目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
金沢市の同一犯による被害者
私は石川県金沢市に於いて、集団ストーカーテクノロジー犯罪の被害を受けていますが、同地域には他にも大勢の方が、この被害に苦しんでいる。
インターネットで検索しますと、そのような書き込みがあったり、プログがあったりします。

その中で ぎんのよるさん の明滅日記は、最近更新されていませんが、昨年の春から夏にかけての被害記事が載っていました。

明滅日記
http://arukuginnanginnoyoru.blog.fc2.com/

私の被害内容と合致するプログで、完璧に同一犯人のもので連絡を取り協力したいと考えています。
これを見るに、被害のひとつひとつの事柄が一致しています、現在毎日コメントを書き込み、目にする時を待っています。
ブログを立ち上げるという事は、かなり勇気のいる事で、被害拡大に繋がる可能性があり
更新が途絶えたのではないかと心配しています、またその影には大勢のブログも作れない人やパソコンを使えない人等、被害者同志コンタクトとれないでいる人もいるはずです。

この状態は集団ストーカー側の天下と言えますが、こうしてブログが消されす存在し他にも大勢の全国の集団ストーカーのプログを見る時、中国のように不味い記事がテレビやネットに流れると完全に消したりして、テレビのチャンネルが映らなくなったり、ネットは約3万人のネットの検閲者によって消されている事から考えると日本の現状は一応言論の自由は保たれ、集団ストーカー側の限界を感じさせます。
私も最近こうしてプログを立ち上げ、記事を書いていますが、妨害はあるもののちゃんとアップ出来ます。
まだまだ許容範囲で、今後プログを消されたりするような事があれば問題ですが、コソコソやる程度で、大人数とはいえマイナーな宗教団体ですし、公明党は国家権力に入っている
とはいえ、大多数は自民党ですし、いつ政権から転がり落ちるかわからない現状があります。
私は顕正会に属していましたので、良くわかりますが創価学会が一時期の一千万人日本国民の10分の1と言っていた頃とは今は違います。
約25年前から減少の一途ではないでしょか、海外の方で増えているようですが、国内は全然少ない現状です。本当はさみしい限りです。
選挙で勝っているのもご存知のように住民票を移転して辛うじて勝っているようで、時が変わればアッと言う間にいなくなる存在のぎりぎりではないですか。
信仰心や信者獲得の手段として集団ストーカーやテクノロジー犯罪を使っているので
あれば、これは逆効果ですし、脱会者を止める為に使うにしても、国教でもないので明るみに出れば逆効果すぎる。
人口を減らすという事が真の狙いなら理解出来るが、大変な作業で放っといても人口は今後減るでしょう。

裏で人を操るにしても、明るみに出れば逆らう人は何があっても逆らうでしょうしバカバカしくて相手にしないだろう。
世の中のこんな事で、操られる人がいる事が信じられないし、方向が違うと思う、
まあこの25年間に会員が増えなくて、会を維持していく為に出来上がった、防衛的手段で、会の体質上理解出来る。
そして利権を貪る為に自分の生活の為という事でしたら理解出来るが、おそまつすぎる。どう考えてもキモイだけ。
また、敵対する宗教や政治の重要人物に対して行う為のトレーニングとしては参考になると思う。これは実行されているはずでしょう。

話は戻りますが、同県にいる被害者が大勢いる事実があり、周知活動を続けていけば被害者の集団が出来ます、これは僅かでもかなり力を発揮しそうです。
ひとりひとりに密かに行うからこそ効果のある集団ストーカーテクノロジー犯罪ですから集団になれば真相が掴め、誰が、何処に住んでいて、担当が何でという事が判明して来るはずです、実際の犯行グループは少数で主犯格がいて、情報の高低があり、罪の意識の差がありますが、犯罪を解ってやっている者のあぶり出しを行う事も可能です。
そうなってくれば、芋づる式に犯行グループが浮かび上がって来る。
はじめは一人から始まり二人三人五人十人、五十人と集まる、この活動こそ針の一穴で、この犯罪は崩壊します。
時間はかかるが、気づいたらもう終わってしまったという感じでしょう、また、組織側もトカゲの尻尾切りのように、その者の単独犯にしたてて幕引きにするでしょう。
創価学会等という、どうしょうもない団体はなかなか無くならないのは目に見えています、百年単位で考えないと消えないでしょう。
これも顕正会と学会の戦いをずーと眺めて来ての実感です。
そして集団ストーカーなる行為も創価学会池田大作の持つ体質から出ている事も理解出来ます。
表はにこにこ笑い善人そうで、つゆほどもこのような犯行をしそうでないように見せ、その実お腹の中はどろどろのどうしようもない嫉妬心の塊、こころは歪み捻れもうどうにもならない真っ黒の腹の中、修羅そのものでしょ。
仏法の話しはここではしませんが、根っこがどこにあり、頭がどこにあるかをしっかり見、狙いすまして枝葉やヘビの胴体には目もくれず頭をこそ狙うべき犯罪です。
狙うと言っても首謀者を見つけ頭を潰すとうい意味ではありませんよ、枝葉に囚われると収集付かなくなると思われます。
前出のぎんのよるさんもご自分の集ストの首謀者の顔を知っているようですのでただ照合すれば済む話しという事です。
そして立証する為には、認知度を上げる必要があります、今準備中でチラシの印刷を月1万枚づつ、金沢市内から順番に近県にも行っていく予定です。
これも早々には効果は望めない事も承知の上で、一人でもとの思いからです。

更に今後被害者の会ネットワーク、SDHの運動とも連携して周知活動を実施していきますので近くの方で、
もし、このブログを見ることがあり協力したい方はメール下さい。

リラックス メールアドレス
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.