2015/02/06

アンカリングの怖さ

ターゲットの個人情報を全て収集し終わった、ストーカー集団はノイズキャンペーン、ほのめかし、コリジョンキャンペーン、ストリートシアター電話、FAX、スマホ、ガラ系、パソコン遠隔操作、電磁波、音声送信夢への介入等を利用し、アンカリングを行って来ます。

集団ストーカー側の好みか、興味の度合いか依頼者の依頼金額によってか、ターゲットに対する被害度は軽重あり、頻度と間隔に差があるようです。
また、ある期間はノイズのみの期間、次の期間はほのめかし、ストリートシアター、そして電磁波の段階に入って行きます。
時間をかけ、慎重に念入りに進めて行きます、またターゲットの神経がおかしくなるのにも個人差があり、簡単にノイローゼになる人もいるでしょう。
その間、全く知らないターゲットならいざ知らず、誰かに加害されている事を意識させながら進めていきますから、引越しを繰り返し、家族のいる人は家族に迷惑がかからないように別居し、警察等に相談し、探偵を雇い調べてもらったりと、大変な苦労をさせられますが、一行に収まらないといはめに陥ります。
また、誰かに加害を受けている事を意識できずにいるターゲットは病院に行き、精神安定剤を服用させられ、入退院を繰り返すというパターンに陥る。

アンカリングによりこういう結果に陥るわけですが、集団ストーカー側が仕掛けているものと偶然に起こっている事の見分けがつかなくなる事の方が恐ろしいのです。
集団ストーカー専門の探偵会社と名乗る会社に一度相談した事がありますが、ほのめかし一回幾らで請け負っている復讐代行会社があると言っていました。
それは、最初の1ヶ月は毎日一回アンカリングを行い、2ヶ月目は3日に一回、3ヶ月目には10日に一回とアンカリング回数を減らして行きます、しかし
ターゲットとなった人は、その3ヶ月目になっても毎日ストーカーに狙われていると思うようになります。
これでストーカー側の第一次の任務完了し、後は依頼者の要望により金額により次の段階に進めていくというものです。

ここで大事なのは被害者は被害を受けてないのに被害妄想的になっていく事で区別がつかなくなって行きます。
この状態で知人や警察に相談すると、最近仕事が忙しくてストレスがたまってないか?などと心配してくれるでしょうが、少しおかしいぞという印象をもたせます。
何もなければ何のストレスも無く、普通に生活していたはずの人が、このストーカー連中に計画的にアンカリングされ、そうなっていった分けです。
疑心暗鬼という症状になり、誰彼無くストーカーに思えてくるはずです。
それは第三者から見ると統合失調症だとか、鬱病、神経衰弱と見えるはずです。

だからといって、これはアンカリング、これは偶然、これはストーカーとは関係ないと判断するのは、どれだけ鋭い洞察力があっても無理だと思います。
一回一回確かめる分けにも行きません。
ハッキリ集団ストーカーの仕業と分かる事もあります、明らかに不自然な行為や言動の場合、わざとやっているのかヘタなのか分からないがそういう時もある。
この事を考えると第三者、世間の人々に早く知らせないと区別の付かない人は、本当の事を理解されず病院行きになります。

短気なターゲットの場合、ストーカーと分かった場合、つっかかって行く人も中にいるでしょう、しかしアンカリングの登場人物に問いただしても無意味でしょう。証拠撮りは必要なので撮影に止めましょう。
アンカリング要員には情報の差があり、本人は犯罪をしていると意識していない者の方が多いはずです、創価学会信者の場合、普通に話しかけると普通に答えたり、こんにちはとか、ご苦労さまとかいったりします。
首謀者が希に登場しますが、その者こそ即座に殺してしまえばいいのですが、
ターゲットは善良な市民ですから、それは出来ませんし最終的には警察に引き渡さなければならない存在です、それを楽しみにまちましょう。

このような流れでアンカリングし犯罪者の目的を意識させ、誘導していくのです。
私の場合5年以上のアンカリングを受け続けていますが、どちらかというと自殺の方でも精神病院送りでも無く、犯罪者に仕立て易いタイプの被害者でしょう。集団ストーカーの人そちらの方向で宜しく頑張って見て下さい。
しかし今はそのエネルギーを周知活動に費やしていくことでバランスを保っています。

アンカリングを集団ストーカーは悪利用していますが、この手法は逆に使えばかなり良い方向に人を誘導する事も可能ではないかと考えます。
私のように営業会社にいますと、気持ちの持ちようで契約になったり、ダメだったりと気持ち一つで決まるという事があります。
よい方向にアンカリングしてくれれば、前向きにプラス思考で行けると思う、
しかし神でもない人間が、人を導いても結果は、その人の生き方だったり価値観だったりで結局その人自身ではないかと思う。
人が人を有らぬ方向に導く等という事は、つまらない事で、自分の一生を生きる事が大切ではないかと思います。
この犯罪に係わる者達は、人の人生に関与して楽しんでいるのか、目的があるのか金銭目当てなのか知らないが、くだらない事に関わっていると気づくべきです。
集団で何かをしていると、意識が麻痺し本当に価値ある行為か否かが分からず、時間を浪費する事がある、早く自首しなさい真面に戻りなさい。

話を戻してアンカリングの怖さですが、人間は実は弱い生き物ですから、そういう時間をかけて徐々に心理的に痛めつけられると、どのような屈強な者でも弱ってくるはずです。また何の頼る術、何の信念も無い場合、あっと言う間に自殺や病院送りになりかねません。
またストーカー側も信念も無い、やらされているだけの者は、いすれ綻びを見せ破綻していくでしょう。

ここまでの犯罪ですから、情報はピラミッド型で情報の量もピラミッド型で存在する底辺の者は間違った情報を持たされ、やらされているにすぎないでしょう。
ピラミッドの上の部分の者は、利権と金銭目的以外信念はあると思いますか?
無いなら先々勝負は見えます、この文章はへばりついて見ている奴らに見てもらいながら書いているので話が飛んだりしているようですが、
(監視要員は私がキーボードを打つたびノイズを送ってきます)

監視要員の方へ書房者にお伝え下さい。
今日はアンカリング少なかったじゃないか?
他で忙しかったのでしょか?
前にも書いたが、もっと刺激的にアンカリングを、ヘリのホバリング希望と書いたでしょ。
アンカリングよりホバリング!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント