2016/11/27

※重要 皇室の交通事故に思う。

悠仁さまらが乗った車、追突事故の背景は?
皇太子家と異なる警備態勢
というニュースがありましたが、この事で竹田恒泰さんが、ある番組でこのような話をしていました。
通常天皇陛下、皇太子殿下が車に乗る場合、信号は全て青であるという事です。
その様に調節するそうです、これは別段驚く話ではなく当然の警備からの調節であり必要なものと思われます、ですからその話そのものには問題は無いのですが、信号機は、そういう調節が可能な代物で、赤信号の時間を長くしたり別方向の信号との誤差を無くしたり出来るのです。
もはやコリジョン等と言う生易しいものではなく、完全犯罪交通事故誘発となります、これで被害者の方が又伝染し車に乗れないと思うことを恐れます。
ここからが更に怖い話になりますが、ある集スト被害者が交差点の信号を約10分間全信号赤信号という状態を見せられて、『こういうこともできんねん!』と仄めかされた話を聞きました大阪方面の事です。
その時4車線全部に車が居るのに全く動かない状態です、我々の言う大規模集団ストーカー発動の瞬間です。
これが出来る者が日本に於ける集団ストーカーの犯人なのです。
創価学会が、はたまた隣人が簡単にそこまでの事を出来るでしょうか?
これはコリジョンに様々に使える装置となります。
この話で我々の相対している加害者というのは加害の度合いはどうあれ、個人や小規模団体等が逆立ちしても敵わない敵であります。
そのような協力な邪魔者排除兵器を有しながら小規模も行う、加害の方程式に書いたように姿を変えながら加減し行っている訳です。
何者とは今回は言いません。
皆さま方の想像力にお任せします。
ここへ来て被害者の皆様には佳境に入って来た感がある記事内容となり方程式と共に深く考え一定の認識を持ち戦ってまいりましょう!


集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト
2016/11/26

2016年12月5日富山県で街宣します!ワーイ!パチパチ!

画像㈪

目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾活動予定
2016年12月5日(月曜日)12時~15時まで
富山県富山駅前で街宣します。

富山県の被害者の皆さん、是非遊びに来て下さい。
中々遠方に行けないリラックスですが隣の県なら行けますので、富山県の被害者の方と連携を取り、まず第一回でやってみます。
福井県は小百合さんが居たが最近はどうしているのか?
福井県も行けますよ!
被害者の方ご連絡下さい。
街宣後、懇親会も行いますのでその参加のみでもいいですよ、今後何回でもやりますから宜しくお願いします。

その他12月は年末にも中頃にも街宣やります!
また年明けの新年街宣も予定が立ち次第告知します。
2016/11/21

加害の方程式

集団ストーカー、テクノロジー犯罪には、加害者側の犯罪を貫く方程式の様なものが有ると考えます。
以前貫く法則として証拠を取らせないという、一つを挙げ公安警察の関与創価学会だけでは直ぐ証拠が出て来ると説明した事が
ありますが、ここで次に犯罪の裏側にもう一つ貫く方程式のようなものを紹介します。
加害の方程式1

これは私の私見でありますが、これも警察が良く使う方法でもあり、でっち上げの方程式になります。

図の加害の方程式を見てもらいたいのですが、Aは被害者です、普通被害者は何となく分かり易い相手Bを犯人と思い散々調べたり訴えたりします。
これは良く言う隣の人が、階下の人間が、或いは誰か知人の者がと考えます。
通常のストーカーはそれで正しいのですが、これだけ証拠が取れない完全犯罪を演じて見せる、この敵犯人はでっち上げで犯人を作るのが容易なようです、我々被害者を仮想犯罪予備軍としてあらゆる犯罪の予備軍としてレッテルを貼りますが、加害者でっち上げ適当に調べ上げた個人情報を元に、この被害者が如何にもやりそうと思われる者をでっち上げるやり方で真の加害者Cが仮想加害者Bを植え付けるのです。
例えばオウム事件で国松長官暗殺事件や坂本弁護士一家殺人事件のように、わざと証拠を落としていったりします。
誰かのせいになるように仕組むのです、オウムのバッチが落ちていた等が怪しさの極みと言えるのです。
これも証拠に拘る者の犯行ですので、被害者に仮想犯人に仕立てられた者がやっているように思わせる情報のみ残すやり方です。
被害者は恐怖と怒りから、その仕立てられた犯人に、その怒りをぶつけます。
しかしこれは闘牛士の赤いマントであり、犬の調教師の噛まれてもいいように作られた袖と同じなのです。
この被害者の場合ダミーBに突っ込み噛みつく事は真の加害者Cの思う壺という事を理解して頂きたいと思います。

囚われている被害者に何を言っても信じられない方もいますが、この方程式ですので、憎むべきは加害者Cなのです。

またダミーBが依頼者という事は考えられますが、何しろそのBを調べても証拠は出てきません。

遠隔から他者の犯行に見せAとBが揉めるのを、高みの見物がCと言う方程式が集スト、テク犯にはあるように私は感じています。
「創価学会に頼まれた」、本当に頼まれたら言うでしょうか?
私達も街宣の途中、時間があったので喫茶店でお茶を飲んでいた時隣の席の女性2人が携帯のボイスレコーダーを我々の座る席の方にスイッチを押して置いたので、被害者の一人が「創価学会の人ですか?」と聞いた処「はい創価学会です。」と言った事がありました。
普通考えられない状況です。
また完全に今から創価学会の集団ストーカーが始まる等と宣言され、身体障害者に囲まれた方もいます。
怪しさこの上ないもので、逆に別のものが目眩ましをかましていると考えられます。
スカンクが敵を撒くためおならをするのと同じです。
この習性を分析すると、ずる賢さ卑怯さにおいて肩を並べるものがない、なりふり構わない構えです、これは絶対に隠さねばならない、深層をつかまれてはならない、スパイや忍者がとる行動であり、またしても公安警察が怪しさ随一の真犯人候補と言わねばならない。
創価の人間も空いた口が塞がらないだろう。
このような誰かのせいにする防御線を幾重にも張る加害者と考えて下さい。

学会の脱会被害者は加害者が学会員だと分かりますから本当に証拠も取れ訴える事は可能でしょう。
しかし集ストテク犯被害者は元学会員ばかりではありません、これは何故でしょうか?
このように雲を掴むように犯人を分からなくしてしまうのが加害側のでっち上げ加害者方程式となり、目の前の犯人と思われる者は犯人でない者が殆どです。
この方程式を頭に入れておくと、加害側は多くを偽装に時間と労力をかけているので、加害者側の偽装を見破り徒労に終わらせられる。
被害者も無駄な消耗を避けられます。

それでも揺るぎない者が犯人なら、その人間を訴えて調べてもらう事です、電磁波発生器も超音波発生器の本物も出て来るはずではないでしょうか?
また集ストでの揺るぎない犯人が、こいつだと掴んでいる方は早々警察に訴え出て調べてもらうべきでしょう。

これまでこの犯罪でトカゲの尻尾切りでもいいから逮捕された者がいるなら、別ですが、機器すら出て来ないのですから、余程の予防線を引いていると考える方が当然と言えます。

個別の被害は様々ですが、裏には貫く法則性が潜んでいます、これを観る事により真の犯人Cを絞り込んで行くべきです。
「フリメ」「イルミー」が主犯であれ方程式は相関図は巨大になるだけで、方程式は変りません。
中国と日本が仲が悪ければアメリカが喜ぶという方程式で、アメリカが炊きつけていると言う事を忘れてはいけないと思うのです。
これを小さい我々の被害に当てはめても同じ事が言えるので知っておいてもらいたい事であり、ここまでBに囚われている被害者は目が見えないのと同じですので、本質が見えていないと言え、バラバラの集スト被害を少しでも的を的確に縮め絞り込み、一定の認識を集ストもテク犯の被害者も持って行きたいと思います、これこそ議論の必要な事柄と考えます。

注意
これは結して創価学会がやっていない、隣人がやっていない等と言っているものではありません。



集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
2016/11/18

集スト被害で遊ぼう!

この記事のタイトルコピーも誤解されそうですが、私のこの辺りの感覚は加害者をがっかりさせる意図のもので他意はありません。

集ストテク犯被害者は、被害に耐えて苦しむだけではつまらないでしょ、街宣遊びや、裁判ごっこ、ポスティングダッシュ、署名ごっこ等々。

直接的な反撃以外に間接攻撃として、映画製作、動画製作を企画します。
表現しましょう!
科学的に防御や、自分でテク犯機器のテクノロジーを解明したり、絵画で表す、詞にする、歌にする、音楽にする、ダンスにする。
小説大歓迎!物語、お笑いコント歓迎!
漫画、アニメでも構わないと思います。
アート、彫刻でもいいのです、我々被害者は通常と違う生活を強いられています、その感覚をぶつける場所が必要です。
これ以上ないオリジナリティーを有していると考えて下さい。
被害を楽しみましょう!
Please enjo!

さて『集団ストーカー映画製作委員会』では作家を募集しています。
ユーチューブは勿論、ニコニコ動画で活躍されているアニメーション作家や3DCGアニメーション等で現実に近い臨場感で、この理解し難い犯罪を表現したいのです、また牽いては表現の限界に迫るテクノロジー犯罪の眼に見えない加害行為を表現したいのです。
是非下記の映画製作委員会のホームページまで。
Youtube用

ニコニコ動画用



集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
2016/11/16

11 月14日15日活動報告!!

11 月14日15日活動報告!!

14日の活動は街宣を行おうと思ったら他県からの被害者の方が来て下さり、いきなり懇親会となりました。
岡山@勇気さんのツィッターを見て来られたそうです、勇気さんありがとうございます。

15日は、その方も活動に加わり一部はお手伝いをして頂きました、ありがとうございます。
ニ部の夕方の活動には、これもいきなり顕正会の女子が2人街頭折伏をしていてマイクで「浅井!」と顕正会の会長を呼び捨てに説明したら、悲鳴を上げていました。

さて街宣内容で大変失礼な事も言っているかもしれませんが、お許し下さい。
偏に、この問題を解決し被害者を助け出したいとの思いからですのでご容赦下さい。
またぶっつけ本番でやっていますので、たまに間違った事も言っているかもしれません、これもご容赦下さい。
映画の事ご協力お願いします。
前回真近等と書きましたが、本当に駆け出しのこれからと言う状況ですが、何とか形にして行きたいと考えています。


集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
2016/11/14

COMING―SOON!

映画製作委員会
11月1日に設立した集スト映画製作委員会は、早くも一作目が完成真近ですCOMING―SOON!

WARNING!
この委員会の趣旨は被害者による映画作りとなりますので加害者側が作った今までの、それっぽい作品とは違います。

初めは出来る範囲内で、どこまで出来るかが大切であたたかい目で見て下さい。

最終的には「ガス灯」のようにアカデミー賞を狙います!

そして同時に、誰も見ない見たくない私の街宣動画や意味不明に見える証拠取り映像を打ち破った形で一般の方々に
認知してもらう意図で始めます。
証拠取りや街宣をしている方々に申し訳ありませんが、今までの方法を上回る周知活動で新たなアプローチとして動画も沢山作ってまいります。
どうか今までも犯罪の周知として様々な動画を作られた方々にもご協力頂ければと考えます。
解説形式、ニュース形式、物語方式、ドキュメンタリー形式等等、またエンターテイメントとして音楽、映像、アートまで昇華できればと考えます。

被害者の方で才能のある方は、是非ご参加下さい。
勿論非営利製作委員会です。

お手伝いしたい方はメール下さい。 relax@kxe.biglobe.ne.jp

この企画の発端は、私のブログのコメント欄にウォーカーさんと言う被害者の方が私の記事に怒りの書き込みをした事からはじまりました。

そして私はウォーカーさんのブログを見て映画監督になりたいという夢を語っていたのを見て、以前から実は私は集ストの映画を作り-たいと見果てぬ夢と思い考えていた事があったので、その事を逆にウォーカーさんのブログに書き込みんだ処から始まりました。

それからアッという間にウォーカーさんのご努力によりホームページを作成し、既に脚本を作りだしと、早い勢いで進んでいます。
しかもメールのやり取りのみでやっています、私はじじいですがウォーカーさんは若いので水を得た魚のように前進しています。
と言う分けで殆どウォーカーさんがやっているのが現実となります。
その中被害が、かなり酷い方も是非参加したいという力強い協力者も現れています。

まだまだ初期のレッスン動画ですが、何個か動画を作り出していますのでご紹介致します。






集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
2016/11/07

11月の目覚めよ日本!!国家権力犯罪糾弾!街頭スピーチ


画像㈪
本日金沢駅での街頭スピーチを行ってまいりました。
何の問題もなく終了致しました。
途中私が腕を腰に当ててスピーチするのは、「何さまなのか?」と思われて聞こうと思っても、聞く気がなくなる等と言う御忠告を頂きました。
ありがとうございます、今後気を付けて行います。
この辺りは私は結構素直なところがありますので改めます。

次回はキティーちゃんのきぐるみを着てピコ太郎のように、やったらアクセス数が上がるのと、周知が進むとのご指摘も受けました、これも今後の課題として快く受け入れ考えます。
フランさん一緒にきぐるみ着ようか?
確かにアクセス数も大事だと思います、周知を上げる為に馬鹿みたいに同じ事を繰り返しても微々たる前進のようですので何かまた方法を考えます。

また映画製作委員会を設立しましたが、これも新たなアプローチとして真剣に考えていますのでそこに生かして行く必要はある、集ストをエンターテイメントとして発信する。
加害者が思いもしない展開というのも面白いと思います。


集団ストーカー映画製作委員会


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp