目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
7月3日街宣活動告知!
画像㈪
目覚めよ日本!!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!

街宣活動金沢駅

2017年7月3日(月曜日)
午後12時~15時まで

場所 金沢駅東口 ホテル日航ポルテ金沢横 交差点

共謀罪テロ等準備罪可決後の街宣第一弾です。

カルト教団創価学会、公安警察、権力側の既得権益
外国勢力の日本乗っ取り阻止!!
ぜ~んぶ話します。

チラシ配布も致しますので参加されたい方はお気軽に
遊びに来て下さい、決して無理しないでお願いします。


目覚めよ日本!!
■専守防衛■

戦後我が国は専守防衛として自衛隊の存在があったのですが、この戦後72年に渡る中途半端な考えの元押さえつけられて来た
行動指針は、50年間は一見何もないように過ぎて、あたかもそれが正しいように印象づけて来た。
確かに誰も戦争等人殺しや殺される等御免である。
しかしそのマジックのような平和は、アメリカの軍事力と近隣諸国の経済力の差により保たれて来たものであり、現憲法や専守防衛の為ではありません。
この長期に渡る政策により国民は、これでいいのだと考え世界の中で平和と経済大国である事を自負し過ごして来ました。
まるでGDPの順位の国であると勘違いしてきましたが、この可笑しな憲法と専守防衛という考え方により、
元々島国で他国からの侵略行為に警戒感の薄い国民ですので、あまり心配せず時間が過ぎていたようで、多くの日本国民は
危機を事前に察知する、そして先制する事を封じ込められた国になっていたのも気付かないでいたのです。
アメリカは北朝鮮がアメリカ本土に届く弾道ミサイルが完成する前に北朝鮮に先制攻撃を仕掛けるでしょう。
既に日本国には北や中国のミサイルは、何時でも何処にでも落とす事が可能な事態に陥っているにも関わらずである。
専守防衛、日本国の領空領海を越えて相手が攻撃を仕掛けてミサイルや戦闘機が、その線を越えて、初めて対応する等という防御態勢等、この近代戦争でも古の戦争でも本当は極めて至難の業である事にいまさら気付くものであります。
そして国民の心も、何も起こらない時点では目先の事に溺れ先の危険を予測し行動はしない、仕事や経済面ではいち早く
打つ手を考えるが、事有事等想定しているようで他人任せという国になり果てている実相です。
日本人は元来農耕民族で大人しい人々です、例えば道を歩いていて、怖い人が『こら邪魔だ!このハゲ!』等と言われても直ぐに反撃等しません、触らぬ神に祟りなしと、その場を立ち去るでしょう。
そして可笑しい人が居たと、あんなものに関わったらろくな事が無いと考え、何も無くて良かったと思うでしょう。
これがごく一般的日本人です。
そこに敗戦を経て専守防衛等と言う、相手の先制攻撃は一度受けてからでないと次の攻撃が出来ないという世界に類の無い自衛隊で他国に向き合って来たのですから。
本当に始末の悪い先制攻撃を含んだ真の国民を守る防御を考える能力を削がれた国民になっていたのです。
一方中国や朝鮮半島の人々は、いつも陸続きの隣国に怯え備えを怠らず、あわよくば攻めて行くという考えと歴史を持つ国があり、既に海や空、宇宙空間すら油断のならない時代に入っている中で日本国の戦後72年のへっぴり腰は、全ての日本国民に言える事で、手遅れの感も否めないが、中国、韓国、北朝鮮は、日本がそのような時期に反日教育で憎しみをたぎらせ言われの無い復習の炎を延々と燃やしてきた国々なのです。
先制攻撃を準備しろとは言わないが、抑止力は絶対必要で、又間違った歴史観を正し、真実の歴史を知らせる必要があります。

そして既に彼の国共は浸潤し、獅子身中の虫となり日本国を犯しています。
早く目覚めて、それらを排除、駆逐していかなければなりません。
日本乗っ取りは沖縄が顕著であり、本土も油断していると同じ状況が現出されかねません。

さてテロ等準備罪ですが、組織に属している者が、その準備をした時にという者で、まるで集スト組織を取り締まってくれるような内容と勘違いされている被害者の方もいるのではないでしょうか?
またストーカー規制法(恋愛に限る)の犯罪の起こる前にという考えはこのストーカー規制法により、準備罪としては似たようなものですが、集ストには全く役に立たない法案でした。

この中間にあるような集ストの事は一切出てきません、あれだけ共謀罪についてTVや新聞を賑わしたのに、中には集団ストーカーの言葉も出てきておかしくもないのに全く出ず、監視国家、監視社会止まり、普通に集団ストーカーと言う言葉が出ても可笑しくない近いものであり、集ストもまるでヤクザのようなゴロツキだけがやっているように報道し誤魔化して来ました。
どうしても集団ストーカーだけは無いもの、統合失調症と決めつけときたい世論誘導を感じざる終えません。
集団という言葉が出てきません、誰かどこかのテレビや新聞に、もしかしたらみたいな感じでも良いから、この法案にまつわる話と
して出てきても不思議ではない法案でもありました。
ストーカーという情けない犯罪と、共謀と言ういきなりハードなネーミングの犯罪の間には、我々の言う犯罪が隠されていて、その間にあって然るべき犯罪です。
ストーカーは恥ずかしいキモい犯罪で茶化し、共謀罪はいらぬ恐怖を煽るというミスリードが行われたと断じます。


先程の話だが、例えば『邪魔だお前このやロー』等と言われ、『なんだその言い方は!』と言い返せば、『お前こそバカやロー』
となり『うるさいこのヤロー』となり序々にエスカレートし、どちらかが手をだすか?ここがポイントになり、先に手を出した方が事件となり傷害で罰せられます。
怪我をしていれば警察も分かりやすいので、即座に押さえ逮捕も出来動き易いが、口げんかの段階では警察は止めろ止めると『喧嘩両成敗』等と可笑しな話となり、最初に罵声を浴びせなければ何も無く一方は平穏だったのに両方が悪いとされるが、
『侮辱罪』は民事となり警察は動けないし動かない。
だから警察が口げんかの段階で入れば『怪我は無かったか?』となり確かに怪我は無いが、もう一回か二回罵声の浴びせ合いを
すれば、どちらかが手を出す可能性もあるのである。
最初に罵声を浴びせられた人が全く落ち度のない人であれば、喧嘩両成敗は以ての外であり、怪我がなくて良かったも、可笑しい話しで、警察は事が起こらなければ相手を懲らしめる事は出来ず喧嘩を止めるのみ善悪を分ける事をあいまいにします。
それは出来ない事だからですが、犯罪予防の観点から申すと準備罪は個人でも考えられ、殴る構え、若しくは空手の構えボクシングの構えをしただけで準備罪となると言っても可笑しくないのではないか?
ミサイルの準備をするのも同じです。
そして警察は、明らかに一方が可笑しい場合、最近は可笑しな人が多いので気を付けて下さい。
あまりこの辺りには今後顔も分かっているので近寄らないで下さいね、等と言って帰そうとするが、この言葉もやはり先の危険を
警察が感じて予防の為に忠告しているのだが、非は明らかに相手側にあるのに、悪くない人が逃げ隠れするようにしなければ
ならないのも可笑しな話となる。
その点警察も自衛隊も同じで、ゴロツキやゴロツキ国がうろついているのうな時代背景に法律がしっかりしていないとゴロツキを
気にして他の人は大人しく刺激しないようにしなければならない理不尽な世の中となります。
この様な理不尽を無くし、普通に生きている人も国も堂々と出来るようにしなければならない、それが法というものだ。
そしてゴロツキこそコソコソと生きていかねばならない、そういう世の中、そういう世界を作らなければならないが、
隣にゴロツキ国家がある以上、法律も変えて応じる予防、抑止する必要がある。
それを知り、効果的な方策を模索出来る者が政治の世界に全くいないのが今の日本の困った処と言えます。
話は横道に逸れたようですが皆さまも考えてみて下さい。
スポンサーサイト
解答と告知!
画像㈪

2017年7月10日(月曜日)名古屋にて周知チラシ配布活動、
討論会、懇親会を行います。
場所は決定次第おしらせしますが、名古屋駅周辺になります。
時間も前回と同じ12時からとなります。

討論会テーマは「盗聴盗撮、住居侵入」

共謀罪テロ等準備罪に就いては前にも書きました。
加害側が権力側である限り、この罪は加害側に適用されません、逆に被害者側への脅しとなっているだけです。
これで加害側は、権力、カルト勢力との一蓮托生で、一時はビビった法案でしょうが安心し虐待を続けられる事になり何も変わらないでしょう。

次の質問に答えると、自衛隊のヘリらセスナ、戦闘機にしても、警察ヘリにしても訓練等で年間の飛行時間を決めて飛ばさなければなりません、飛行士は指示されたコースを訓練時間消化の為飛ばします、これは犯罪予防秘密連携のようなもので、我々犯罪予備群のレッテルを貼られた者には、パトカーや消防車、救急車等を多く見せる事により、向こう側は抑止と考えているようです、予算取りと訓練に組み込み連携しています、また地上では、その反応と変化、影響度を調べています。
だから結論は何もしません、ただ延々と監視している事を個人にだけ知らせる。
こんな事を国家レベルで、一般市民にやっています。
無視無視!それで良いのです。
宅配便、郵便バイク、ワンワンパトロール、ジョギングアンカリング、自転車アンカリング、子ずれアンカリング等等、手をかえ品を変え見せつけます。
ただこれも生活音のノイズキャンペーンと同じで、通常の風景の中に溶け込ませて、特定個人に見せつけ、聞かせて来ますので第三者は、それを言う統合失調症と思われるよう仕組まれています。
ここでターゲットとなった被害者は、おかしいな!おかしいな!と疑心暗鬼に陥り本当の風景まで加害と思い神経過敏になります、ですからこのように、何だそういう事だったのか!と解ると効果が薄れるので、私などの存在は向こう側には邪魔な存在です
大規模集団ストーカーは、一気に疑心暗鬼神経過敏にし、小規模集団ストーカーは、より細部に入り込み神経戦で疑心暗鬼神経過敏にしてまいります。
そういう事ですので、
『何月何日何時にチラシ配りやろうね!』
『うん、分かったやりましょう!』
『テロはやらないよね?』
『勿論やらないよ!』
『それより終わったら何か美味しいもの食べようね!』
こんな感じでいいんです。
このような会話や電話でのやり取りは、今後共謀罪の恐れが無いかとの理由づけの元、加害側は堂々と出来るのですが、事実チラシ配布の準備や、街宣準備や場所下見等、
防犯のみならず、内乱予防までの人員予算に変貌し加害側の利権既得権益は増して行くのです。
基本この犯罪の主旨建て前です、犯罪抑止表演警告です。
更に内乱抑止、テロ抑止現実の日本では考え難いものまで取り入れて、ややでっち上げ的に監視報告し予算取りし加害側が肥え太ってまいります。

犯罪予備群、不穏分子、内乱予備群、テロ予備軍となりヘリは飛ばし放題となるのです。
本当のテロは自分達の行為であり、日本国を破滅に導く監視国家実現の準備である事を、やっている側も知っているのか目先の事だけ考えているのか?

これは民主国家では前にも書きましたが、100人の中で一人にだけ解るように、その個人の情報を用いて衆人の中でやっても99人は、通常の風景でしかないのです。
中共の文化大革命の人民があからさまに監視し抑圧し衆人の面前で晒しものにし、強制労働させられた様な衆人環視の民主板としてリンチ行為が現在行われているのです。
ですから共産主義になりかねないのが監視国家です。

私がこう言うのも、私が個人的な経験と大勢の被害者から直接またはメール等で知り得た情報を元に、私なりに整理し現象の中から導き出した現状の答えです。

更に日本人の弱点とも言うべき自虐的盲点を突いてくる、それと羞恥心に付きまとうのが、この犯罪の心理的犯罪であり、マインドコントロール犯罪と言わねばならない処で、僅かなモラル違反を延々と詰り、反省しろと迫る、ほんの僅かな失敗を論う手法で心理的に追い込みます、ガスライティング手法の加害者にとっては醍醐味なのでしょう。
精神力が強ければ強いほど、それを打ち壊す事に情熱をそそぎサイコパスの本性丸出しで迫ってまいります。
その手を変え品を変えは、止めをしらず、しまいにはでっち上げて参ります。
全てに予め先入観を植え込み誘導しようと、もしくは悪イメージを思い描かせ、破滅へと導く手法です。
ターゲット被害者になったら、その事が解らないと日本人的真面目な一般市民は、厭な思いをさせられ、それが効果的と見れば、何年も何年もに渡り、そのどうでもよい事を詰り、これでもか?これでもか?と塩を塗り込むやり方です。
長期に渡ると被害者は、もうそういう事を理解し慣れて気にしなくなり平然と暮らしている方もいると思います。
相手は節操というものがありませんので、事後相違も生じて来ます。
しかし私が最近思う事は、新しい被害者の方たちが、初めて今この犯罪を知り、途方に暮れている時、私のあらゆる動画やブログ記事を見て、その疑心暗鬼時に神経過敏時に私の発する今までの周知内容が、先入観になり悪影響を及ぼしているのではないかと心配しきりであります。

基本的に加害側はプロですから、人間がどのように壊れるか?
を蓄積から知って行っていると考えます。
ですから一つのアンかリングで、既に疑心暗鬼、神経過敏になっていたら10個を加害と思う事をしってやっています。
始めから100の罠をしかけ、さも2~3個しか罠が無いよという感じです。
ですから被害者というプレイヤーは2~3個クリアしても、実はワンステージは100個クリアしなければならないのです。
その位上手で、しかも100なのか1000なのか教えてくれません。
そして警察の取り調べのように宥めすかす役までよういし白させようとします。
ともかく所詮、仏法で言えば末法の荒凡夫が末法の荒凡夫を律しようなど無理なのです。
最近というか昔から仏法を観念や思想という考え方のように捉えている方がいますが、これも私は腹の立つ話で、テレビや影響力のある立場で、簡単にそう言う前にしっかり調べろと言いたい!
話は仏法の方向に行ってしまいましたが、仏法は法則であり実践法ですから、道徳や終身、最近では教育勅語等とは違い
ます。
道徳や思想哲学等では、末法の燃え盛る欲望の炎は火の中に石を投げ入れて消そうとする行為と同じで一時は火が収まったように見えるが、炎は石も燃やして粉々にして行きます。
道徳等の観念的なものでは末法の荒凡夫は抑え切れません。
ましてや集スト、テク犯の手法のみで倫理観のあるような、ないような者が、元々犯罪で誰も知らない、法律の網を
潜ってやっている、始めから倫理観の欠如と道徳も糞もない者共に何が犯罪抑止か、ちゃんちゃら可笑しくてヘソが
茶を沸かしそうです。
被害者の皆さん、加害者共を笑って下さい!

しかし新たな被害者の方々にはくれぐれも疑心暗鬼、神経過敏で、それまでの正常な自分のバランスを崩さないで下さい。
テクノロジー犯罪の方には私のブログは気休めにもならないものかもしれませんが、同一犯人権力側です。

※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
名古屋のロップイヤーさんのブログが出来ました!
ロップイヤーの不条理で残虐非道http://ameblo.jp/oneheart2020/
http://ameblo.jp/oneheart2020/
ロップイヤーは長いのてロップさんと呼んでいます!
皆さん応援宜しくお願いします。
次回予告!討論会テーマ
画像
次回予告!討論会テーマ「盗聴、盗撮、住居侵入」
【夜まで被害討論会】
集まれ!被害者!

このようにテーマを決めて討論会を行いますが、日時が決まり次第お知らせ致します。

そして前記事でテーマを紹介したら早くもご質問でしたが、申し訳ありませんコメント欄に何故かコメントが載せられないので記事に書きました。
6月度名古屋討論会「集団ストーカー」




一般的な盗聴、盗撮等の機械はネットで調べたり、どこかに取り付けたりコンクリートマイクで音を外から拾うやり方です。
確かに、そういう物も併用して使うでしょうが、テクノロジーを使う場合が集団ストーカー被害者の場合は殆どで、探偵等に頼んでも機器は見つかりません。
また公安警察等世間的に知らせているのは、通信記録で十分個人情報は把握出来るという事になり、細かく盗聴までしていない
事になっていますが違います。
ターゲットが一番電話しそうな時間帯は、調べているはずですので、その時間帯はリアルタイムで聞いているでしょう。取り囲まれている場合は、隙間なく聞かれています。
それが集スト被害、テク犯被害と言うものです。
次回参加される方は、この逃れる事の出来ない盗聴盗撮住居侵入どのように対抗して来たか、今後この被害に合われる方に無駄な努力、出費をしないで済むように教えてあげましょう。

■以下mさんへの答え

盗聴、盗撮、通信傍受、ネット、メール等の通信ですが、後電話ファックスもそうですが、集スト加害時期や規模によって異なるでしょうが、一般市民レベルでの防御は、加害者の仕掛け次第で、公衆電話すらダメというのが結論です。
テク犯が入ってくると頭で考えたことまで盗聴されますので完全にお手上げです。
防御というより、開き直るターゲットにされたらプライバシーは皆無といえますので気にしないで過ごす心の強さを養うのが先決です。
そう言ってしまうと元も子もないのですが、相手も人間です機械的に録音していますが、一日の膨大な記録を全部聞きなおすには時間を要しますのでポイントだけで大筋を知ろうとしているはずですので、そこも考えて無視するのがお勧めです。

極端な話手紙も開封される可能性があるので手書きで手渡し、そして直ぐ燃やすのが思考盗聴無しの場合の防御です。

私も活動で多くの被害者と連絡したりしますが、全く気にせず聞かれている前提でしかも隠しても無駄ですので全部本当の事を普通に話します。
全ては嫌がらせの道具として使うだけですので、それを気にしなければ良いのです。
集スト被害者は普通の一般人が殆どですのでテロを企んだりしている分けではありませんので、どうのこうの言われる筋合いはありません。
スパイごっこに付き合う気はありません。

■YAHOOニュース
ヤフーニュースに集団ストーカーの文字が出ていました。その名が表に出るのは少しは認知に繋がりますが、やはり統合失調症の別名のような扱いでミスリードです。

以下ニュース
埼玉少女誘拐 「集団ストーカーに遭っていた」 支離滅裂な寺内樺風被告 弁護側は統合失調症と主張
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6243293
目覚めよ日本!中部西日本という感じになりました討論会!
画像㈪
2017年6月12日名古屋駅前にて街宣チラシ配布活動を行ってまいりました。

場所は名鉄名古屋駅、名鉄百貨店前で金沢なんかと比べると申し分ない人の往来のある場所で、前回の場所より絶好のスポットとして今後も盛大に盛り上げて行ければと感じました。
何か起こる事を期待して、私は当日高速バスで午前中に到着し皆さんと街宣予定場所で待ち合わせし準備し始めました。
三時間ですが無事終える事が出来ました。
平日という都合の付けにくい日ですが皆時間を取って集まって頂きました。
その後近くのカラオケボックスで討論会も前回よりクオリティーを上げようとやってみました。
前回同様愛知の被害者ロップイヤーさんが中心になり準備を進めて頂きました。
街宣、チラシ配布から参加した星子さんコナンさんありがとうございました。
前回来れなかったYさんもほんの少しですが顔を出して応援して下さいました。
懇親会と討論会には更に前回から参加しているダイナマイトさん、Aさん、
また新たに広島から駆け付けたミルクさんが突然来られ討論会のみの参加となりました。
また次回もやろうと参加した全員が親交を深め決意も新たに心を一つにしました。
元々どの団体に属している等関係なく志だけで集まって来て頂いていますので今後も誰でも参加して下さい。
今回参加された皆さん本当にありがとうございました。
また多くの方がメールで今回は行けないがと応援メールも頂きありがたい感謝の気持ちでいっぱいです。
日曜祭日に行えばもっと反響がある事を逆に感じます!!

さて爺くさい挨拶はこのくらいにして内容を解説します。

街宣場所は名古屋駅前ということで様々な人が行き交う場所ですので、また短時間本当に通りがかりの方で、大変でしたがロップイヤーさんが登り旗の台を用意して大弾幕も設置出来、皆さん目に止めて読んでくれました。
「頑張って下さい」等の声をかけてくれる意味を理解していない方もいたりで大変面白いと思い、次回更に目立つようにするには?と考えたくなる街宣、チラシ配布には持って来いの場所です。
ロケーション的にはJRの前の方がユーチューブ的には良いかなと思いますし、私一人なら熱中症で倒れてもいいが、か弱き女性群最近結成した「チラシバラ撒き隊」が倒れてもらっては申し訳ないので名鉄名古屋駅前は少し歩道に屋根があり助かりました。
いつも私が金沢の名鉄エムザ百貨店でやっているように6時間とかですと本当に救急車が必要になるかもしれませんでした。
街宣直前に来た救急車は、その忠告のアンカリングだったのでしょうか?
またビル群があると拡声器の音は反響しますので安いマイクでも少々大きめに声は届くのでも良い場所だと感じました。
近くのお店には迷惑な話ですがご容赦下さい。
またじゃんじゃん行くからねー!


街宣後討論会を前回のが好評で、前回参加者が凄く盛り上がったので、また試みようと開催しました。
ただ私は主催者側として、今後も良い企画として発展的に展開して欲しいと考えていたので、また皆さんもそう申していたので「テーマ」を決めてという事で行ってみました。

懸念したのは、確かに被害者は平生のやられっ放しの被害に、ぶつける怒りを押し殺していますので、被害者同士集まると凄く盛り上がります、そして話は絶えない。
単なるガス抜きであればユーチューブにアップせず懇親会で盛り上がればいいと思うのです。
そしてそれも凄く大切な触れ合いで有る事も理解しています、被害内容の共通性、元々人間的に気の合う人、
またその逆でマイナス要因で被害者特有の疑心暗鬼、神経過敏により発展性を失う事を、私は企画側アップさせる側として先を見て考えますので単なる被害者の井戸端会議、傷のなめ合いだけは避けたいと考え、毎回活性活性で、また第三者と加害者側を意識したものにしたいと考えますが、そのように始めたので少し緊張感のある始まり方で良かったのですが、最後はやはり、どんどん話は方向を変え、また時間もそれぞれあるので流れ解散的な終わり方になりましたが、それはそれでいいか!とも思いました。
それより新幹線に乗ってまで討論会に参加するエネルギーを第三者には見て欲しいと思いますし、感じてもらいたいと思います。
その会話の内容というのが、その言葉の何百倍の辛さを伴っているかを想像して聞いてもらいたいのがこの討論会であります。
それは自ずと伝わると私は思いますので今後もやはり何度でもやって行きます




次回予告!
討論会次回テーマが早くも決定!!
『盗聴、盗撮、住居侵入』でやりますよ。


誤解されている方もいると思うのでお詫び

以前昨年末ですが、ビリビリ祭りの前に私の個人的被害が無くなったと書いたのですが、確かに一時期何も感じない時がありました、それで恐れをなして引き下がったか!等とガハハハハ!と笑っていたのですが、その後活動妨害としては再開しています。
元々私は鈍感になり集ストは余り気になりません、眼も悪いのでぞろ目が見えません。
テク犯も、ほぼ様々な仕様を受けていますが微かなもので、シグナルとしてアンカリング的なもので気にも止めません。

しかしそれは強弱であり、これを24時間受けている方の苦痛は想像出来ます。
集ストも個人被害の初期に、その怖さを体験していますので今は理解力と元々の鈍感さ反撃力、相手の作業的行動を読んでの
逆加害的威嚇により、集ストは笑える程になっています。

軽度の被害ですので、活動も可能だと考えます。
であれば尚のこと、他の強度の被害者の為に、動ける限られた状況の中で頑張って参ります。

今後活動をしてみようと思われる方に一言!
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある」
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.