目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
自分の被害と他人の被害
自分の被害と他人の被害

被害者は当然被害を受けていれば、受けた被害を中心に考える、ローテク、ハイテクの強弱、しかしその被害は実は加害者に確かめ切れないので、100%とは言えない。そこで自身の今まで生きてきた体験してきた事を元に判断し、被害の度合いを測る。
それも個人差があり、決して完璧とは言えない。
例えば毎日外出し人と接する機会の多い人と、家にいつも居てたまに外出する人とでは同じ加害行為をしても、
受け取り方も違うはずです。
会社や仕事によっても異なり、運転免許の有無、運転歴の差によっても異なる。
よく被害者の方でブライティングで、昼なのにライトを付けた車やバイクが現れたと言いますが、日中ライトを付ける事を奨励されている、もしくは義務付けられている場合もあり、それを知らずに被害と思い込み、怖がっている方もいます。

またパソコンスキルもハッキングや遠隔操作とパソコン関連の不具合を被害と勘違いする場合もあり、全く加害されていない場合もある。
もしくは傍受のみで終わっているものを、単なる不具合を加害と思い込み驚いている場合もある。

一たび思いこむと人は、その考えに囚われ、全てをそこから答えを見出そうとする。

また未知のものに対して、自分の経験で判断し断定する場合もあり、未知のものは更に想像以上のものもあるのだ。

しかし一度、自身の固執した考えで割り切り答えを出してしまったものは、そうそう修正しにくいもので、なかなか受け入れようとしない。

そこでその人間の性質を前もって知っている加害者は、加害行為に差別を加えて、一律の加害にせず人ごとに変化させた
ローテク、ハイテク加害を行い、被害者を一致団結させずに、いつまでも曖昧さを保ち続けようとしている。

ここまで一市民でしかない私が、あがいて得た情報を考えると概ね答えが見えて来て納得のいくもので、証拠など無くとも
やはり人間世界の出来ごとの一つであった。

火星人の侵略ではなかったのだ。
ここまでの理解は他人の被害を我事のように受け止める、余裕があったからで最悪を想定し覚悟しての受け入れ方をしてきたからと思う。
頭の良い人は、その知識の豊富さに逆に縛られ、判断基準をその知識中心に求め見極めを誤る。
それとは逆に被害者の個人の性格や恐怖心からネットで得た情報を、うのみにし妄想を膨らませ受けていない加害を受けたように増幅し疑心暗鬼になる。
これも加害のせいではあるが、被害者もそこは冷静になりたいものです。

加害者は公安警察を経糸とする事は前に書いた記事の図解で分かると思うが「目に見えない敵」や「都市伝説」は、警察がそれを曖昧にするために考え出された言葉のようだ。
「統合失調症」という病名も私は警察で初めて教えられた。
加害側が、自身の犯行を市民に知らせない為に様々な工作や情報の操作が行われているが、一枚一枚剥がしていくとそこら辺りに行き当たるのが、この犯罪で、悪戯に過大化する事もなく、恐がる事もありませんでした。

受ける被害は多々あれど、その根底に流れている物も拾い上げてみると利益拡大と維持以外ない事も分かる。
公安警察は、そのターゲットとトラぶったら逃げるように教えられているようだが、私の場合も確かに逃げた!
正面攻撃は避けたいようだ、延々と遠隔から自身の安全地帯から攻撃するのが正体を見せない犯行の基本のようです。

そして前にも述べた獄卒根性丸出しで、有意な立場を最大限に利用し威嚇してくる。
それは圧倒的弱者虐待の醜い人間の本性をも現わす。
メンタル面の犯罪とも言える、この犯罪だが被害者の中にはメンタル面の鈍感な方もいて、集ストを単なる嫌がらせのみと受け取る方もいるが、実はマインドコントロールを合わせたもので、完璧ではないが意図した道筋を歩かそうとする試みで、最後まで遠隔から行い、目に見えるだけのローテクで、ダメなら身体で思い知らせるとの意味でハイテクという事で、結局強制と服従をさせる権力笠の行為でしかない。信念も何もない。

幕末に幕府を守ろうとした者達も大勢いたが、理念も理想もないが、実は愛国心は当然あった人達です、
今この犯罪を行う者達も、少しこれと似ているように思う、大道が見えず目の前の道しかみていない人達で、この下らない犯罪を勤勉にやっている処が日本人らしい部分も垣間見えて可愛い。
加害者を褒めても仕方ないが、新撰組は好きだ。

私は腹を決めてやっていますし、他の被害者と違い因果応報を徹頭徹尾信じているので、あまり問題ない。
被害者に理念や理想を持っているわけではなく、普通の日常、いままでの暮らしを取り戻したいだけと思いますし、
それを阻むこの犯罪を憎み対していると思われるが、加害者も必死のようで、確かに大きな力で行っているが
決して幸せな日常とは言えないのではないだろうか。

この内憂と思われる犯罪、国を過つ行為を乗り越える事により、新しい日本が現れる事も想像出来るが、加害側も今のチンケな
ままでは中途半端で終わる可能性もある、小者の小悪で終わるのだ。

また現代型の戦争もそうですが、人殺しをゲームのように安全地帯から行えるのも特徴として、この犯罪も同じ遠隔から返り血を浴びる事無く遊び感覚で拷問が出来るのだ。

人は自身の身に起きている事は、だいたい理解出来る妄想を差し引いて明らかに加害行為と分かる。
同じ被害者同志は、特に始めは普段話す機会が無い分被害者同志は盛り上がる事が多いが、時間の経過で
その被害の差を理解し合えれば良いが、妄想や疑心暗鬼部分と誤解し、ぎくしゃくする事もある。

被害者はある程度可能と思われる加害行為に関しては、自身には起きていなくとも、やや受け入れる姿勢も必要かと思うのと、
その幅を持つ事が必要で、どうしても理解出来ない部分は議論すれば良い。
そこには被害者にも本音があり、自身の被害が無くなれば、それで被害者同志等、何の意味もないし、加害が止めば楽しく生きていくだけと思っている方が殆どでしょう、それも仕方ありません。

私のように国家権力犯罪等と大げさに政治まじりの話しまですると、そんなのどうでもいいから犯罪を無くしてくれと考えている場合も出て来るでしょう。

しかしどう考えても国家と警察が関わる犯罪に、国家や警察に嘆願したところで「都市伝説」としてかたずけられるのが関の山でしょう。
国家賠償訴訟には証拠がいりますが、証拠を持ったら殺され兼ねない犯罪でもあるのです。

なかなか人の痛みが理解出来ないから、この犯罪もあるように他人の被害は、第三者には全く理解され難い現状だ。

これは被害者を突き放つ考えで申しているのではなく、
より理解を深め、他者の被害を少しでも理解する為に言っている事です。
また被害に囚われ切った人生にならないようにもいいたい事です。


※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
スポンサーサイト
民主自由主義の監視システムと、独裁共産主義の監視システム
画像
●民主自由主義の監視システムと、独裁共産主義の監視システム

一般的に民主国家に住む我々は、監視システムは独裁者や共産主義と言いながら特権を有する者が、
自身の立場を安定させる為に、その立場を危うくする可能性の芽をつみとる、大義的には共産主義の名目の平等の元、
不穏分子として、この監視システムを使用し無実だろうと権力により自由自在に排除され処理される。
それはソ連の秘密警察KDB、日本の戦時中の特高警察のようなもので、現在共産国では今なお堂々と活躍しているだろう。
この独裁状態の場合、いつでもでっち上げ逮捕し拷問し無い罪を言わせる事はい
とも容易く殺す事も簡単に出来るだろう。
しかしあまり強引な事を繰り返していけば差異疑心の国となり、いずれ革命により、ひっくり返される可能性が高まり、一応人民には良い独裁者を印象付けたいので、この監視システムをつかい重箱の隅の粗を探し、でっち上げ状態で見せしめとして
吊るしあげる事もあるだろう。
全ては独裁者の権力を維持する為と言えます。

現在の日本国のような一応見せかけの自由民主国家での監視システムはと言えば、本来資本主義は競争社会ですので、年功序列や賃金の一定と言う事ではなく、差があって当然ですので格差が出来ますが、その差を又逆転する事も可能な
社会と言えるのですが、日本社会のように歴史が長く島国という狭い国家では、なかなか逆転するという事が難しい社会でもある。
それはそれで今の日本の在り方として普通で、もし格差が出来てもしかたのないのが民主主義自由主義資本主義の国だ。
実際は共産主義国の方が格差が大きくなっているのが現実だ。

ここで確かに主義は違えど、人間の本質として考えた場合、欲の塊ですので能力があり権力を得たら、それを長く保ちたいと思うでしょうし、その為にありとあらゆる方法も取るでしょうし、歴史に何度も同じような事を繰り返しながらも又同じ過ちを犯していくのが常ではないだろうか?
その権力は一代で終わらずに永遠に続くようにとも思うのも人間でしょう。
それらを大義名分と社会を良くするとの旗を掲げて欲望を満足させるのが本質ではないでしょうか?
しかし日本は不思議と天皇制により、世界の国々のように全く醜い欲のぶつかり合いと天下の取合戦の連続だけではなく、その国体を守り続けて来た歴史のある国です。
しかし欲のぶつかり合いは人間社会では無くす事はできないのでしょうか?
その本質を守る為には独裁者も資本主義社会の人も変りはないようで、監視システムは、その肥大した欲望と権力を維持発展させる為の手段の一つとして使われるシステムと言わねばなりません。
しかし民主主義ですから、少数の権力側は表向き荒っぽい事は出来ないので、国民を欺き方も共産主義国家のレベルではない巧妙さが必要となり、いつも主権者であるはずの市民を逆利用し、全く分からないまま行わねばならないので情報を統制という言葉では無いが情報操作され、今の社会の印象を操作され続ける存在として生かされているようになる。
そして陰に隠れて監視システムを導入していくのです、国民は知らす知らずに、そのシステムに管理されだしている事すら分からない、それが当たり前という世の中を作りだして行くのです。
今は実験準備段階のようで、それを導入しようと考える側も、半信半疑ではあるが実験を始めた以上、貫徹しなければならない義務と決意でやっているようだ。
たんなる苛めのシステムですと、飽きるのでそれに大義名分として理想の社会を実は権力を守る為なのだが、崇高な自分達だけが未来永劫繁栄するかの錯覚のまま推し進めているのが現在の日本国に於ける監視システムである。

これに携わる者達は、思想や主義、宗教の教えも実はどうでもいいのである、権力の維持、その繁栄にあやかりたい者が行っているのです。ですから、手法には宗教団体も利用する右翼左翼団体も利用するマッチポンプで目くらましをするが、本質は権力維持装置、権益製造機なのです。

手法は国民の目をくらます必要があるので、マインドコントロール的手法で徐々に入り込み時間をかけ行っていく。
その科学技術も十分に使用可能な事を見極め、今まではここまでの管理社会は不可能だと思われた、完全な監視管理社会を目論むのである。
戦時中の特高警察のような表立った動きを見せず、潜伏し国民全ての情報を把握し操作しだすつもりなのです。
信じ難いが、今自動運転の自動車が走り出すのと同じで、あの田ぼ道や入り組んだ古い町並みも自動運転出来るとは想像しにくいが、やろうとしだしているのと同じだ。

行動確認、情報収集だけでは飽き足らず、秘密の秘密テクノロジーを使い様々な現象まで作りだし管理社会の貫徹をしている。

しかし実は大義名分が弱い、システムのみ先行し大義が後づけ、今の流れ的時代を守る的なもので理想が無い。
太平の世の管理システムとしては幕府を永続させる為に機能するが、目まぐるしく変化する世界情勢に、適応できるとは到底思えないのは、その技術のみあって主義思想がない事だ。

内憂外患の内側のみの保全で外の脅威には対応不能だが、これだけでも国を滅ぼすような事態を危惧する。

ともあれ独裁国家の監視と民主国家の監視は本質は同じで、監視をする事自体が、その組織、国を危うくする機能で、
実はまとまりがない、心配だからという理由で行うのが監視で、便利差と利益を拡大させる為の管理でしかないので、
やはり理想と信念が必要で、それがあれば監視は、自ずと必要はなく利便性の追求として使用すればよい。

現在闇の組織、日本の公安警察が行う、曖昧で宗教団体や右翼左翼、共産主義者等、あらゆる仮面をつけて行う監視システム、マインドコントロールシステムは技術のみで理念がない。
場当たり的なもので、その力の身が先走る可能性もあり危険な存在と言わねばなりません。
所詮文字の如く、警備、公共、安全、警察でしかない身の程をしるべきである、やるなら完全警察主義国家でも作る理想でももって選挙にでて見てはどうか?
その必要は無いブレインジャックが可能になれば、その必要も無く、その装置を持つだけで天下を取る事が出来るはずです、そこまで出来ていないのはそこまでのテクノロジーは、まだまだ100年以上またねばならないのか?

※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
8月熱中熱血夏休スペシャル街宣模様!
8月12.13.14日の街宣の動画をアップしました。
暑い熱い3日間の街宣活動の模様です、ご興味のある方はご覧ください。

新たな目覚めよ日本活動の昇り旗を使用しての全て警察に道路使用の許可を取りさせて頂きました。



13日は丁度昨年被害者の会ネットワークのアインさんとアナスイさんが応援に来てくれ無耳さんと街宣し
た日だったと思いますが、同じ日に又同じ場所でやりました。
被害者の方が差し入れをしてくれたり有意義な活動でした。

しかし暑さの為に元気が無くなり、これではいけないと思い13日2部の場所に移動する時気合いを入れ直して
次の場所に行くと、歩行者天国で夏祭り会場となっていました。
これは私は知らずに許可を取りましたので全国から来た「よさこい」のチームのコンテストのようなものが始まるギリギリまで
1時間少し集まった人々に力の限り訴えました。
その模様は残念ながらスマホの電池が無くなり撮る事が出来ませんでした。
「かまして」きました。
事前に夏祭り会場となっている事を知っていれば場所を別の処に変えてもよかったのですが警察の方では教えてくれませんでした。
以前天皇陛下が来た時は警察は教えてくれたのに今回は偶然かわざとか分からないが、そんな中で一人で街宣をかまして来ました。
陰には屈強の警察官が隠れていたようでした。

さすがに「よさこい」の大音量には勝てないのでスゴスゴと撤収して帰りました。
しかし時間は十分あり1時間20分位、会場準備の方やよさこいチームの方の聞いている中ブチかましてまいりました。
それどころではない人達を前に、少しでも考えさせるように言葉を選び真剣に訴えてきました。
中には聞いている方もいたはずですし、準備の時ですので私の声は響き渡っていたはずです。
デパートビルの管理の以前私に、ここで街宣するのを止めてくれいきなり言ってきた方もいて、又「街宣内容がそぐわないので」早めに切り上げてくれ等と言ってきましたが、「内容の事を言われる筋合いはない!言論の自由という法律を知らないのか?」と応じた。
聞く気の無い人に強いて、これを聞かせるという風になったが有意義な活動となった。
これをもって思うに、人の集まる場所で聞かせるのもいいなと思いました。
考えたらバス停から離れた処で街宣をやっていたが、バス停でやればいい等と新たな活動も見えた、この日の街宣となりました。

早速明くる日の14日バスを待つバス停で座っている人の顔を間近に見ながら街宣をしてまいりました。


●活動開始と加害激化?

現在認識されている常識の少し外にある
犯行で、規制も出来ず法律も無い、またその犯罪を、第三者が分からないとなれば、加害者は現在の世の中で特殊な能力を持ったと、勘違いするでしょう。
そして他人を自由に操り、得意になり、自身を過大に思い込み、有頂天で神や宗教の教祖とまではいかないが、特別な人間と思い込みがちだろう。
しかしそれは、よくよく見ると権力と財力を背景に命令されて行う獄卒、拷問係位の優位性で、真の価値観くるものではなく、ただ自分が拷問される側でなく、拷問する人だっただけなのです、家に帰れば、その特権は無効で悩みに覆われ、別の苦痛を味わい、なまじ特殊能力を手にしたかのように錯覚している彼らは、その力の及ばない自身の生活のストレスを更に加算させ落差を付けて、被害者に対するでしょう。
よく言われる、被害者が行動を起こすと被害が激化するというが、それは獄卒として言うことを聞かない囚人に強く当たり、自身の優位性を守り誇示し、その上にこっそり人間の持つ残虐性を私上手くいかない私生活のストレスを加害行為にぶつけ自己満足しているのです。
そこまで考えますと、行動を起こした被害者は怯む理由は無くなります。
何の理由も無く加害を受け黙っている必要はありません。
逆に行動を起こしての加害激化により行動を止める事は、彼らの卑怯な自己満足の手伝いをする事になります。
被害者の方にも生活環境、経済力がそれぞれ差がありますが、力に応じて続けて行動をする事が肝要です。
誰かと同じようにやる必要はありませんが、何か行動を起こすと反動がある事を予測し、行動を起こし加害が激化したら『来た、来た!』と思える位の余裕を持って行動致しましょう。
獄卒も必死です、囚人が脱走でもしたら自分達の責任で、我々被害者よりキツイお仕置きが待っているのです。

最近新たに被害者がブログを始めた事を紹介しましたが、
頑張って下さい!
これに応じて加害者側もいくつか新たにブログを始めたようだが紹介しません。
見もしません残念でしたという感じです。
ご苦労様でした。

いずれにしても私もそうですが、活動を始め街宣の場合特に途中で止める事は出来ません。
そのような偽の被害者がいたりするので、疑心暗鬼の被害者には、どれが本物か分からなくなる方もいると思いますので、街宣の内容はともかく、街宣の場に立っている事が重要で街宣をしていれば間違いなく被害者と誰も理解して頂けるのです、
ですから私は今後も達続けます。

※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp
またまた被害者の方がブログを始めました!
みんと@集団ストーカー被害者
http://ameblo.jp/mint0726

またまた嬉しいニュースをお知らせします。
東京の被害者さんで電話でも話した被害者の方がブログを
開始しました。
チラシ配布の近隣の同志を募っています、応援して閲覧して下さい。
タイトルがシャレてますねみんとさん。
ミントの世界征服計画みたいですね!ガンバレ!
リンクに加えさせて頂きますので今後とも宜しくお願いします。
街宣とチラシ配布やります!
画像

●次回目覚めよ日本!国家権力犯罪周知活動告知!


2016年8月12日(金曜日) 金沢駅東口日航ホテル横
      11時~15時まで
2016年8月13日(土曜日) 金沢駅東口日航ホテル横
      11時~15時まで
       金沢市武蔵町エムザ前16時~19時まで
2016年8月14日(日曜日) 金沢駅東口日航ホテル横
      11時~15時まで 
      金沢市香林坊アトリオ前16時~19時まで

暑いですねー!加害者の皆さん如何お過ごしでしょうか?
里帰りはされるのでしょうか?
お墓参りはするのでしょうか?

恒例の毎月の金沢駅等での街宣活動、犯罪周知活動を
行います。

※御相談御質問受付しています、お気軽にメール下さい。
少し質問の回答が遅れていますが必ず返信致します。
連絡先
relax@kxe.biglobe.ne.jp

copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.