不穏なものとは、私のような集ストを暴露する集スト被害者もでしょうか。
>
> 小松さんは何で逮捕されたのでしょうか、何者でしょうか?

ご返事有難うございます。

>皆さんはどう思われますか?
>これは第三者が見る可能性のあるブログでは書いてはいけない事と私は決めています、
>被害者同士で実際会って話すべき内容と思います、質問に答える為に述べましたが、
>やはり頭がおかしいのかと思わないでほしいと思います。


これはとは、加害側の手口でしょうか?
それとも
>アスカさんのブログは、集スト被害者Mの仄めかしがされてます。私にはそうとしか思えませんね。<
この様に、askaさんのようなどちら側か分からないのに、集ストである仄めかしがあると私の様にブログやコメントに書くことでしょうか?

私はですが、リラックスさんが、あたまがおかしいとは思いませんよ。

あと、教えて下さったあたりを見てる途中です。
なんか、まだまだ情報に追いついて行けず、
また何か疑問でてきたらコメントするかもですが、もしよろしければ、その時は宜しくお願い致します。

それにしても、このブログの更新、返事、など活動には時間、手間などなど大変でしょうね、そんな中、教えて下さりありがとうございます。

Re: ご返事有難うございます。

これはとは、
ブログの閲覧対象者の違いによって異なりますが、被害を日記風に書き綴っているような場合
また、見る人を被害者を主に考えている場合によって違うと思います。
基本私のブログは周知目的で加害、被害者以外の第三者をターゲットとしています、
現実は加害者と被害者しか見ていないのが実情ですが、基本的に多くの人に犯罪を知ってもらう為の
ブログとして運営しています。
そこで現在は見る人が少ないが、いずれ第三者が見る機会が多くなった時、
被害者意識だけで書いたものは、偏見がありますから誤解されるおそれがあると思われる、
サブリミナルメッセージ的な、加害者がメッセージとして音声送信した内容や、それを
どう受け取ったか等、被害がありそれをどう受け取ったかという、どのようにも取れる
主観的な、第三者が見ると納得しにくい妄想と受け取られても仕方のない事などです。
被害者同士がブログを見て語り合う事は解り合え、共通の問題として普通に話し合えるが、
世間の人達は、どう受け取るか?
極端な話、裁判官が、陪審員が、このブログをどう見るかを意識していかなければならないものと思います。
ですから被害者の常識だけを書くのではなく、それを第三者にせめても努力し言葉を選び
理解されるように書いているつもりなのです。
なかなかそうは行きませんが、それを意識し加害者の視線も当然意識しているので、
わたしのブログは被害者には納得のいかない部分もあるかもしれません。

> >皆さんはどう思われますか?
> >これは第三者が見る可能性のあるブログでは書いてはいけない事と私は決めています、
> >被害者同士で実際会って話すべき内容と思います、質問に答える為に述べましたが、
> >やはり頭がおかしいのかと思わないでほしいと思います。
>
>
> これはとは、加害側の手口でしょうか?
> それとも
> >アスカさんのブログは、集スト被害者Mの仄めかしがされてます。私にはそうとしか思えませんね。<
> この様に、askaさんのようなどちら側か分からないのに、集ストである仄めかしがあると私の様にブログやコメントに書くことでしょうか?
>
> 私はですが、リラックスさんが、あたまがおかしいとは思いませんよ。
>
> あと、教えて下さったあたりを見てる途中です。
> なんか、まだまだ情報に追いついて行けず、
> また何か疑問でてきたらコメントするかもですが、もしよろしければ、その時は宜しくお願い致します。
>
> それにしても、このブログの更新、返事、など活動には時間、手間などなど大変でしょうね、そんな中、教えて下さりありがとうございます。

また、質問すみません

>テクノロジーにより
そのように別の被害者に感じるように、マインドコントロールされていると考えます。

テクノロジーとは具体的になんで、どのようにマインドコントロールできるのでしょう?

テクノロジーだと、ネット盗聴、ハッキング、盗聴器、GPS、マインドコントロールは、仄めかしされてると人を信用できなくなるくらいしか思いつかなくて。

>3つの道が目の前にあり、加害側のアンかリング等により、その右側の道を選んだとします、

アンカリングも具体的にもっと教えてもらえませんか?3っつの道の1つに好きな食べ物屋があるので好んで通るとかでしょうか?

Re: また、質問すみません


テクノロジーですが、知らない方が幸せかもしれません。
思考盗聴、音声送信等テクノロジー犯罪の、
もし実感がないのでしたら、ローテク被害のみのようですね。
sakiさんの言っているネット盗聴、ハッキング、盗聴器、GPS等は通常
現在のハイテク技術として認識しているものですが、それ以上の途方もない先端技術が
ある未認識のものです。
これ以上は、第三者や通常は頭がおかしいと思われる話しに聞こえるので
それが更に統合失調症と言われる由縁でもあります。

一般的な機器を使って仄めかし等で精神状態がおかしくなり、神経状態が乱れて
その反応が身体に出て来たと思われかねない話です。

この犯罪の被害者は、それが内部から来ている事ではなく、外部からされている事を
身を持って実感しています。
またこれを言うと、頭が可笑しいと思われる事も十分知っています。

症状のみあり、外部からの物と自分の中で断定している加害と分かるものがあるのです。
それがテクノロジー犯罪です。
ブログには当たり前のように、テクノロジー犯罪と書いてますが、その中身をいちいち
説明すると、この人頭がおかしいといわれかねないくらい飛んでます。
ですから前置きをしっかりしてからでないとお話し難いものです。
また理解しようという前向きな姿勢が無いと笑われかねないものです。

しかしその被害者達が言っている事は差はありますが、大体似ていますし、皆実感を伴い
訴えているものです。

ここからは私は余りブログに書くことを控えてもいるテクノロジ犯罪の領域で大変誤解されやすい
微妙な内容です。
電磁波、超音波、マイクロ波といった目に見えないものを使っているのです、
様々な事が可能です、マインドコントロールで言いますと、
ターゲットを思い通り動かす為に使われていると考えます。
それは人の苦痛を、様々な場所や強弱、症状を現出します。

ローテクもそうですが、単に苛め虐待と受け取っている場合も確かにありますが、
管理コントロール目的のものがあります、その人のパーソナルに合わせた、痛み、かゆみ、
熱い、冷たい等の感覚です、それは皮膚感覚のものから内臓や神経、筋肉、骨に渡り
様々な症状を0,1ミリ単位で、髪の毛一本に至るまでの感覚で感じさせます。

そしてパブロフの犬の例えのように、意識付け調教していくからコントロールが可能で
単なる虐待ではなく、体罰的要素を持ち人をコントロールする事が可能なのです。
これは身体攻撃を受けている方々の強弱で分かります。

とにかく恐ろしい事に何でも出来ます。
これが真実です。

そして思考盗聴や音声送信、映像送信は、身に受けた人しか分からない未知の感覚で、
目に画像を見せる事が可能で、頭に音声を聞かすことも可能なのです。
しかしこれらを24時間受けている方もいれば、そうでない夢や潜在的にトラウマを植え付けるような
形を取り、第三者に理解不能で、結果だけ話すと、悪い夢をみたのではないか?
何か薬を飲んだのではないか?
幻聴、幻覚、幻視と思われます。
それらは、そう言う事が可能な機器を先に解説を聞いた上でないと第三者は理解不能で
理解不能の事は無い、言っている人の方が可笑しいと言う結果になります。

本当の被害者でしたら、自身の身体の事ですから、その違和感というのは、只事では無い感覚で
自信が原因では無い事を自覚出来ます。
またローテクも込みですと、当然のように加害組織があり受けている内容と判断します。

しかしその姿は第三者から見れば、統合失調症、若しくは身体の異常にしか見えないのです。
それがテクノロジー犯罪の狡猾且つ残酷な犯罪で完全犯罪なのです。

わたしが言うまでもなく、様々なテクノロジー関係の資料は調べれば、集ストと同じように
沢山出て来ます。

アンカリングに関しては過去記事を参照下さい。

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
2015/02/03
アンカリング(認知バイアスの一種)

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
2015/02/06
アンカリングの怖さ

http://liferelax.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
2015/02/16
アンカリング(具体的例)