2017/08/31

9月の活動決定告知!秋葉原のみです!

2017080222235095b.png

『9.11秋葉原電脳ビリビリチラシ配布祭り』
9.11秋葉原チラシ配布、懇親会、討論会の予定!

2017年9月11日(月曜日)

11時30~45分集合 山手線秋葉原駅中央口改札前(改札を出た所)
 12時~秋葉原チラシ配布活動開始! 15時まで
その後近くのレストラン等で懇親会
そしてやはり近くのカラオケボックスで討論会
※大体いつも21時位になるのですが、途中参加、懇親会のみ、討論会のみ、
チラシ配布活動のみ等自由参加です。
(秋葉原では通常のチラシと共に集団ストーカー映画製作委員会の
製作協力者募集のチラシも配布します。腕章を用意しますので宜しく
お願いします)

◎雨天でも一応決行します、逆に暑い場合休憩を取りながら行います。
制限はありません、チラシ配布はカメラを録りませんが、マスクや帽子着用したい方は自身で判断し御願いします。
無理をしないでのご参加をお待ちしています。
20170831091655bf4.jpg

★連絡先★
relax@kxe.biglobe.ne.jp

みんとさんが母親の容態が悪く付いていないといけないとの事で当日は参加出来なくなり、折角準備を途中まで手伝っていただいていたのですが残念です。
特に無字右衛門さんには警察の許可申請等御足労頂き感謝しています。

秋葉原の後横浜でと考えていましたが、時間の都合等考慮し秋葉原一本で、この日は活動します。


●『疑心』と『暗鬼』

多くの被害者さんとお話をしていますと、ローテクハイテク関係なく、この犯罪に皆で立ち向かわなければならないのに疑心暗鬼により、まとまり難い事が多々あります。
特にローテクの方こそハイテクで苦しまれて動けないような人の為に行動も起こせるはずなのに、なかなか動けない。
この犯罪により被害に取り付かれ、囚われ一歩も前に進めない、身動きできないでいるようです。
それをも計算の上で加害側は行っている孤立化であると考え、そこを乗り越えてもらいたいので書きますと、犯罪が行われている以上、日常の中に様々な形で執拗に、或いは大人数でたたみかけてあらゆる手法で神経をおかしくして来ます、当然普通の事まで疑いの心で見てしまうのは、致し方のない事ですが、証拠も無い、どちらとも取れる仕草や動き、服装等で絶対加害とは言い難い事柄です。
加害意識は在り在りなのに、無害走行を装う者達で、これに目くじらを立ててもどうしょうもないのが現状です。

被害者がまとまる為に言いたい事があります。
多くの被害者と話していますと、疑心暗鬼に囚われ、物事や人を普通に見れなくなっている場合が多々見受けられます。
それは加害のせいでもあり、致し方のない部分ですが、これを乗り越えた人と乗り越えないでいる人とでは頭の良い悪い等関係なく、かなり差が出てまいります。
逆に頭が良い分孤立しかねない、誰も寄せ付けない事になるのです。

加害により、何でもに疑いの心を持つのは仕方がありませんが、疑心を起こすのは私でも今でもあります、
しかしそれを口に出し、行動に起こす事により墓穴を掘る行為になると、誰からも信頼されません。
ここまで第三者に説明の難しい犯行である以上慎重さが重要で軽々と『絶対加害だ!』『絶対加害者だ!』
『絶対スパイだ!』は『暗鬼』と呼ばなければなりませんので、疑心で止めるように心がけてほしいのです。

何度も言いますが、確かに加害は有ります、半端じゃない量や方法で行われていますが、精神的に脳の障害になるまでやろうと時間をかけやって来ているのですし、周りに特にそう認識させるのも敵の範中です。

私の場合で言いますと、メール等で御相談を受けていますが、そのペンネームがタイミング的に個人の被害やこれから考えていた事に符号するようなネーミングだったりで、瞬間疑心を抱きます。
皆さんもご経験あると思いますが、メールという文字だけの軽いやり取りというのは不思議と不気味に映ったりするものです。
ここで疑心から暗鬼を呼んでしまうのですが、疑心のみで止めて私の場合、メールのやり取りをします、すると全然被害者で何の他意もない事だったと後で気付きます。
しかし最初のネームが気にかかり暗鬼を呼びますと、その結果はえられないまま疑心暗鬼のスパイラル状態で停滞し動けません。

前回の討論会でも仕事関係の被害者が他の同じような被害に対して自身への仄めかしと受け取ったりしたような事を後で聞きましたが、他方から見るとトンデモナイ疑心であります。

またある方、その方はローテクでハイテク犯罪を信じていない方ですが、被害者の集いに行き、その人の鞄から電磁波が照射されている等と言われた事がありました。その方は電磁波そのものを信じていない方ですので鞄に、そんなもの入っているはずもないのですが、そう言われたと言う事です。

こういう話は被害者なら一度は体験している事柄で、枚挙に暇がないくらいです。
これを『疑心暗鬼』と言うのです。

被害者と被害者の間には加害者がいるのですから、いとも容易く双方の個人情報を元に仕組む事が出来るのです。
それを頭に置いて被害者さんと交わるのと、置かないで交わるのでは疑心が暗鬼を呼びかねないのです。

また集ストとは関係ない事柄で一つ説明しますと、私は以前顕正会で活動をしていた時に感じた事で、
宗教団体、信仰、信心の集まりで、毎月総幹部会という次の月の方針を発表する浅井会長の指導、15分位の講演があります、その指導は全会員に徹底するべく幹部はビデオ放映で全国で開催し会員に見せ、説明します、その為幹部は何度も何度もそのテープを聞き頭に入れます、そして幹部だけの浅井直々の打ち合わせもあり
その内容と言うのは幹部会員は一応意に解しています。
そしてそれを座談会や個別訪問指導で噛み砕いて知らせるのですが、その信仰という信じる行為の集まりで指導者である浅井会長の言葉というのは、信者にとっては一字一句も聞き逃すまいと全身耳となり聞く、毛穴で聞けと言われました。
伏せ拝をし、長い拍手をし、その言葉を待つ分けです、これは顕正会に限らず、創価で言えば池田大作、
統一教会でも、オウムでも同じで親の話し、会社の会議等の比ではない真剣さで聞くのです。

このような極端に集中された神経で聞いた言葉は、本人の現在考えている悩んでいる事柄と結びつけて即座に考えるようで、私は浅井の指導を噛み砕いて会員に話そうとすると会員は、自身の生活の何かに結び付けて受け取っている事があり、そう受け取ったかーと思う事が多かったのです。
浅井の言った指導の言葉は15分の一つの内容ですが、受け取る側が100人いたら100通りに受け取っていたのです。
人は自分の事しか考えていませんので、真っ先にその何かに結び付けて考えるのです。

集団ストーカーという四六時中つきまとわれ、思考からその事は離れられない状況にされている我々被害者は同じように、眼い映る物、耳に入るもの、出会った人や受ける感じは全部、自身の被害と結び付けやすい精神状態に何時もあると考えれば納得がいくのではないかと思います。
それとは別に加害はしっかりと存在します、そのお陰でそうなっているのは間違いがないのですが、疑心だけで止めて、暗闇に鬼を呼ばないよう心がけ被害者と交わって参りたいものと考えます。

多くの被害者の相談を受けていますと、被害者の会の集まりで、藁をもすがる思いで参加し来ている人達に、すごく厭な思いをした、もう二度と行かない!と言う話を何回も聞きました。
私はどの会にも属していませんが、被害者さんには近くの被害者を探すのに入るのも一つの方法だと教えています、
また複数会に入る事も、いいのではないかとも思っています。
どの会も私の見る処、それなりに一生懸命努力しているようです、会になれば様々な制約や制限はあるでしょう。
私はそういうものに今は、うんざりなので属していません。

しかし被害者が集まると、被害者同士で可笑しな猜疑、疑心から仲間割れするのは好みません。
私が3年近く接してきた多くの被害者は全て被害者でした。
誰もスパイ等いませんでした。
加害者もいませんでした。
私から見れば全て被害者でした、ある人はあれは加害者だと言う場合もありましたが、私から見れば被害者でした。

加害により、そう見える場合もあると思いますが、言葉や態度に出さず付合って下さい。
嫌いなタイプ、合わない人等は、どこにでもいます。
『疑心』に止め『絶対何々』は言わないで下さい。
特に初めて来られた方を大切に招きましょう!勇気を持って、それなりの決心をして来ている場合が殆どです。
私の街宣等でお集まりの方で、もし厭な思いをした方がいたら私はここで謝っておきます。

創価から、近隣から、防犯ネットから、会社から、警察から、公安から、右左翼から、ヤクザから、復習代行から等等ありますが、またローテク、ハイテク、性格、考え方、方法、方針、様々ですが皆被害者です。
本当の加害者は隠れています!
いつも思うのは特にハイテクで全く動けないでいる人の為にこそ、この犯罪を世間に知らしめなければならないと言う事です。
スポンサーサイト
2017/08/26

ウォーカーさんの書いてくれたアナウンス原稿

2017080222235095b.png
9.11秋葉原チラシ配布、横浜街宣、懇親会の予定!

2017年9月11日(月曜日)

11時30~45分集合 山手線秋葉原駅中央口改札前(改札を出た所)
 12時~秋葉原チラシ配布活動開始! 15時まで
(秋葉原では通常のチラシと共に集団ストーカー映画製作委員会の
製作協力者募集のチラシも配布します。腕章を用意しますので宜しく
お願いします)
★連絡先★
relax@kxe.biglobe.ne.jp

広島県の被害者ウォーカーさんが9.11秋葉原チラシ配布同時流し街宣のアナウンス原稿を書いてくれました。
ウォーカーさんはこれでブログを残し休止されるそうです。
また復帰されるでしょうが、タイミング良くお願いが出来て幸いでした。

流し街宣原稿 パイロット版(権利フリーです、皆さん使用して下さい。)

ご通行の皆さん大変お騒がせ致します。
これから皆さまの将来に深く関係して来る国家犯罪のお話をします!

私たちは集団ストーカーという組織的犯罪の被害者です。

集団ストーカーと聞くと別世界の出来事の様に感じるかもしれませんが、
誰でも被害にあう可能性のある意外と身近な犯罪です。

集団ストーカーという言葉はネット上で聞いたことがあるけれど、
具体的にどんな犯罪かは知らないという方も多いと思います。

集団ストーカーは権力者の見えない暴力装置であり、弾圧手段です。
民主主義という建前のあるこの日本国で、権力者にとって不都合な人間を社会的殺するのに、
集団ストーカーという、組織的にターゲットを精神的に追い込み社会的信用性を損なわせるシステムは
非常に有効な手段なのです。

集団ストーカーの被害に遭うきっかけは様々です。
特定宗教団体とのトラブルがよく挙げられますが、その他にも権力者との私的なトラブルや、
原発や不正選挙、オリンピックなど政府のタブーをネットに書き込んだり、
それに関する書籍を出版することで被害が始まる方もいます。

ここで皆さんにお伝えしたいのは、集団ストーカーのターゲットに遭う窓口は非常に広いという事です。
集団ストーカーは、ネット上の一部の人間だけが騒いでいる印象を受けているかもしれませんが、
実は全世界的に起きている犯罪です。

海外では過去に、CBSチャンネル5ニュースやFOXニュースなどTVニュースでも放映されています。
興味のある方はネットに動画が公開されているので検索してみてください。

一般の方が抱いている最大の疑問は、集団ストーカーという犯罪が本当に実在するなら、
何故政府や警察が取り締まらないかだと思います。
理由は簡単です、集団ストーカーは政府や警察が主体的に関与している超法規的犯罪だからです。

世界的に同時に起きている集団ストーカーには内部告発者がいます。
海外の内部告発者の一例を挙げると、元米陸軍ジュリアン・マキニー、元台湾陸軍中佐アラン・ユー、
元CIA、元モサド、カール・クラーク、元FBI特別捜査官 テッド・L・ガンダーソン、
元MI5科学者 バリー・トロワー博士などなど。内部告発者の肩書を見ればわかるように、
集団ストーカーシステムには、軍・諜報機関、研究機関が深くかかわった国家レベルの秘密プログラムなのです。

集団ストーカー被害者が警察に相談してもまともに対応してくれずに、被害者に精神医療機関を進めるケースがあります。
これも世界的に共通しており、警察内部でマニュアル化されています。
日本の警察は被害者を助けないどころか、この犯罪に関与しているのです。
これが今の皆さんの信じられない日本の警察の現状です。

自衛隊や警察は国体を守るためのシステムであり、市民を守るための組織ではありません。
集団ストーカーシステムには、膨大な利権が絡んでいます。
警察は利権や裏金のためなら平気で犯罪を犯す組織です。
TVでは警察の宣伝ドラマばかり流していますが、皆さん騙されないようにしましょう。

集団ストーカーには秘密警察ネットワークの側面もあります。
どうか、この問題を他人事だと思わないでください。
これが皆さんの知らない日本の裏側の実態です。

続いて、集団ストーカーの具体的内容について話しましょう。
集団ストーカーには主に2種類あります。
1つは人海戦術による、組織的つきまといや嫌がらせなど工作員を利用した犯罪です。

もう1つは電磁波・音波・放射線などを利用したテクノロジー犯罪です。
こちらは軍や諜報機関も関与しているかなり高度なシステムです。

私たちはいたずらにテクノロジーの被害を訴えているわけではありません。
被害者の中にはそれぞれの攻撃を科学的に測定している人もいます。

電磁波による遠隔的な人間への攻撃を信じられない人も多いかもしれませんが、この技術は実在します。

例えばアメリカ軍は暴徒鎮圧用の電磁波兵器をネット上で公開しています。
音波による遠隔攻撃も利用されている事が、計測でわかっています。

最近、ハバナ在キューバ大使館で米外交官や家族など10人以上が音響兵器により体調を崩す事件がCNNでニュースにもなっています。

音波、電磁波による攻撃はネット上の他人を復讐するための闇サイトでも紹介されています。

集団ストーカー被害者の多くは365日休むことなくテクノロジー攻撃を受けています。
集団ストーカーには実は、政府や諜報機関が関与する長期的な人体実験と言えます。
政府が関与した人体実験は戦時中だけではなく、今も堂々と行われているのです。
そして、被害を訴えるとターゲットを統合失調症に仕立て上げる工作が働くのです。


集団ストーカーは、日本国憲法に完全に違反しています。

日本国憲法第十一条  
国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。
この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられています。

私たち集団ストーカー被害者に基本的人権はありません。


集団ストーカーという存在を否定するという事は、日本政府と日本を植民地化している
外国勢力による合同の一般市民に対するテロおよび、長期的な人体実験が存在する事実に目を背けるという事になります。

この事を早く一人でも多くの人々に知って頂かなければなりません。
他人事ではありません、今後自身にも降りかかってくる可能性のある犯罪です。

今、急速に日本は戦前に近づいていますが、
私たち集団ストーカー被害者はある意味未来を生きているともいえるのです。
この集団ストーカーシステムはその規模の大きさから、あきらかに特定の個人を対象にするためのものだとは考えられません。

すべての日本人を最終的に監視、支配するための秘密警察ネットワークであると考えています。
もし、集団ストーカーという犯罪について興味のある方はチラシをお配りしておりますので、ぜひ手に取ってください。

そして、よければおうちに帰ってほんの少しの時間でいいので集団ストーカーという国家レベルの犯罪について検索してみてください。

みなさんの理解が、この犯罪を世に知らしめるための唯一の希望なのです。
どうか、この犯罪を知ってください。

そして、もし身近な家族や友人の中に集団ストーカーの被害を訴えている方がおられましたら、話を聞いてあげてください。

集団ストーカーの被害に会い、家族や友人に理解されず自ら命を絶つ人も少なくありません。
身近に理解してくれる人がいるだけで、被害者は本当に救われるのです。

我々はこの共謀強迫行為とも言うべき犯罪、集団ストーカー、テクノロジー犯罪周知、撲滅の為に立ちあがっています。
皆さまの御理解と御協力をお願いします。

2017/08/26

しぇんしぇーの作った募集広告!

2017080222235095b.png
9.11秋葉原チラシ配布、横浜街宣、懇親会の予定!

2017年9月11日(月曜日)

11時30~45分集合 山手線秋葉原駅中央口改札前(改札を出た所)
 12時~秋葉原チラシ配布活動開始! 15時まで

(秋葉原では通常のチラシと共に集団ストーカー映画製作委員会の
製作協力者募集のチラシも配布します。腕章を用意しますので宜しく
お願いします)

東京の被害者しぇんしぇーがクリエイター募集の広告チラシを作成してくれました。
ありがとうございます。
これを秋葉原で集ストチラシと一緒に配布します。
koukoku1.jpg

こういうチラシを撒いて一般の人から協力者を募集する分けですが、
ブログを見ている被害者でやってみたいと思われる方がいたらお知らせ下さい。
映画作りもそうですが、まずパソコンが使えてホームページ製作、動画編集アップ。
ネット番組製作等で始めは結構です。
バイト代を支払います、とかく被害者の方はパソコン出来る方が電磁波で怖がっていますが、
我こそは!みたいな方がいたら早速採用です!

★連絡先★
relax@kxe.biglobe.ne.jp
2017/08/25

たこすさんへ

たこすさんへのお答え!

何度やってもコメント欄に載せられないので記事にしました。
大変お答え遅くなり申し訳ありません。
仕事と活動で一杯一杯なのが現実です、ですから私は電磁波の測定をした事はありませんし、測定機も購入していません
申し訳ありません、聞いた話だけになりますが、簡単なようで難しい測定のようですが、時間をかけ採り続ければ変化を
微妙に感じ取れるようになると思います。
皆そこまで取り組んでいないのだと思いますし、この犯罪のターゲットは年配者が多く機会に音痴な方が殆どです。
そんなこんなで公表されていない、または測定しても被害がなくならない等の理由があると思います。
探偵に以前、盗聴器や盗撮器の電波を探してもらいましたが、探偵は既に盗聴器や盗撮器取り外されていても、残留の
電波で有ったか無かったかが分ると言っていました。
本当か嘘かわかりませんが、慣れで分る部分もあるようです、たこすさんの方でデーター採りをして公表してもらえれば
参考になります。
お答えにならず申し訳ありませんが、宜しくお願いします。
得意分野の方に今後いろいろお願いしたい事があります。
テク犯は街宣より、そちらの方が大切との考えは持っていますのでお待ちください。
2017/08/22

9.11秋葉原電脳ビリビリチラシ配布!!

毎回参加されている方で名前は言いませんが、こんな方がいます。
少々対人恐怖症で誰ともあまり接触しませんが、必ず私に挨拶し街宣場所の近辺でポスティングされる被害者の方です。
この前この方からPDFファイルが送られ見ますと、何々の地域に何枚のチラシをポスティングしてきた、そして写真や怪しい人の話や、感想を書いたものです。
時間がある時は遠くまで行ってポスティングしているようです。
本当にほんの少しでも活動に参加し繋がりを持とうとしている事が感じられるのです。
その勇気は、街宣等をやって目立つ行動活動をしている私等よりも偉いと思います。
誰も見ていない処で一所懸命活動している。

学校でいじめられっ子が学校に行くのも厭になり、親にもその事は言えず登校拒否になる例がありますが、
朝学校に向けて親には知られたくないので出かけますが、途中の公園にずっといるといった感じです。
本人は勇気を絞って今日は「行くんだ!」と決意し向うが途中で怖くなり公園に行く。
その行動だけ見ると学校にも行かずに公園にいた。
となりますが、その子は戦っているのです怖いと思う自分と、でも結果負けて公園という図なんですが、
心の中では戦っているのです。
「今日こそ行くぞ!」「皆に会ったらなんて挨拶しょうか?」
「怖いな~」「でも今日は負けないぞ!」「でも公園で挨拶の練習してから行こうっと」となっている心の葛藤があるはずです。
弱い弱い自分と戦っているはずで私のように街宣をやっていると「勇気がある」と言われますが、実は街宣までするほど怖がりだとも言えるのです。街宣してギャアーギャー言うほど臆病なんですよ。
臆病さを隠す為にも街宣をしているのかもしれません。
人が見ている見ていない関係なく自分との戦いを葛藤をどれだけしているか?の方が私は重要で、その心の中にまで入って来る犯罪と闘っているのです。
誰かに言われて勇気をもらう人もいるでしょうが、本人が「よしやろう!」そう思わない限り前に進みません。
今まで街宣やデモ活動は各地でやっていたようですが、それに出て来れずに遠くで見ていた方や、家にいて何も出来なかった方に、本当に自分なりの勇気を出して葛藤して下さい。

みんとさんのブログはそんな弱い自分に鞭打ち前向きに一枚でも今日は配るんだみたいな勇気を、私にもかんじさせてくれて毎回読んでいました。

今まで普通に暮らしていた一市民がヘリコプターに追われ、ホバリングされたら、心臓が飛び出す位
びっくりするでしょう!
怯えて当たり前です。


でもポスティングは出来ますよ!今度秋葉原でチラシ配布をやる予定ですがカメラは撮りません。
一枚でもいいから手渡してみては如何ですか?
だからと言って無理しないでいいんです、今日は公園にいても構いません。
明日も公園でも構いませんが、心は被害者であれば皆同じ戦いをしていますよ!

私は金沢で街宣活動をしてきました、時には協力してくれる人もいましたが、全て自分で許可を取り、一人で街宣していたのが殆どです。
雨の日もカッパ着て、雪の日も長時間やってました、暴漢に殴られた時も、また戻ってやろうとしていました。
何故か、そこに立ってずっといなきゃダメという気持ちがありました。
未だ会ったことのない被害者さんの事を考えるとそう思えたのです、周知方法や効果の程は二の次で絶対そこに居て、やらなければいけないという気持ちの方が強かったです。
心の中は、もう帰ろうか、もういいか?そろそろ帰ろうか?今日は疲れたから、等等弱い自分との戦いでした。

この秋葉原の活動をビリビリチラシ配布祭り等と祭りというふざけた言葉を使いましたが、祭りの後の寂しさみたいなのは、この活動には無用です。
延々と続く加害と周知の競争です!


チラシ配布は礼儀正しく挨拶し明るく笑顔でやりましょう!

参加は自由です、加害者の方もきっちり配布してくれるならどうそご参加して下さい。
みな嫌がるけど、いいですよ!
チラシはご自身で集スト、テク犯のチラシならOKですよ!
映画製作のチラシは別に渡しますのでそれも一緒に配って下さい。
腕章を用意しますので無料でお渡しします、記念に持って帰っていいです。
身一つで来ても結構ですよ!

準備はコスモさんしえんしぇー、無字右衛門さん等が現場の計画をしています。
街宣カーも出しますが、今ウォーカーさんにもブログ最後との事でテクノロジー犯罪用の街宣原稿を考案して頂いてます、それをミルクさんに読んでもらおうと思っています。
ありがとうございます、宜しくお願いします!
2017/08/19

集結!9.11秋葉原!関東の被害者!西日本からも参集!

2017080222235095b.png

9.11秋葉原チラシ配布、横浜街宣、懇親会の予定!

2017年9月11日(月曜日)

11時30分集合 12時~秋葉原チラシ配布活動開始! 14時まで
(秋葉原では通常のチラシと共に集団ストーカー映画製作委員会の
製作協力者募集のチラシも配布します。腕章を用意しますので宜しく
お願いします)
秋葉原にて手分けをしチラシ配布し、車による流し街宣を、その
時間中秋葉原を行ったり来たりします。
集合場所等決まり次第お知らせ致します。
今後も定期的に随時行う周知活動になります。
私も皆と一緒に配ります!
集結と言っても無理しないで下さい、気持ちだけの参加でも結構ですよ!
また自分の地域に同時にポスティングするというのも有だと思います。
全国的に多くの場所で、この犯罪を知らせましょう!

16時~横浜桜木町 街宣 18時まで
これも細かい場所が決まり次第お知らせします。
19時から近くで懇親会予定

関東の被害者集まれ~!

★連絡先★
relax@kxe.biglobe.ne.jp
2017/08/18

ベールを脱ぐテク犯

現在9.11の秋葉原、横浜街宣チラシ配布活動の準備中ですが、その横浜の中心者コスモさんから
聞いたのですが、皆さんもすでにご存じかもしれませんが記事引用で書いておきます。
以下引用
us-cuban-flags.jpg


在キューバ米大使館職員に「音響攻撃」か、聴覚障害で帰国も


キューバにある米大使館の職員が「音響攻撃」を受けたという


(CNN) キューバのハバナにある米大使館に勤務する職員数人が、音波装置を使った「音響攻撃」を受け、少なくとも2人が深刻な健康被害に見舞われて治療を受けるため米国に帰国したことが10日までに分かった。複数の国務省高官がCNNに明らかにした。

国務省のナウアート報道官は9日、在キューバ大使館に勤務する米政府機関の職員数人が、勤務中の事案に起因する「身体症状」を訴えていることを確認した。ただ、事案の性質や原因については明らかにしなかった。

ある当局者によると、複数の職員は回復不可能な聴覚障害が残る可能性がある。被害に遭った場所や時刻はまちまちだが、いずれも2016年末以来、脳震とうのようなさまざまな身体症状を発症しているという。

国務省は数カ月前からキューバ政府に懸念を伝え、医師をハバナに派遣するなどの対応を取ってきたが、事実関係を把握することはできていない。

当局者によれば、この問題については米連邦捜査局(FBI)も捜査に乗り出した。

ある当局者は「症状はさまざまなので、原因もさまざまかもしれない」と述べ、「まだ分からないことがたくさんある」と話している。

ハバナ駐在の米外交官は何年も前からキューバ当局者による嫌がらせの被害を訴え、自宅や車に侵入される被害も多発していた。ただ、2015年に米国とキューバが国交を回復してからは、嫌がらせはやんでいたという。

ナウアート報道官によると、被害に遭った職員のうち数人は米国に帰国。これを受けて米政府は今年5月、在米キューバ大使館の外交官2人を国外追放処分とした。

キューバ政府はこの問題への関与を否定、外交官の追放は「過剰反応」だと反発している。
引用終わり
世界はユダヤ金融資本イルミナティー共の自由には全ていかない、このように水の漏れ出る
時が雪崩を打って来る時が来るでしょう!