目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
国家権力犯罪!監視国家!秘密警察国家!官民既得権益粉砕!
やっと分かりました!
これだけ尻尾か掴みにくい事が、この日本にあるのかと前々から本当に思っていました、私は顕正会にいた事があるので、創価学会だと簡単に尻尾を捕まえられるし、ボロを出すのは早いと考えていました。
学会なんて、いつでも脱会出来る団体で、この犯罪が表に出ないのはどういう事か、この何十年前からある犯罪が、ここまで証拠を残さないのは法律を知り抜いた者達のシナリオの元に行われていると考えるしかありません。
では警察はと言えば、この口の堅さは創価以上で、凡そ現日本でこれだけの機密を保持出来る存在はありません。
そして法律を逆手に取る事は容易い者達です、考え方も証拠さえ無ければ何してもOKな思考を持っているのです。
証拠があるか無いかで拘束されている者達です。善悪では無いのです
集ストの全てのテクニックは警察こそ周知し、実際日常使っているテクニックであり尾行、盗聴、盗撮、通信傍受DPS捜査
何でも一般市民以上の機器を使用できます。
そして指紋等の証拠を残さない、法に触れないで悪事をする術を熟知しています。
一市民の百万倍の権力と人数と時間ノウハウを有しているのです。

しかし、いくら悪事を働いていると分かっても、証拠さえ掴めなければ動けない存在でもあるのです、集ストは正しく、その裏を突いた犯罪と言えます。
またテクノロジー犯罪に関する物証の無さは考えられないくらいの隠匿性を秘めています、これは一宗教団体レベルでは、隠し通せないものです、これら全ての謎を簡単に応えてくれるのが、日本国の警察がこの犯罪を指揮している
という事です。
そして一般国民の絶大な信頼をおいている存在で、誰一人疑わない認識が確立している者です。
推理小説で、前半全く犯人と予想出来ない者が犯人である事がありますが、この犯罪の日本に於ける黒幕は、それを遥かに上回る予測不能の真犯人です。

誰が一番儲かるか?誰が一番得するか?それが犯人。
この逆算から割り出す事が重要なのです。
この場合、証拠をのこさない犯行を熟知している者だったのです。

それ以外の者たちは、それを背景として利権で結ぶ者達が利用し利用されて二人三脚となりネットワーク的に、そのテクニックを使っていたのだ。

もつれた糸が解けるように答えが現れます、迷路の抜け道が見えて来ました。
解っていたつもりが解ってなかったという感じで、この犯罪の中心は警察である。

結局“人殺しをしても証拠がなければ、分かっていても逮捕出来ない事を一番知っている者達”が、この犯行の核心部分であつたのだ。

一般国民市民というものは、特に日本国民のように純粋な嘘を嫌う国民は悪い事は見つからなければ良いとは思わない。
いずれ見つかるとも考え見つかった後の事を考えやらないものだ、それが日本国民の普通の思考回路である。
ですからこの犯罪に巻き込まれた被害者は必至で証拠を探すが、いつも動かぬ証拠とはならない、どちらともとれる内容の証拠でしか無く裁判では役に立たない若しくは否定される可能性のあるものばかりである。
しかし悪い事は見つからなければ良いとは考えない一般市民は警察や裁判官の良心というものに期待するが、立証出来ないものは罪に問えない立場ですから相手にもしないが、利用価値があり利権の道具として防犯利権、精神医療利権薬剤の利権等あらゆる利益に回していき、てんとして恥じない者達だ。

そうなれば救急車、消防車、自衛隊のヘリ警察パトカーも含めて、警察の犯罪国家権力の犯罪を隠蔽する為のブラフ、ダミーだったのです。
創価学会等のカルト新興宗教、政治結社、全て証拠を掴ませない為のダミーだった事が理解できます。
公務員、郵便局員、運送会社員、在日、同和、右翼左翼、外国人、それらの集スト員は全て、この真実を誤魔化す為の仕掛けであり、分かりにくくさせ、本当の尻尾をいつまでも出さない為の道具だったのです。
何故なら絶対本当に見つかってはならない人達がやっていたのですから。
中心は証拠を取らせない事を前提とした者、警察が中心で他は自衛隊も含めてネットワークであったのです。
何を先に置いても法律に触れない、もしくは法律では立証出来ないやり方で、ここまでの事が出来るぞと言わんばかりの肉薄ぶりを見る時、頭に乗っている権力以外ありません。

一言で言える集ストテク犯の正体でした。

私の国家犯罪周知活動は今後、これらを踏まえこれらの利権構造を粉砕して行く活動へとシフトしていく所存です。
蛇の頭はここにありました。根っこはここにありました。

つたない街宣活動ですが一年間やって来て、この世で理解出来ないような事は余り無いはずで、ここまでベールに隠された事ではありましたが、一応の途中診断が出た思いです。

電磁波やマイクロ波、超音波の機械など見なくても、これで理解できました。
要するに法律に無い取り締まれない機器なら何でもいいのです、
マイクロ波の研究をしても次々と、もっと凄いものがあればそれも使うのですからテク犯に範囲等ないのです。
(因みに復讐代行会社の電磁波、超音波の機械を購入してみました、送られて来たのは、初めから想像通りダミーの単なる玩具のスピーカーでした。今度これも記事にします。)

キーワードは証拠さえなければ何をしてもいい!これです。

警察を中心にする者が考えそうな事で海外の人達は殆どがその考え方です。
力が全てなのです。
法治国家の日本では、これらは法律に引っかからないように力を誇示し利権にありつく、そうしたシステム作りだったのです。

今後この考えを元に、どういう風に国を持っていくか、これが問題です。
精神病院に通う少女等、どうでもいいのです。

日本国は悪い事をしたら自ら切腹までして罪を償ってしまう、世界に類を見ない聖域とも言える価値観を保有する国です。

先程のキーワードが蔓延する国にしてはいけません。
いつの間にか警察がそのような化け物に変化していたのです皆さん、これからの戦いが更におもしろくなってまいりました。

ここまで来ると集団ストーカー、テクノロジー犯罪という言葉は陳腐で軽すぎる完全な国家権力犯罪である。

創価学会の相対革命など到達点の無い便乗にすぎない、権力、既得権益等利権の果てしない資本主義のなれの果てと言える。

これは大きな意味で世界にも当てはまり世界の警察を自負していたアメリカが世界に対して行っている事と構図はそっくりです。
それがユダヤ金融資本によるものであれば、そこに行き着くのも理解できるが、日本国内においては断じて、この病魔のような振る舞いは排除しなければならない。

この記事のキーワード

●証拠さえなければ殺人だろうが何をしてもよい。
●見つからなければ何をしてもよい。
●赤信号皆で渡れば青信号。

さらにそれを簡単に言うと、「自分さえよければ他人はどうでもよい」「自利のみで利他に見せて自利」そういう事が我々が言って来た集ストの正体です。
警察のように正義の仮面と正義の衣をまとっていると、この手の込みようだが、本質は、どこにもある卑怯者の仕業でしかない。

この一年間様々な情報を提供下さった皆さん、多くのブログを続けている皆さんの御蔭です。

※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
最近は、毎日数多く相談を受けています、時間の都合少しお返事が遅くなる場合もありますが、必ずお返事致します。
お気軽に質問等、こちらのアドレスにお送り下さい。
皆様のメールはちゃんと届いています。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/29 (火) 01:12:39 | | #[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/08 (金) 17:04:53 | | #[ 編集 ]
Re: No title
コメントありがとうございます。
社長の上の会長と言う事は分かります、確かに歴史の上に現日本国はありますが、例えば遅々として救出が進まない拉致問題がありますが、これは朝鮮民主主義共和国と日本国との間の問題ですが、創価や公安と言った者達は国内の国法の元に居る分けですので、その被害者は拉致問題と違い、社長の段階で解決可能だと思います、その社長が切り捨てられてもいいのです、これだけ苦しまれている方々が国内に多くいるのに助ける事もせず放置状態は考えられない事です。
これが今後、今は他人事と思っている人の上に襲いかかってくるのです、分かっているのに黙っているのは私には出来ません。
2016/04/08 (金) 23:57:56 | URL | リラックス #-[ 編集 ]
No title
どの部ログも 色チームに牛耳られてるのが、口惜しい。もう奴隷状態で。国のトップ、上部がめいすんというので、どうにもならず。日本の神様にみんなで祈る、日本人を助けてほしいと祈る。それしかない。神のお働きしか、もうとめられないかも。ここも青色なので、書いても無駄。

日本の神の形を借りてあくまを祈ってるにせ神官たち。なので日本の神様がでてこれないというのもある。心ある日本人たちはみなで、祈りましょう。とおもいます。
2016/04/13 (水) 08:37:46 | URL | ななし #rxwB1MpM[ 編集 ]
Re: No title
最近はっきり公安警察と創価と言い出したら共産党やフリメ、今度は神に祈ろうと来ました、
確かに全部分かった分けではないが、今まで体当たりで分かってきた相手と戦っているので、
更に次に何か出て来るかもしれないが、勝手に色分けしないで下さい。
少なくとも個人生活の多くを犠牲にし、正宗には違いないが何の助けも借りていません。
ここで被害者にも言っておくが人として大人の対応をして下さい。
加害者の真似をせず正々堂々、真摯に会話なり書き込みなりやろうじゃないですか!
質問や相談受け付けます!
relax@kxe.biglobe.ne.jp
> どの部ログも 色チームに牛耳られてるのが、口惜しい。もう奴隷状態で。国のトップ、上部がめいすんというので、どうにもならず。日本の神様にみんなで祈る、日本人を助けてほしいと祈る。それしかない。神のお働きしか、もうとめられないかも。ここも青色なので、書いても無駄。
>
> 日本の神の形を借りてあくまを祈ってるにせ神官たち。なので日本の神様がでてこれないというのもある。心ある日本人たちはみなで、祈りましょう。とおもいます。
2016/04/14 (木) 23:02:47 | URL | リラックス #-[ 編集 ]
20年以上被害にあっています。20才から被害にあいらじめました。
二十歳当時はテクハンとか全く気づかず生活していました怖い事がよくおこる不思議なことがよくおこると思っていました当時はテクハンとか言葉も存在しなかったかもしれません。インターネットも普及してませんでしたし?学生時代pcを買ってもらい匿名ネット掲示板で遊んでいたときいきなり私名指しで集団ストーカー?(当時も全くわからなく)のスレを見た方がいいぞと教えてくれる方?がネット上にいてそこにいったんですが創価学会のことや集団ストーカーテクハンとかのことで色々書かれていました(そのネット上の方?にごめん宗教には興味がないんだと答えました)今度はその方が?よーくよんでみろと言われたのでずっと見てたらテクハンとか集団ストーカーの事をかかれてるのがわかりました。それが初めて20才からの奇妙で怖い不可思議な出来事が集団ストーカーテクノロジー犯罪被害だと理解しました。すべてが統合失調症だと決めつける方々のいますが今はテクハンとか集団ストーカーだとはっきり認識できます。警察署にも盗聴器が仕掛けられてないか相談したこともありますがなしのつぶてです。私は現状としては国家がやっている犯罪だと思います宗教(創価や新興宗教等々は無関係だと思います個人的に)は関係ないと思います。多分国家がやっているものかと?思いますネット声をあげましょう!テクハンを止めろ集団ストーカーやめろー!私は現状ど田舎に住んでるので飯田橋のNPO法人テクノロジー犯罪被害ネットワークには参加できません。でもネット上で声を上げさせてください_(._.)_このブログ主様を応援してます。
YouTubeで活動見ました。またどこかでノシ
2016/05/03 (火) 21:29:45 | URL | 20年以上テクノロジー犯罪被害にあっている者 #qbIq4rIg[ 編集 ]
Re: 20年以上被害にあっています。20才から被害にあいらじめました。

御返事大変遅くなり申し訳ありません。
応援ありがとうございます、この5月の連休は大変忙しくブログチェックより連日行った活動の動画をアップするのに夜はネットカフェという日々でした。
身体的に疲れと時間を使いヘトヘトの中ハードな仕事をこなしています。

元気です!
確かに創価学会だけと言うと、単なる宗教団体となり限られた範囲の悪事となりますが、学会員は様々な分野に配置されていて力を有していたりしますので影響力は多大だと思いますが、多く見積もっても10対1の割合で影響力の及ばない
人が多いのが日本の現状です、しかし昨今の自公政権の長期化は徐々に多い方の人々を縛り上げていっているように感じます。
本当に知らず死ず知らずに絡み合っているネットワーク犯罪で、時代のうねり、流れとなっている動きの一つではないかと考えます。
だが私はこれは一過性の流れでしかないと考えます、日本国の人類史上稀有な国体は今後世界をリードすべき内容で、それだけの歴史を育んできた国はありません。
これが消えてなくなり、独裁国家のような道は絶対に歩まない素地が出来あっている国と
考えます、世代が変り毒されて行っている感はありますが若い日本人の方も災害等の緊急時には本性を発揮しているように思います。
平時に、我々日本人の優しい、いい人の部分を利用し悪さを企み、いざという時に身動きを取れないようにしている、本当は弱く優しくない悪い人達がいる分けですが、有時乱れた時代には日本人の真価が自然と顕れます。
危機感を持つ事と、平時にこそ、それを知らせていく大事を感じていますし、いずれ全て分かる時が来ます。
その時皆口を揃えて、私もそう思った!という民族性です。

テクノロジー犯罪は、加害者側は絶対に秘密で逃げ切りを考えていると私には思えます、今でも「テクノロジー犯罪」と言うだけで頭のおかしい人と決めつけられ笑われます。
それはどうしても担保として、とっておかねば困るのです。
このテクノロジーはいずれ表に発表されるものです、遠隔から物に影響力をあたえ思念で物を動かす伝達する技術は人類の発展、科学の発展以外何物でもありません、最初悪用されるのは常の話しです。

これも逆に考えると、未だ権力側もこのテクノロジーをもてあましている、どのように人類の発展に利用すべきか見いだせずにいるのが現状かもしれません。

20年前からの被害のようですが、是非知っていらっしゃる事をインターネット上に全部公表して下さい、お待ちしています。
2016/05/15 (日) 00:13:22 | URL | リラックス #-[ 編集 ]
No title
こんにちは。初めましてテクノロジー犯罪被害歴は8年のこうたと申します。

テクノロジー犯罪被害軽減対策法のブログの主です。

加害者らの目的というのは、サッキュバスという男を惑わせる女の悪魔をよく知ると

わかってきますが、サッキュバスは「幼年男児を拷問にかけ憎悪、憎しみの苦しめ」

によって「幼年男児」から「女に類似したマインド」を合体させている悪魔です。

つまり、サッキュバスという悪魔の「女の魅力」というものは、

「幼年男児の憎しみ、恨み、拷問」から出たマインドであるのです。


女が、「男を狂わす、惑わす」には幼年男児の苦しみと合体させることで

惑わすことができます。



これを原点に被害者の役割がわかってきます。

なぜに?加害者らが多額の経費、年月をかけて、「被害者を拉致し追跡し苦しめ、恨み」を

与えつづけるのか。


つまり、被害者の「苦しみ、悩み、憎悪、拷問」によって

「反対の性のマインド」を抽出し


それを加害者らが「かぶる」ことで


多くの日本人を「混乱」させる目的で使用するのです。


たとえば、説教議員という国会錯乱させるだけの加害者らの議員がいます。


この奸臣議員は、 「女の苦しみ、さけび、拷問、悲痛」の抽出によって


男のマインドにみえるが「女の拷問被害者」をかぶっているのです。


正しい心の持ち主の女性を「拷問にかけるほど」


説教議員の言い方は「正しい心の持ち主」のように

周囲の議員に説教させることができます。



また、やくざなどもかぶっています。


やくざも「周囲をビビらす、日本人をビビらす」ために

正しい心の持ち主をテクノロジー被害者とし、


拷問→抽出マインドによって「それをかぶり、ビビらせる」目的で

やっているのです。


一度、テクノロジー犯罪被害者にされると、加害者らは絶対にあきらめることはありません。








2016/05/30 (月) 18:34:02 | URL | こうた #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.