目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
公安警察、警察関連、公権力、カルト宗教団体等による秘密警察、組織集団監視、共謀罪、テクノローによる人体実験、自国民虐待の事実を暴き周知させ、全被害者救済させる戦い!
次の次の街頭周知活動予定
次の次の石川県金沢市の街頭周知活動予定決定

2015年5月3日土曜日 12時~14時 金沢駅西口

2015年5月3日土曜日 15時~17時金沢市片町スクランブル交差点

以上のように決定しました。
変更がありましたら、ブログにて告知します。

お近くの被害者の方は自由に参加出来ます。
また相談等ありましたらお知らせ下さい。

relax@kxe.biglobe.ne.jp

集団ストーカーのゴールデンウィーク♪

恐ろしい集団ストーカーと言えど人の子、学会員だったり
バイトだったりシルバー人材だったり鼻垂れだったりと様々な人達です、
ゴールデンウィークには、旅行もしたい、彼女とデートもしたいし、
ディズニーランドにも行くでしょう、また帰省し年老いた親に孝行のひとつもし
墓参りもし、先祖に報告もしなければならない、
こんな立派になってこんな事して元気にやっていますと,

こう思うのを見越してゴールデンウィーク中も、しっかりガキどものバイトを増やして
集ストに専念させなければならないと計画中と思われる、
これを哀れと言わずして、何と例えられようか?
罪の意識の無い者はともかく、しっかり自覚してやっている人は普通なら自分の情けなさに呆れて自殺したくなるのではないか?
それも金の為と諦めて、自分に言い聞かせせいぜい旅行なりして気を紛らせるしかないでしょうね。
可笑しくて涙もでませんね、しっかり車に張り付いていなさい。

さて、ゴールデンウィーク中に私共も街宣活動を敢行する事になりました。
集ストも休みがあっては、本当の集ストとは言えない分けですから
強力に周知活動にも休みがあってはならないと考えます。
今回は駅の新幹線で賑わう西口と、金沢の繁華街の片町スクランブルですので、
効果は絶大と考えますし、集ストの連中には一番嫌な場所と思われる。
街宣なんてそんなにお金もかからないし、どんどん小まめにやった方がいいと思うし効果があると考えます。
ちょいちょいやるという感じですね。
チラシ配布は業者にして頂いているので印刷代と共にお金がかかります、同時にやるのが一番効果があり、集ストグループは嫌がる事になる。
そこはざまーみろと全精力を使ってやります。
こういう挑発的発言にすぐ反応するのも楽しい限りです。
スポンサーサイト
街宣間近!
次回の街頭周知活動の日時場所が決まりました。

2015年4月27日(月曜日)
    
午後12時~午後2時 石川県庁前県警前
    
午後15時~午後17時 武蔵町名鉄エムザ前
    
午後17時30分~午後19時 香林坊アトリオ前

以上のように又周知活動を行います。
参加者募集お気軽に連絡下さい。
また参加出来なくても同被害者と思われる方の相談も受け付けます。
relaxlife@ezweb.ne,jp

創価学会と集団ストーカー
集ストの被害を受けた時、人数の多さに気づいて
私のような日蓮正宗で顕正会出身の人間はまず、創価学会の仕業に違いない
と考えました。
ところが、そうで無いような工作もするので、違うのかとも思ったりしますが、
はっきり言って日本国に、こんな事の出来る組織は創価学会以外ありません。
顕正会にいた時創価を脱会して来た人達が何人もいました、
創価学会の方も何度も折伏しましたし、法論もしましたが、
その中で、この集ストに関するような話は枚挙に暇が無いくらい聞きました。
最初会員の脱会を防ぐためのノイズキャンペーンだったんです。
又は会の中で異論を唱える者を村八分する方法だったりしました。
そしてこの根本は会の体質に有ると思われます。
戦後二代目会長戸田城聖時代から、創価学会と宗教を否定する共産党は仲が悪く、
お互い足の引っ張り合いをしていました。
その時代から創価学会は盗聴器を共産党の委員長の家等に仕掛け
弱みを掴む工作を開始しています。
これは創価学会の顧問弁護士山崎正友弁護士がはっきり本にも書いています。
また公明党結党後も共産党に国教を目的にする政党として、憲法違反として、
会長池田大作に国会喚問を突きつけられるに至ります。
そして臆病な池田大作は国会喚問を恐れ教義を曲げて行きます。
本来正宗信者で日蓮大聖人の弟子であれば、国教にしなさいと言わなければならないのです。
その為に政党が無くなろうと、堂々と国を折伏すべきだった。
そこで顕正会の出番です、顕正会は政治活動の為に教義を変えるとは
何事かと、宗門立会いで論判を始めます、この時も池田大作は姿を見せず、盗聴し指示をだしていたようです。
臆病で卑怯な卑屈な行動は保身の為に日蓮大聖人の真の立正安国の主張をせず摂受(しょうじゅ)に逃げたからだ。、
これにより、権力におもね利権を貪る側に媚びる、日蓮大聖人とは何の関係もない団体になった。
こういう体質的に集スト向きの組織であったという事が大きいと思われる。
その後宗門とも問題を抱えた時は、僧侶の行動を集ストし
¨坊さんカンザシ¨の弱みネタの泥試合を始め、結果破門さsれるに至ります。
そして、今から30年前の創価学会がピークです、各地で文化祭なる催し物を行い、共産国家のパレードの様な体操を披露した時代です。
その後、会員は増えていません、海外で一部伸びただけです。
その30年間に、その集スト技術はマニュアル化し、学会を離れ多方面で裁判や揉め事の相手の弱や粗を探し調べる方法として使われるようになり、大元である創価学会は、その出先の一般市民向けの集ストにも協力し
出した。
顕正会に対しても風評工作として、広宣部や牙城会なる創価学会の謀略部隊が、作成したチラシを一般学会員が撒いていた事実があります。
これは文章が残っていてネットで探すことが出来るでしょう。
また池田大作は結党以来喉から手が出る程欲しかった政権与党の位置に付くことが出来た現在、国家権力としてその技術は重宝がられ全く宗教と関係無い者まで、これを使用し学会の援助を得ているのが
今の姿と言えます。

日本に於ける集ストの進化発展は、この創価学会無しでは語れないものです。
ここには、正宗信者系とそうでない人の認識の差があると思われる。
日本で日蓮正宗系の信者は一時期顕正会も入れれば、人口の10分の1は
いた計算になります。またこの教えと寺は信者以外は受け入れませんし、富士大石寺は清浄の寺として存在し、その規模も他宗教の寺院の比ではないのです。
この内部を知らない者と知る者とでも大違いですし、信者の結束力等も同じようで他宗教のそれとは一段違いがあると思われる。
現在は生まれた時から学会員や、教義も何も知らずに活動している方も多いが深淵なる教義があるからこそ、そこまでの人を惹きつけたのは事実でしょう。
要するに集ストのブログでも創価学会と名指しの者がかなり多いのはそこです。
ここに認識の種類が分かれる原因でもあり雲を掴む相手と創価学会となる。
私の認識は以上のものです。
有史以来の組織虐待行為である手法の集ストと考えれば、創価学会はそれを更に現代日本版マニュアル化しテクノロジー化し広めたと言う事になります。
金沢の集スト具体例 その4
集ストの脳のなさを露呈するような、今日この頃です、
このブログや下書きの記事を毎日のように書いているので、リアルタイムで覗いている集スト一味は毎日手を変え品を替えアンカリングのシアターやほのめかし等を前日書いた記事や下書きを意識したもので、仕掛けてきます。
何をしても動じない私に対して、あまりにも早計すぎて失笑したくなる、集ストに終始している、面白く拝見させて貰っています。何が可笑しいかと言うと、前の日と次の日の内容が大幅に違うという事です。
余程、腹たち紛れか脳無しの企画としか思えない内容です。
ここにも、人間の思考を盗聴等無理で、ただ目に付く文字や行動の表側だけなぞって集ストのネタにしているだけと判断出来る。
ここにも限界が見えますし、この悪乗りの様な行為は墓穴を掘る要因となってくるだろう。

さて、金沢の集ストの具体例を次々と表に公表していくのですが、
その前に被害者の被害内容には、異なる点があります、地域、ターゲット重要度ターゲットの反抗度、ターゲットの年月等によって、また加害グループの経験値力量によって変わってきますので、受けている側はみんな同じ被害内容ではありません。
どの被害を受けていたら凄いとか、どの被害が無いから凄くないとかではなく、被害者は皆被害者です。ローテク、ハイテク被害とも言いますが強弱もある事ですので、どちらがどうとか言えないですし、被害者間では被害自慢をしたくなるのも人情です。
何れにしても加害者がいてという話ですから、憎むべき敵は加害者と言う事です、この意味で団結は可能と考えます。

そこで私の住む石川県金沢ですが、こんな小さな地方都市ですのでそんなに何グループも集スト組織がある訳でもないでしょうし、小規模なものでしょう。
地域的に言うと雨の多い土地でもありますので、年間晴れより曇り空の日が
多い地域ですので、じめじめとした人間が割と多いです、言い換えればわびさびと言えばいいのか、ローテクは、ド派手な集ストというより、センスの良さを自負しているように感じるのと
そこに重きを於いている感じがします。ですから効果の上がる人と上がらない人がいると思われる、私はそれに対して、イマイチとかナイスとか採点を付けている位のものです。
また今となっては、こちらは似顔絵まで書くとかいってますので、担当者も交代させられタイヤのネジを緩めた犯人は左遷されたかもしれません。
そういうものだと分かってしまえば、毎日出し物を用意して見せ者をしてくれる人達とかんがえれば可愛いものだ、分からない時は凄く腹が立ったりした。

そのまだ集ストの正体、集ストの言葉すら知らなかった頃は、良くバトルをしてみた。
例えば、言えのパソコンがハッキングされたら、即初期化したり、パソコンを買ったり、プロバイダーを変えたり、ネットカフェに行ったり等、試みた県外にも行ったりしてみた、そういうバトルをした後に出てくるのが、ミリタリーファッションをまとったアンカリングです。
これは迷彩柄のパンツだったり、ブーツだったりジャンパー、帽子をかぶっていたりと若い子だったり、年寄りだったり様々ですが、そういう事をします。
本当に自衛隊の車両も出て来ます。
これもアンカリングでどもにも逃がさないぞという意味付を表しているようです。
バトルと言っても被害者がいつもと違う行動パターンをとると言う事です、
いつも行くあすこに行くと見せかけて高速に乗るとか、夜中の4時頃急に起きて出かけるとか突飛な事をすると、結構慌てようが分かります、夜中に飛び起きて出かけた時は夜中なのにいたずらFAXが来ました。
そしてまた行動パターン通りに戻る時に、ミリタリー柄の服が登場するというアンカリングです。
皆さん覚えて下さいね、そんな服を何の意味もなく来ている人を見たら集ストの最中なんだな
と考えて下さい。特に似合わないのに来ていたら怪しいと思ってください。

今日はこれを書いたことによって明日どんな服装で颯爽と登場するか楽しみです。パチパチ!
石川県迷惑行為等防止条例
ここ何日間集ストの具体例を上げて来ました。
この反応は、集スト側にはどうも嫌なようですので、更にもっと書いて行きます。
書いている事以外のストーキング方法をいろいろ披露してくれる、このあたりにこの者達に付け入る隙が垣間見える。
要するに調子こくクセがあるのである、かなり余裕と考えているからの余裕と思われるが人間のやる事ですし、ボロも出すし尻尾も捕まえられるよ。
見せるだけの力ですから無視するのみ。
そんな中で今日の馬鹿の話はどうしてもしたい。
パントマイム風ストーキングとも呼ぶべきアンカリングについてです。
全然知らない私に向かって、何か仕草でサインのような事をするのですが、無言でするので、頭のおかしい人に見えるしアンカリングに力を入れすぎて色使い配色の服装がチンドン屋のようなのに、オシャレ感を漂わせてさっそうと登場し
このパフォーマンスをはじめる、馬鹿丸出しの男が2日連続で現れ、最近文章にしたアンカリングの方法以外のアンカリングをこれ見よがしに見せに来た。
笑わせてくれるが白と黒の手袋の話を書いた次の日に赤と黒のシューズを左右で履いてくる馬鹿が出てきた
それはいいが、気取っているのが情けない。
しかしこれも時系列で昨日その内容の記事を書いて次の日にこのようなスタイルで現れる
のは、今日この者の話と写真を撮ったしても、昨日の布石があってのこのアンカリングという事を注目してほしい、直近の情報を元に翌日アンカリングに使うという方法です、
この赤と黒の馬鹿の写真だけでは意味を為さない。
昨日白黒の手袋に対して、赤黒の靴だよね。
目ん玉えぐり抜くにたいしてタイヤのネジ緩める
こういう時系列で集ストは日夜なされていることを、写真や動画で懐疑的に成らずに背景を見て5~6次元位で考えないとよく表現出来ないのが集ストだ。
誰か集ストのモロのアニメショーン作らないでしょうか?
原作に私の今までの集スト全部話すよ、面白いと思うんだけど。(真剣に)

話はタイトルのものに戻る。
石川県迷惑行為等防止条例の中でこういう事が出ている。

5 嫌がらせ行為の禁止(第 12 条関係)
 ストーカー規制法で規制していない、正当な理由がなく、特定の者に対し、反復して
 つきまとい等の嫌がらせ行為を禁止しています。

この中の゛特定の者に対し、反復してつきまとい等゛とあるが、この反復であるが、
何回分から云うのか?
電磁波なら何回、ほのめかしなら何回、いたずら電話は何回、いたずらFAXは何枚コリジョンは何回、ノイズは何回等が解らないが、現在集ストの被害を受けている人の通常の回数で言うと、電磁波は一日200回以上、ほのめかしは10回位、
いたずら電話は1、2回、いたずらFAXは4枚位、コリジョン、車両ストーキングは20台位、ノイズは100回以上といったところです。つきまといは年中365日。
古い人が注目するのはいたずら電話であろうが、これが100回あれば集ストの事を知らない人でも、間違いなくストーカーと机を叩いて言うでしょう。
いたすらFAXも日に100枚来れば、同じ反応でしょうが、この誰でもストーカーだと判断してくれる事柄は何故か2回位だったり、3枚だったり、広告を装っていたりと判断付きにくい事を集スト側は注意しているようだ。一方誰も知られずに行う、電磁波やノイズは軽く100回は越える回数である。
ほのめかしは人員と手間がかかるから、制限せざる負えないから10回位が限度なのだろう、これも何度やっても証拠にならないし、会話式のほのめかしなので言いがかりと言い訳があるから、本来こいつらの警察や法律を意識した上での犯行としたら何度やっても大丈夫な犯罪行為です、コリジョンもあまり近寄らず広告やカッティングシートでのアンカリングでしたら何台使用しても大丈夫と考えているはずです。

この迷惑行為等防止条例と警察等が判断し易い事は少なめに、警察等が判断付きにくい事は多めにと、サジ加減をしている事が分かって来る。
集ストグループは犯罪者のくせに、法律や条例を見ながら犯行しているのわかり、これ以上の犯行はしたくない、と言う事も自ずと見て取れる。

本当に子供達の学校のいじめと同じ構図で、先生のいる時はいい子でいなくなったら
豹変しいじめっ子に変身する、卑怯者そのままである。

警察の方はこのブログをしっかり見るように!

この状態で生活安全課に意を決して相談に行って、統合失調症と決め付けるのは
いじめは無かったと宣う自殺した子供の学校側の返答と同じ以下で、唾棄すべき発言である。
特に生活安全課はもっと年齢を若い人達と交代しなさい、無事に退職して年金を
待っているような保身の警察官は、事なかれ主義が見え見えである。
真実や真相を追求する姿勢が無い、警察だから頭ごなしの上から目線は犯罪者に対してすればいいが、生活者の安全の市民の相談には、良く人の話を聞いてあげて受け止めて、確かに法律が無いなら無いでその事も含めて、警察の方からも
行政に働きかける等、する事あるだろう。あぐらかくな!
あと県警のサイバーパトロールも定年前のじじいに任せず、本気でパトロールしなさい、サイバー戦争は既に始まっているのですよ。

話が警察の事で熱くなってしまいましたが、元に戻して回数の事ですが、
嘘でも毎日聞かされると、いすれ真実と思い込むと言う事があります。
昔中国の国王の奥さんが、国王の一番頼りにしている家老が嫌いで、
毎朝その家人の悪口を国王にチクチク嘘を言っていきました。
最初絶対信用している家人だったので笑って聞いていた国王も、何年もかけ
やはり疑うようになり、追放したと言う話がありますが。

アンカリングは一方的な嘘も含めた決めつけの反復を、集スト犯がターゲットに
仕掛けますが、本人の意志とは少し違いがあり不本意なものが多いわけですが、
根も葉も無い事では、全く効果無いので本当の事に嘘を混ぜてやります。
そしてある誘導方向を決めて行います。
ですからターゲットはフラストレーションが溜まり、ムカムカ腹を立てます。
これが狙いです。そして長年月仕掛ける事で自殺や統合失調症に追い込みます。
これでミッションコンプリートとなるのです。

マインドコントロールは、基本的に信じる内容にプラスアルファーの嘘や自分の持っていきたい方向の内容をいれてコントロールして行きます。
基本信じているから疑わない事をいい事に、少し方向をズラすのです、これで池田や浅井等の思う方向に向かわさせられるのです、最初の方向とは時間の経過と共に変化しているのに信じている者は気づかない。

集ストのターゲットには「催尊入卑」(さいそんにゅうひ)被害者の心で思うこと、口で言う事、行い全てを本人の意志とは別に加害者側が勝手に悪い方向に卑しめる形でアンカリングして、嫌な気持ちにさせる事がなされます。
こういう事を延々思いつく方も、よほど性格の悪い人間かよほど虐げられた民族か私には分からない歪んだ性格の持ち主でないと、思いつかないのではないだろうか。
そうでないと集ストの集ストたる所以でもあるのでしかたがない。

しかし島国の日本国には、そういう感覚は育ちにくい狭い世界だから、嘘は何れバレるし
嘘つきはドロボーの素や嘘ついたら針千本飲ます、等に現れるように、嘘を延々つき続けて、他人を陥れよう等とは考える価値観は無いのではないだろうか?
韓国には嘘をつき通せば本当になる、中国には嘘は墓まで持って行く。と言う考え方あるようだ。集ストを動かす勢力の何者かが伺われるのがガスライティング、アンカリングです。

戦国時代織田信長が桶狭間の合戦に赴く時熱田神宮に立ち寄り、戦勝祈願をした時、何か細工をし音を鳴らし、我らに神は味方していると指揮を鼓舞したと言う話があるが、信長にとって死中に活の戦いであり捨て身の戦かと思いの他、冷静にそんな事までしていたという話が残っていますが、これもアンカリング、ガスライティング、ノイズキャンペーンと言える
受け取る者にプラスに働くようにした例ですが、受け取る者にマイナスに働きかけるのが集ストです。

いずれにしても、集ストに於けるこの反復は回数と内容の重さも含めて、被害者にとっては消耗させられ、気持ちの落ち着く事の無いようにおかれ、神経が休まらないのです。
これは、例えばアントニオ猪木のような身体的に強かろうが、精神的に強いと思われる人でもどんな人でも、神経をやられて来る可能性がある反復です。
金沢市の集ストの具体例 その3
思考盗聴と夢への介入
薬物をしようしたように思わせる時の予告のような形でターゲットの前によく現れる
マスクと手袋の人間を印象付けます、または手袋を車の乗り降りの地面に置いてあったり
玄関先に置いてあったり、至るとことで目に付くように置きます。
この手袋は白と黒が通常使われます。
この思考盗聴や夢への介入になると、既にいつでも住居侵入は自由自在ですよ、というアンカリングがされている事が前提になります。
オカルトでもグロい話でも何でもありませんし、被害に遭う前は私も信じないでしょうし理解不能でしょう。当たり前だと思います。
アンカリングだとしても、いつでも住居侵入出来、薬物をいつでも寝ている間に含ますことが出来ますよ、と言うのは被害者にとっては不安この上ない事でしょう。
今日殺されるか、明日殺されるかと言う気持ちで寝るわけですから、死刑囚よりストレスがある状態です。
ここもちゃんとチェックして下さいよ、警察官の方こういう状態で相談にいっても追い返されて家で寝るわけですからね。
多くの被害者が殺される夢を見たと聞きます、そんな夢普通見ますか?

マスクと手袋のアンカリングは、その夢への介入の前奏として現れます、今日薬を盛るよと言う予告のような物です。
もしこのアンカリング犯の写真を撮って警察に持っていくとどうなると思いますか、手袋とマスクの人間、これは女性の場合も男性の場合もあります、第三者には何の事か理解するのに苦労する話ですね。
でも被害者は次に何が起こるか知っているので、パブロフの犬のように、想像します、悪夢を見させられる予告ですから。
ここ大事です、集ストを知らない人に理解して欲しい大事な部分です。
どうやって夢に介入するか、薬物を混入するか、薬を吹きかけるのか、その事より、そういう恐怖感を植え付けて行く脅迫行為があるという事を前提にアンカリングを考えなければならないのです。
統合失調症の症状に悪夢と言う、症状があるのも準備のいい話です。
幻覚も同じ症状の一つです、しかし薬物でも簡単に悪夢や幻覚は見ます。
薬物をやった事の無い人は解らないかもしれないが、明らかに薬物による幻覚は分かります、私の場合かなり弱い薬物と思われます。
私は覚せい剤を含まされたと考え、良く尿検査で薬物反応がとか髪の毛から薬物反応がとテレビの刑事ドラマに出て来ますので、その日の内と病院にいって尿検査と血液検査等、薬物反応の出る検査を希望し病院に行ってきました、単なる病院は困って保健所に聞いたりしていました。警察も自己申告では検査が出来ないとの事でした。
最初の頃、そういう風にじたばたしたりしました。
また夢は明らかにハリウッド版映画のようで、普通絶対見ませんしこの被害に遭う前何十年見た事のない内容で違和感だらけです。
写真のような物も見せられている気もします。
この内容を書くと私の頭も疑われる可能性がありますが、今はマスクと手袋というアンカリングの意味合いを知ってほしい分けです。
映画ガス燈のガス燈が明るくなったり、暗くなったりの予告と同じですこういう事で頭がおかしいと思わせるものです。
これも何度も体験している内容で、近くの被害者も同アンカリングを受けているはずです。
いすれにしても現在もこの状態は変わらないのです、いつ住居侵入しカメラで監視し寝息や呼吸や心拍を測定されながら熟睡時にそのような薬を含まされて、自殺に見せかける事は容易いな事でしょうが、いつでも出来るぞという状態も甚だストレスになります。
被害者はこういう状態というのは、家にいつでも侵入出来るという事は家の中にあるものはいつでも盗めるという事でもあり、銀行のキャッシュカードの暗証番号はもちろん知られたままの状態です。
以前私の寝ている部屋に遺書めいたメモがありました、私はそんなもの書きません私のカードの暗証番号を知る者は誰ひとりいません、しかし遺書めいたメモに私の姉の家族あてに暗証番号が書いてありました。
全財産すらいつ失うか分からない状態でいる分けです。
一時も予断を許さない神経戦を強いられているのが集ストの被害者です。
これらを迷惑な行為だなー等と呑気な事ではない。
自殺強要、脅迫まがいなのが一回のアンカリングにもその重さがある。私はこれらを全て通常は無視しているが、慣れというものは恐ろしいものでそういう状況に慣れてしまって、もうやれば、みたいな感じです。
考えるまでもなく、集スト側も危険を冒したくないリスクは避けたい、組織だから、こんな事ブログで書かれたからと言って殺したら、万が一証拠でも出たら元も子もないのである。
この記事の中で、普通の日本人であれば、まず住居侵入、薬物と来ればもう妄想ではないかと疑うところですし、我々も一番第三者に知ってもらいたい分けですから、この事は慎重に説明しなければならない。
この集団ストーカー組織は、国家権力を利用しているが、実際は法を守った振りをしたい者共ですので、住居侵入となると完全に犯罪行為で迷惑行為の延長等ではないものですので、かなり慎重に且つ大胆に行います、住居侵入する場合は私の経験上周辺の交番のパトカーの位置や警察無線はチェックしている、時間をかけて準備しますので、合鍵等自由にやっています、
ほぼどのようなセキュリティーのシステムでも、家人が開錠する方法と同じ物をもっていれば、簡単に入れます。堂々と住居侵入出来るのです。
人数と予算があれば、一市民の個人宅等造作もなく侵入可能という事です。
ただ普通そこまでの事しないだろうと思うので、信じられないし言っている人が逆にテレビの見過ぎではないか?など疑われるのですが、集スト一味はその暇な事を全精力をかけ日夜その暇な事をしているのです。
例えば私の家の前に張り込んでいた時の事ですが、1月の夜中の3時頃にエンジンもかけず、後部座席に潜んでいる人間がいました、私も誰もいないと重い一応ノックしたらガサガサと動くので、びっくりしましたすぐ警察を呼んだのですが、
上手くにげられました。あの頃怪しい車が大勢8番らーめんとココスの駐車場にいましたね、うじょうじょという感じでしたね。金沢のこの時期のこの時刻はマイナスですよ!驚く集スト魂
逃げたでしょ?あの時びっくりしたでしょ?犯人さん。
(ココス8番らーめんから家が見える位置にあるため)
ココスや8番の店主からも通報があったと近くの交番の警官が言っていたよ。
車は毎回変わるし、平然と昼夜と張り込んでいたでしょ。
私が近づくと、すぐロックする音が聞こえました、私が近づくだけで昼間なのになんでロックする音が一杯聞こえるのでしょうか?
その当時まだ私の事を把握出来ていない時期でしょうから、危険人物に思えたのでしょう。
また毛の付いたフードジャンパーだから夜は不気味だったのでしょうね。
これが妄想でしょうか、奴らは職務質問も受けているが近くの女のアパートに用がある等と言っていたようだ、蓮井という名の男の名前は知っているが、こいつはかなり怪しい!ドアを何回もバタンバタン何回も締めていた。
こいつには文句言った事があるよね、こいつタイヤ緩めた事は知らなかったね、情報は制限していると思うのは、こういう反応から分かっていった事です。
しかしあれだけドアをバタンバタン締める馬鹿は、集スト以外無いよね。
その後見ないですね、あいつ。あのデブだよ。
さて、このような生ナマしい出来事があっての住居侵入です。
もともと面識のある者達ではないので、多勢に無勢で集スト準備完了みたいに、時間かけて家の間取りから鍵の空いてる場所や隣近所からの侵入経路等調べ上げたでしょ。
いずれにしても、家の人間に外出先で張り付いていれば、今家はがら空き状態は掴めるわけですから、いとも簡単に侵入出来るのです。こういう事です。
完全犯罪です。しかし準備段階は人間技の学会らしさを露呈していた気がする。
だから私は解るのは、この行為は警察にも内緒でやっているんでしょ。
集スト程度の迷惑行為はうすうすバレているが、ここはまずいのですね。
そして薬物、これも病院でパソコン野郎が出てくるわけですから、病院ごと集ストに巻き込めないからハッキングしてネタを取ろうとしているアンカリングですので、病院も病院単位ではなく、その中の数人の味方がいる程度だよね。
それもパソコン野郎で読み取れるアンカリングです。
少しは第三者の方理解出来たでしょうか、住居侵入、薬物夢の介入も分かりやすく説明すると、テレビをつけたまま寝るとテレビのドラマの内容が夢になったりしますよね、あんな感じと考えて下さい。
音声送信、こんな物があるんですよ、幻聴を作り出せるのです。
私の周辺の集ストは初めから気づいたが音を上手く使う集スト組織です。
車の中どんな風になっているの?と言いたい。
タイヤを緩められたと書きましたが、前タイヤ2本走行中に取れたんですよ、その取れる時の音、これと同じ音を翌日すれ違いに鳴らしていくような事を簡単にする装備があるという事です。ある時は選挙カーか?
そういう通常のスピーカーを利用する物と音声送信という、摩訶不思議な
空間に音を出すことが出来るようだ。しかしこれはまだ不思議でも出来そうな気がすると思いませんか?
よく神の声がしたといって犯行に及んだなんて、薬物による幻覚と決め付ける他にこんな神の声兵器というものがある事も認識してほしい。
これも体験しないと、全部納得出来ないかもしれない。
しかし一般ピープルにもパープルにも、知ってもらわねばならないので、文字が多くなる事を許してほしい。
要するに被害者は、説明困難だが体験させられて気づくという事です。
決して統合失調症とは無関係の認識です。
決して妄想でも空想でも無い事実から出てくる事です。
こうして記事を書いていると、今度人の口笛でヒューヒュー等と口笛でもアンカリング出来るぞと、知らせてきます。アホでしょ。
ともかく薬物を盛るという犯行は被害者が口を揃えて言う内容でもあります。
そしてガスライティングとしてマスクと手袋の意味付で恐怖感を植え付けるという事です。

ほのめかし及び咳払い要員の方は、このようなとんでもない犯罪に加担していると言う事を知るべきです。

ちなみに創価学会池田大作は以前パナマのノリエガ将軍と親交があり富士大石寺にノリエガ庭園というものを作りました、ノリエガ将軍は覚せい剤を栽培し国益としていた将軍で失脚してから、ノリエガ庭園は
無くなりました。
copyright © 2017 目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.