目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
furanさんへ
furanさん今晩は!

コメント返事が送れなくされていますので折角書いたのに消されると
またやり直しなので記事に書きます。

その前に熊本地震で被災された方々に応援メッセージを贈ります。
頑張ってください‼

ここからfuranさんのコメントに対する回答です。
私の見解の疑問と批判ありがとうございます。

私も創価学会がやっていないとは言っていません、日本であらゆる人間を使って組織的に動かし、嫌がらせガスライティング等と言う犯罪を出来るのは創価学会以外にありません、その力も影響力も日本国内では他の追従をゆるさない位多い人数です。
しかし私の様に顕正会にいた事もあり、現在正宗の檀家でいると分かるのは現憲法に触れるような盗聴盗撮を仕掛ける、通信傍受をする、不法侵入をする家宅侵入をする等の誰が見ても分かる犯罪には、機器を使ったり
合鍵を作ったり、ピッキングをしたり、通常知られていない盗聴盗撮方法を使用したり、
まるでドロボーの様な行為を、創価学会信者がするとしたら学会を脱会して顕正会や正宗に来れば、その悪事は表に出ます。
ましてや電磁波ハッキング、電磁波攻撃、超音波による肉体攻撃、DPSチップの体内埋め込み、脳と思念への介入等、創価学会だけですと既に情報は出て来てもおかしくないくらい犯罪の期間があるのに、一切出て来ていない。
みな知っているような事は言いますが、人体実験のように使用され私等も日々感じているわけです。
これは顕正会でも正宗でも聞いた事がありません。
創価の幹部だろうが多く創価を止めて入ってきているにもかかわらず知らないのはどういう事でしょうか?
自公政権が出来た1999年辺りからネット上にこの犯罪が出て来たようですが、その前から被害者はいます。
30年前の創価や共産は野党同志で仲の悪い間柄で盗聴合戦のような事をしていました、
の知る限りでは、創価全盛はその頃です、会の内部での嫌がらせ等の話は良く聞いた事がありました。
宗教団体内で村八分に合う事は、かなり苦痛ですが、背信行為と捉えられての嫌がらせですと、信仰があると黙るしかないのです。
そんな時顕正会や正宗の話を聞けば脱会し、全て打ち明けるはずです、それなのに集ストの嫌がらせ程度なら、公明党の敵、政敵と吹聴すれば悪い事と思わず悪口や、仄めかし等の集スト行為をするでしょう。
それは子供や老人でも、平気でやるものです。
今では仏敵と言って、創価に敵対する者を糞も味噌も一緒に批判する末期的段階のようですが、テク犯や実行犯罪の証言が出て来ない。
元広宣部の人は一杯いるでしょうが出て来ない。
稀に創価のNTT社員が通信記録を漏洩した等の犯罪は有るものの個人的で片づけられています。
私も車のタイヤを緩められた経験がありますが、私の属している寺では信者がブレーキオイルのパイプを切られた話も聞いています。
しかし個人的犯行で片づけられています。

ここで前公安には宗教色が無いと証言を書きましたが、これは聞いた話で実際元公安の島袋さんは創価学会でした。
顕正会にも自衛官が多数入信していた時代がありました。
若い頃私も自衛隊に入ろうとした事があります、今から40年前ですが当時は宗教に入っているか、やはり調べられた事がありました。
時代は変って来ていますので公安警察と創価は別々に考える事も無いのですが口の堅さ、証拠の出て来なさ、ここが味噌でここから逆算して考えると創価は口が軽いCランク、公安警察はかなり口が堅いAランク
在日はBランクと考えられます。
勿論私の見解も途中診断ですので完全ではありませんが、公安警察の行動確認は、大規模集団ストーカーと我々が読んでいるものです。
何百人何千人を使い集スト手法を使い行っている事は確かでした。
これはオウム真理教のアレフに対してと世間でも理解されるように発表しています。
石川県はアレフの関連地域で以前、公安警察が大規模でやっていた事を、私が周知し出した後新聞で発表しました。
前回のブログ記事で共産党が質問していたのはイスラム教徒に対してもこれら公安警察が行動確認と称して寺院に出入りする人全ての個人情報を通信傍受うし把握していたと言う事を質問しています。
マッチポンプだから一般市民が納得する範囲で表にはだすようで、イスラム教徒は中国人、朝鮮人等と違った意味で日本国民に恐怖を与えかねない存在として表で発表しても不思議ではありませんし、アメリカ等は9.11以降露骨に
監視しているはづです。
では公安警察はそれらだけ監視しているのでしょうか?
警察の体質という意味でブログに「ポチの告白」という映画を載せました。
集ストの手法は、日常のように警察はやっており、でっち上げ捜査、覚醒剤からみの捜査は100パーセント、でっち上げ捜査だそうです。
集ストには風評被害等もあるが、警察のでっちあげの手口はそのまま我々被害にも当てはまります。
そして警察だけではなく検察、裁判所も、物を言わせず逮捕拘留等は集ストの被害者に物を言わせず、精神異常と決めつけるやり方とそっくりですし、警察の犯罪を訴えてもマスコミは報道しないどころか相手にもしない。
矢野委員長が外国人記者のインタビューで発表するのみであった事と同じです。
創価学会とこの警察の裏側は結託しているのは手口、証拠をとらせず、黙らせる方法として一致していますが、創価信者にこの犯罪の核心部分を任せると外に情報が漏れかねないという事を私は言っているのです。

ですから集ストテク犯の手法の裏側に経糸として警察権力が最重要部分として存在すると言っている訳です。

創価学会は日蓮正宗だったから、あれだけ大きくなれたのです現在日蓮正宗を破門されて、勤行にまで観念文に一代目会長牧口、二代目会長戸田、そして池田と勤行の中に読ませているようですが、末期も末期。
小さくなる一方しか道は無い団体です。
まだ時間はかかりますが、その方向に自身で向っています。
顕正会と創価の50年以上の戦いですら差が縮まっていないのです、時間はかかるが先は見えている話です。
信仰の教義から言うと、すでに魂が無い死者の身体と同じ団体です。
今後自公政権で法律を定め、集ストをやり易くしたところで、公明党自体が政権からはずされる時代になるのです。
その時また法律を変えれば良いのです。
私は創価の相対革命等、絶対無理と思っていますので、この犯罪は既得権益利益の為に行われていると確信しています。


前記事の集スト図解の縦が公安か創価かの考え方の違いではないかと思いますが、創価学会の多い若しくは力のある地域では創価だけの攻撃もあるはずです。
それ以外考えられないと言う事も理解出来ますが、公安警察にこそそのマニュアルがある源があります。

これは手法としての集スト犯と言う意味です。

furanさんは私と同じ仕事をしていたようですので、休みの方が忙しいのは御存知だと思います、毎日ヒイヒイ言いながら仕事し活動もしています。
また続きを書きます。

furanさんの戦い方を教えて下さい。
また関東の方々の現状も教えて下さい、創価に対して集団訴訟でしょうか?

頑張りましょう!リラックス> 今晩は。お疲れ様です。

furanさんのコメント質問はコメント欄にあります。

※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.