目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
集団ストーカーテクノロジー犯罪 解  第一期最終回
目覚よ日本!次回予告!
年末年始『めざめよ日本!テクノロジー犯罪ビリビリ祭』開催!
画像㈪


🌕2016年12月29日、30日、31日
 12時~15時まで(延長予定懇親会も予定)
 金沢駅東口 日航ホテルポルテ金沢横
🌕2017年1月3日、4日、5日まで
 12時~15時まで(延長予定懇親会も予定)
 金沢駅東口 日航ホテルポルテ金沢横

参加定員とか何も決まりごとはありませんのでご自由にご参加下さい。
いきあたりばったりでやっている街宣活動です、何か話したい事のある人も
無茶苦茶な話でなければ何を話してもいいですよ。
開催場所には昇り旗が立っていますので、それを目印に来て下さい。
カメラを撮っていますので顔が映りたくない人はマスク等して来て下さい。

金沢駅の東口になります歩道上で、ポルテ金沢日航ホテルを背にして右の方向に歩いた横断歩道、地下道入り口、都ホテル向いになります。
●警備公安部の皆様は通行人で仄めかし等で勝手にご参加下さい。
以上全て分かったリラックス主催

集ストテク犯被害者さん参加OK!
しかしテク犯被害者多いですね~!懇親会やります!
☆注意 撮影しますので、マスクとかして来て下さい。

今回記事

ASKAさんの不起訴に付いて、街宣等でお名前を出した責任として言及致します。
任意の尿検査という事でお茶を入れたようで笑えますが、 だとすればASKAさんも学習し警察のでっち上げの危険を回避する行為と思われますので、警察が100%覚醒剤の成分が出たという事は、出るはずのないものから覚醒剤反応が出た事になり一転警察の間違いでしたでは済まない偽証行為が浮かび上がった結果です。

詳しい方に聞きますと、尿検査のカップは一度蓋をすると検査をする方以外開けられない形になっているそうですので、「100%」反応が出ないところから「100%反応が出た」事になります。
間違うはずのない処ですので、警察が覚醒剤の反応が出るように偽証したと考えるのが普通です。
そして検察、裁判所ではDNA鑑定で立証出来ないから早めに警察の段階で起訴出来ない立証が不可能で不起訴という事です。
これでASKAさんは、この一連の事件に対して訴えて勝てる側に立ったのです、また本も出版する予定でしたから剣と盾を手にした事になります。
全ては衆目の事です手を出しにくい案件となったのではありませんか?

それでも世論誘導されB層は怒涛のごとく踏みつぶすのか?

引き続き私の記事です。

リラックスは今笑っています、可笑しくて涙がでそうです。
集団ストーカーとテクノロジー犯罪の加害組織の日本の中心と言うか隔絶した中心は司法の国家権力執行部で公安警察はその犬でその他はテク犯に関しては絶対使わしていない、特定機密で公安が使っている。

イルミー、フリメ、ユダ金、アメリカ勢力、キリスト教、創価学会、統一教会、各種宗教、宗教まがい等、政治結社、右翼左翼、プロ市民、行政機関、防犯ネット企業、マスメディア、ヤクザ、ゴロツキ等は二次的三次的加害者です。

テクノロジー犯罪を実際、日本の被害者に向けて攻撃しているのは統制のとれた組織公安警察でした。

あまりにも隠れ蓑が多すぎて分からないだけでした。

ネットの工作ページも情報撹乱の為、公安がしています。

被害者の皆さん、私は分かりましたが悲しいのは、多くの被害者は疑心暗鬼で、それすら気付かない事です、私も前々から公安警察と言って行きました。
ですから皆関係あるだろうと考えていたはずですが、麻痺してしまい今はっきり分かった、間違いないと言っても、聞く耳を持たないのも被害者さんの悲しい現実です。

私は昨日までの私とは違います、はっきり合点がいったからです。
チャチャを入れる方もいても、もう遅すぎです理解してしまいました。

皆さん今まで自分はこう考えて来た、ああ考えて来たにあまりこだわらないで下さい。

この問題を解決したい気持ちでいっぱいの人達のはずです、こんな被害を利用して立身出世考えている馬鹿もいないでしょう。
ネットの中を調べて調べてたどり着いた答えを自分なりにお持ちの方も、また長い間ブログや被害者の世話までした方々、プライドがおありだと思いますが、皆同じ考えで誰が何の為にやっているか知り、無くしたいと思っているはずですので、ここにともかく誰がやっているか、はっきり分かったと言っているのです。何々説だとかの類ではありません。
もう完璧な答えです。
一応ここで宣言し、ワンステージクリアのピリオドを打てさせてもらいます。

次からリラックスのブログは第二期に入ります。

そして憤りの限りです。私怨、私憤、義憤、公憤等等入り混じった怒りです。

覚醒剤犯罪の出所が分からないのや、パチンコ業界の裏が分からないのと、俺俺詐欺が捕まらないのと同じような、一般人の分からない闇の部分が集スト、テク犯だから引っこんでなさいと言いたげな公安警察であります。

被害者の皆さん加害者は見ず知らずの人です。
いままで合った事も見た事もない人達に加害されています。

まるでランダム選曲のように、ちょっとしたきっかけから始まったと思いますが、それはその前からズッーッと調べていた者がいて、その人の人間関係から家族関係身体の状態等全て調べてから、どこから攻めれば効果的で知り合いのあの人のせいと勘違いするか、或いは創価、近隣、会社に思わせる為に工作します。

信じられないと思われる方もいると思いますが、相手はプロ中のプロなのですから、でっち上げの証拠を取らせない、偽装工作のプロだったのです。

しかし集ストは、そろそろバレルるら表にだそうかと考えて、公安警察が行う行動確認の警告脅迫監視として追い込みをかける場合、1000人単位で電車に乗り込み車両がターゲット以外全員公安という事が有りえ、やっていた事が表に出だしています。
これで植草一秀さんの痴漢事件も納得のいくものです。
まさか電車の車両全部、スーツにコートにバックを持ちサングラスの公安警察ではなく、普通にお爺ちゃんから子供まで服装も様々で、通常の電車の中と変らないが全員公安警察と言う事が可能でやっていたのです。
この大人数を見て創価以外考えられないと思う盲点を利用し創価の様に仕立ててもいた。
そういう事だったのです。
これで集ストに付いてははっきりしました。
しかしテク犯は公表出来ないですよね~公安警察さん。
これだけは機械の殺傷度が分かれば殺人行為ですから、警察がランダムに国民をまだ知られていない兵器の実験で試し打ちをしていた事になります。

何れにしても自殺者、精神病、犯罪者にまで仕立てられている可能性のある問題でパチンコや覚醒剤の闇と比べて、無辜の民が射的されているのです比べようの無い犯罪性です。

テク犯を分かり易く信じられるように解説する、実際現実に受けている内容ですから、統合失調症の症状と似ていたとしても、統合失調症ではないのですから、現実を知らせるだけです。
また表現方法を選び現わして行きます、これが私の今後の活動です。
街宣活動は勿論、映画動画作りで表現して行く所存です。
宜しくお願いします。

つづく

あと聞くけど、あのレイプというのはどういう事ですか?
本当に公安警察が女性に対して本当にそんな事しているんですか?

憤りと言うのは次にもう少し書きます。




集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp


スポンサーサイト
●公安警察の被害妄想と疑心暗鬼
犯人が分かってしまえば、推理小説は面白さが無くなります。
私のなかでは約85%謎が解き明かされ、この問題の分からないゆえのジレンマ的ストレスは解消しました。
それは私が色々やった事により私が一方的に気づいたのです、推理小説を読んでいる途中に、閃きと共に了解したのです。
本来は最後のどんでん返しの繰り返しで、絶対犯人と思っていなかった者が犯人で、推理が外れたり、近いところだったりで、その小説の面白さがあると思います。
読者を手玉に取り二転三転する中で物語にのめり込んでいくのが作り手の醍醐味で、最後待て息もつかせず読ませることが出来れば秀逸です。
今までも私の様に、映画の本編半ばで気付き映画館の席を立たれた方も大勢いたのではないでしょうか?
ポイントは集団ストーカーにしても、テクノロジー犯罪にしても全て無反応で応えるというスタンスを貫く事かと思います。
加害者の仕掛けを監察する姿勢により判明して来るものを分析すれば、自ずと答えが見えて来ます、まだまだ分からないゆえだろうと多可をくくっていたのに、バレた犯人ほど滑稽なものはないのだが、それでも仕事の様にアンタッチャブル脅迫という心理戦を仕掛けて来ます。

私は証拠は持っていません、物的証拠は何一つないのです、ですから85%と言います。
これも裏を返せば証拠さえ取られなければ続行するという、物的証拠に拘る者の犯行だったのです。
まぐれで放った矢が当たったというか感じです。

さてここからは、余りに多いテクノロジー犯罪の特定機密を見つけ出す事により、機密の範囲を狭め、可哀想に苦しんでいる無実の人を解放させなければならない。
分かったからと言って予断の許せない者達である事に変わりはありません。

ゲームで言えばワンステージクリアした程度です。
いずれにしても物的証拠のない推測と憶測には変りはないのですが、
私の中では絶対の確信と100%の自信のある犯人像でゆるぎのないものですが、相手は司法ですから物的証拠以外ほぼ通用しない世界ですから、公安警察さん、どうぞお構いなく!

これで集スト犯人は判明しました、次にテクノロジー犯罪ですが、
前のブチ講座の中で言いました、前々回紹介した動画の高知白バイ事件の冤罪の小松満裕さん、この方もはっきり公安警察、検察、最高裁判所等司法が国家の中の国家と言い私の見解と符合する処でした。

そしてテクノロジー犯罪の被害者でもあるとの事で、石川県の被害者が高知に飛びそれを確かめに行きました、それだけではないのですが、私の疑問にも答えて頂く為に
行って合って来たのです。
電話で質問の答えを聞いたのですが、小松さんのテクノロジー犯罪の被害は
耳の中で「キーーン」と言う音がするそうで痛みとかは無いとの事でした。
テク犯被害者なら分かる電磁波思考盗聴されているのみと言う事でした。
これをあまり気にしていない小松さんは音楽を大きく鳴らし気にしていないと答えたそうです。
微妙な答えで、本人はテク犯の詳しい事も知らないとの事で何ともし難いが、聞いた内容ですと、耳鳴り等の病気としては認知している分けではなく外部からの攻撃と受け取っているから音楽で分からないようにしていると言う事が判明します。

 ここでも確たる証言となるものではないが、かなり濃厚な事実として聞きました。
これによりほぼテクノロジー犯罪も公安警察の仕業と考えねばなりません、現在テクノロジー犯罪のみはひた隠しに隠している犯罪で、警察がそのような事をしている等と知れては驚天動地の事です。
ですから全く分からないようにして来たと言えますが、一般市民は元々全く知らないのですから、表に出れば困るのはテクノロジー加害を行っていた組織だけです。
私の推測憶測が正しければ、全員切腹ものですね。

 高知白バイ事件を皆さん良く調べて下さい、警察が行った証拠の捏造等の隠蔽工作とでっち上げ工作と検察、裁判所の結果ありきの裁判。
これもよくよく考えると集ストテク犯の工作そのものです。

 私のブログはまだまだ少数の被害者が中心で見ているだけのマイナーなブログですので影響力はありませんから加害者は放置状態ですし、元々証拠というものがありません。
しかしその少数の見て下さっている皆様には、真実が伝えられた事が本当に良かったと思います。

しかし呆れてしまうのは、あの馬鹿どもが大勢で行っている我々犯罪のおそれの無い者に行っている監視や警告脅迫は全て税金でやっている事になります。

 私は営業の仕事をしていますが、警察官や公務員は簡単に営業トークに落ちる人達で悪い言い方をすればカモとか言われていますが、このような人を見抜く力の無い、様々な人がいるという現実を知らないで、エリートでお金の苦労もろくにしていない環境で、人様を犯罪予備軍だとか決めつけられるはずもなく、また人は時間や経験で変化します一度作った見方を変えなければならない場合もあるはずです。
それも出来ないような者、見方を変化させる事の出来ない人、例えばホモセクシャルやレズビアン等の両性具有を頭から認めないような中国人のような時代遅れの脳みそで人を裁いたり疑ったり出来ようもない者達だ。
元々胎内では両性具有であり男でも女にでもなる素質のあるものですから、何かの作用で身体は男、中身は女という人がいても全然不思議ではない。
それをこの昔の頭のものでインナーサークルで縦社会で柔軟な対応等出来るはずもない。
一度疑ったら、もう拭う事の出来ない心もないような者達と言わねばなりません。
警察の疑心暗鬼は人を見たら泥棒と思えのまま一般市民を疑い頭から犯罪者のように扱う、通常の仕事ではあり得ない体質だ。

 私は若い頃絵を学んだ事があるが、その師匠と呼ぶべき先生はホモセクシャルでした、もう大分前にお亡くなりになっているが、戦前の生まれで女のように弱々しいので兵隊に入れてもらえなかった人です。
戦後その先生は有名なイラストレーター、画家となった。
私が習った時は既に70代だったが、いろいろな事、自由な思想、発想、その先生の描く線は一筆で人の鼻の高さを出し線で凹凸を描く、とても美しいものだった。
その先生が言っていたのが全て一人ひとりオリジナルだ、個性だと教わった。
私もその万分の一でも自分のものにしたいと考えた事柄です。
前回の街宣で民主社会主義国家になる等と言いましたが、自由が失われる行いを監視国家という体制はしている事になると考えます。

 痛しと思うのであれば急ぎ自浄努力をすべき事で全てのテク犯被害者のスイッチを切れ!

 また俺俺詐欺の話をしたが、被害者の皆さん個人情報を自由自在に調べられる者が一人の老人に孫の声色を真似、孫の有人や会社の先輩等の名前を知り、服装や髪形を装い現金を受け取る、老人は疑いもなく言われた金額を取りに来た者に渡してしまうという事が通人傍受だけでも可能である事が分かる。
全員本当はその老人の見知らぬ者なのだ。
孫が帰って来たやっと判明するという事と似ていて、被害者の皆さん本当は見ず知らずの今まで見た事も無い人にやられているのです、本当の孫に聞く前の状態が被害者のあいつに加害を受けている等と考えている状態とおなじです。
公安警察等今まで生きて来て見た事もない人が、勝手に何かのきっかけで行われる犯行だったのです。
そしてより深いあらゆる情報を知りえる者それが警察権力以外ありません。
テクノロジー犯罪ビリビリ祭
年末年始『めざめよ日本!テクノロジー犯罪ビリビリ祭』開催!
画像㈪


🌕2016年12月29日~31日
 12時~15時まで(延長予定懇親会も予定)
 金沢駅東口 日航ホテルポルテ金沢横
🌕2017年1月3日~5日まで
 12時~15時まで(延長予定懇親会も予定)
 金沢駅東口 日航ホテルポルテ金沢横

昨年も試みた街宣では「きちがい!」と言われる事必至!
「オカルト」「精神病」「まる精」「統合失調症」「きもい!」「頭おかしい」
こう言われる事を前提でテクノロジー犯罪を中心に街頭周知活動を行います。

昨年の年末年始にはテクノロジー犯罪に詳しいと言われたミランダさんと言う以前活躍していた被害者の方に相談し試してみた活動です。
今度は更に知恵を付けて一般の人に理解出来るように頑張ります!



集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
目覚よ日本”!国家権力犯罪検証と周知活動
●集ストプチ講座 犯罪検証

久々のプチ講座です。
街宣前に解説しました、この前の公安警察らしい間抜けな加害者から割り出されるあらゆる事を検証します。
先週の富山での街宣の動画の冒頭部分を見てもらうと、このプチ講座の内容も理解しやすいので前記事の動画の初めの部分をく見てからこのプチ講座を聞いてもらうと分かり易いのです。

前の動画まで見るのは面倒くさいと思われる方には簡単に言うと警備公安警察が集ストテク犯の真の加害者だった中心だったという事です。
この高知の小松さんに、今日合いにこの講座の中に出て来る被害者さんは行っています。

●2016年12月12日
目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!


今日は何故かスマホのカメラがよく止まる日でした、夜の部の動画が撮れませんでした折角充電器を購入し、もう大丈夫だと思っていたのに失敗の連続でした。

そんな事より本日も駆け付けた被害者の方が2名いました、そしてお手伝いもして頂き本当にありがとうございました。
一人は本当に近所の方と言うくらい近い所に住む方で、テク犯被害者でした、今後も戦う事を誓いあいました。
歌手のASKAさんが言った盗聴国家日本
歌手で有名人のASKAさんは盗聴盗撮集団と言っていました。
我々は集団ストーカーテクノロジー犯罪と言っています、この違いについて考えるに誰もが分かるように歌手のASKAさんは元々有名人で芸能記者に追われ、一般人に注目される存在ですので、俗に言うストーカー行為は日常茶飯事だったのです。

ですから一歩外に出ると、我々の言う集団ストーカーはデビュー当時からの事であり不思議ではなくサングラスをしマスクをし変装をし外に出なければならない存在です。
ストーカーをされる理由もあり、注目されるだけの人気があったので当然でありそれを有名税と考え我慢していたはずです。
芸能人や有名人はどこに行くのも注目される事を前提で準備をし外出せねばならない人達なのです。仄めかしやストリートシアター、コリジョンキャンペーン等の手法はファンの仕業か芸能記者の仕業と考え無視していたのでしょう。
ですから集団ストーカー行為を受けていても効果は少ないのと慣れているのであまり気にしないでしょうし、その事を覚悟し外出していたのでしょう。
ですからおのずと盗聴盗撮集団と言う呼び方を使っていた事は皆様方もお気付きで、あまりASKAさん、それ集団ストーカーテクノロジー犯罪の間違いじゃないですか?とは言わなかったと思われます。
今は覚醒剤の妄想等という事は全く無いとの見地から話します。

ここで分かる事は人は自分の被害を中心にものを考え、固執しがちだと言う事です。
ASKAさんは「ほのめかし」は分からない存在ですしテクノロジー被害はハッキングだけのようです。
ASKAさんの書いた「盗聴国家日本」と言う本が早く発売されればどのような被害内容であったかが白日のものとなります。
しかしタイトルから覗い知る事の出来るのは今書いた事です。
タレントの清水由希子さんが集スト被害を訴えていたのと比べると、やや違いを感じますし、集団ストーカー被害が一定でない表れでもあります。
そしてこの一定でない点と加害勢力の一定ではない事が憶測を呼び、一般人には本当に有るのか妄想なのか理解出来ず、統合失調症の人や覚醒剤使用者の妄想であれば理解出来納得し、それで片づけるのですが、被害者が同じように憶測し合っていてはお手上げです。

ガスライティング犯罪は、人に応じて毒の処方の加減をします。
ここに一定に思われない差異を生じさせ、被害者同志でももめたりしがちです。

被害の度合い初期、慢性期、強弱、追い込み期、安定期等様々な症状を見せる犯罪でもあり、本当に傍にいる人でも病気と見間違う事もあるでしょう。

ASKAさんは、音楽家でこもって仕事をするタイプとご自分でも言っていましたので、外出時の注目を浴びる状態から、解放されるのが、このこもっている時で、それこそネットの世界は歌手ASKAを意識せず素の本人でいられた場所だった
のではないかと思います、それを邪魔した存在が盗聴盗撮集団であり、歌手ASKAさんにとって、束縛のない時間と空間を蹂躙した存在が盗聴盗撮集団と言う名称がぴったりだったのでしょう。

実は私は、今度図に描こうと思っている事があります、それは被害者の程度を人目で分かる早見表のようなものです。
私はローテクのみと言われる方もハイテクも受けていると考えています、恐怖を煽るつもりはありませんが、全く被害に気付いていない被害者もいるはづですし、監視のみ、警告監視、集スト警告、テク犯警告、そして強弱。
このように見ています。
その図は正月休みに作ります。

日本国内に於ける集ストテク犯については、加害者もバラバラで被害内容もバラバラ、大体こんな感じみたいな程度ではいつまでも加害側の思う壺であります。
ある一定の物差をもって測らなければなりません、㎝、ヤード,尺、ピクセル等バラバラの物差、その物差も間違っている可能性のあるものでは一向に白日に犯罪を示せません。
加害の方程式と共に集ストテク犯を測り、要らぬ恐怖感を持たないで済むように被害者に一定の犯罪者感を理解どころか、真実の加害者をあぶり出すのです。
少々お待ち下さい。

集団ストーカーテクノロジー犯罪の犯罪組織の正体とも言うべき内容はここにあります。
私と同じ考えです。
小松さんの話を聞けばASKAさんの事も理解出来、創価やキリスト教等各宗教、企業、ヤクザ、防犯ネット、各政治結社、各省その他が関わる理由と張本人が分かります。




集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
目覚よ日本!富山県街宣!国家権力犯罪糾弾!
12月5日富山駅前、目覚よ日本!街宣報告

今回の目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾活動の、お手伝いしてくれた心のある有志の方ありがとうございました。
金沢駅前でやっているように無事3時間やってきました。

動画は富山県の被害者有志の方が写っている部分をカットしましたので、話が飛んでいますがお許しください。
動画編集が細かい編集が出来ないレベルのスキルしかありません。
また最後の方、顕正会の奴がず~っと写っているいるのでカットしました。
これは集ストではなく、前回金沢でもいましたか、街頭折伏というものです。
それより公安警察と思われるアンカリングが初っぱなからあったので、初めからボリュームアップでぶちかまして来ました。
時と場所に応じた話をしたつもりです、先月阿久根元市長大川原さん等が応援に駆け付け落選した、松永さんとお方が、私の演説の後街宣カーで表れ流し街宣し始め通りすぎました。
その後懇親会を軽くやり帰ってきました。
また場所も変えて富山でやろう!と言うことで話し合いました。
有志の皆さんチラシ配布お手伝いありがとうございました。
最近は大きな声を出さないように、やっていたのですが久しぶりに大音声を出しました。
というわけで私は疲れました。

富山県の被害者の皆様お疲れさまでした、金沢から運転から全てサポートしてくれた有志の方にも感謝致します。


街宣が終わり後片づけをしていると、富山市民のオジサンが
「何の活動や?」と聞いてくる方がいて、少し説明し議員の辞職の事も言いました処、「後半年で全員クビにしなければいかん!」と言っていました。
富山市民の怒り心頭が伝わって来ました。
本当に全員辞めて反省しなさい!じじいでもまたやり直せばいいでしょう。
一つでも良い事して死になさい。
これは本当に富山市だけの問題ではありません。

画像㈪

ところで動画の街宣開始の部分を見て下さい、私の前に背中を向けて駅の方にカメラを向けている方がいたのです。
準備が整って、さあ始めようかという時期にカメラを撮っているのですが、怪しいので最初その後ろにわざわざマイクを向け話だしたのです、すると少し場所を移動します。
「何をしているのか?」と聞くと「バスを撮っているんです」と言いました。
こういう光景は、良くありがちで何度も体験しているアンかリングだろうと思っていました、言い逃れを用意しての邪魔なのですが、追い払いながらやったのですが、今回サポートで金沢から来られた方は警察に非常に詳しい方で、あいつは公安警察ですよ!と言っていました。
何故か?その方に独特の嫌がらせ動作があるのですが、それをしたと言うのです。
私へのアンかリングをした者が、別の被害者にもその方独特のアンかリングをして行ったことになります。
何の変哲もない事だが、このサポートで来られた方は特別な事情があり、いずれ紹介しますが、完全に公安警察からの大規模集団ストーカーを受けている方で、その理由もある方なのです。
我々単なる集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者という人は、何故そんな被害に遭っているのか分からないまま遭っていたり、宗教の勧誘を断って、そういう結果になったりと、原因と結果があまりにもバランスが取れずにチンプンカンプンの
憶測、推測のみで考えています。
しかしこの方は、はっきり相手を認識し、その理由もあるのです。
その方が私の受けたアンかリングですが、私だけなら逃げ道のある嫌がらせで無視するしかない過去何年間にわたり何度も何度も受けていたような内容のアンかリングをした者が、その方にもアンかリングをその方に向けてしたという事で、やはり証拠は何も無いアンかリングレベルですが、二人の加害者が一致した瞬間となる分けです。
この男は格下げ左遷間違いなしといった間抜けな事をしてしまった事になります。
証拠にはならないが、我々の中で確信が深まり私の集スト加害者も公安警察であると化けの皮が剥がれた瞬間となりました。
私は前々からこの公安警察が通常業務を何をしているのか?
疑問を持っていて、一たび大規模集団ストーカーをする時に息もピッタリ大人数で軍隊のように行動出来るのは何故か?
軍隊なら演習をしていますが、公安警察が大規模集団ストーカーの演習等している事は聞いたことがありませんでした。
そして大規模集団ストーカーにも種類があるように思うが、この公安警察のみで行うものは一度行ったら、時間を置いて何もしないというもので別の地域で、される理由のある人に対して行うようです。
それを知った私は疑問に思う分けです、普段はその公安は何しているの?
共産党員、カルト宗教団体を見張っているらしいが、ただ見張っているだけなのかアンかリング等の種々の集スト手法で、何かのシグナルを送ったりしていないのか?
完全にアンタッチャブルなのか?
そこで我々被害者であります、何故こんなに大勢いるのでしょうか?
我々を仮想犯罪者にし演習として小規模集団ストーカーで演習をしていないか?
創価学会が動くような者は二次的な段階です。
一次的段階は極秘レベルですので、しっかり秘密を守れる集団組織でなければなりません。
今回富山県に出張しての初めての街宣という事もありますが、その方曰く6人位の公安警察がいたと言っていました。
それを他の被害者にも話していました。
おそらくもっといたかもしれませんが、一人間抜けな奴がいたおかげで、こちら側確信が深まる出来ごととなりました。
こちら側の確信ですが、もしこれが本当なら議員の政務活動費レベルではないお金をストーカー行為に警察が税金を使っている事になります。
いまだ訴える証拠までとは言えないが、そうであれば全被害者に謝罪し全国民に謝罪し、それこそ全員自殺でもしてもらわねばなりませんね。
若しくは残りの一生働いて使った税金を返納し被害者には賠償しなければなりません。
二次的に関与した者も同様につぐなってもらわねばならない。



集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.