FC2ブログ
2015/04/15

第三回石川県街宣決定!石川県庁前県警前!

次回の街頭周知活動の日時場所が決まりました。

2015年4月27日(月曜日)
    
午後12時~午後2時 石川県庁前県警前
    
午後15時~午後17時 武蔵町名鉄エムザ前
    
午後17時30分~午後19時 香林坊アトリオ前

以上のように又周知活動を行います。
参加者募集お気軽に連絡下さい。
relaxlife@ezweb.ne,jp

日本の集団ストーカーの限界と提案

街宣活動前の2月に書いた記事です。
集団ストーカー犯に挑発するようですが、集団ストーカーとは大人数で四六時中遠隔から、何かする分けですが、
それが何なにキャンペーンやシアターや電磁波等ですが、長いこと続けても効果が上がらないターゲットの場合どうするのか?という疑問が生まれて来ます。
全く気にしないで何もなかったように過ごしていれば、取り敢えず利権の部分は確保されるので、別にターゲットのリアクション等どうでもいいのでしょうね。
こういうブログ記事を書く事がリアクションになるのだけれど、無駄にお金を使って無駄に何かをして、利権というのは税金ですから、税金の無駄遣いになります。
ストーカーをしている人達も税金を払って生活しているわけですから、自分の払った税金でお金を貰い、このような事をしている事になる。
この中には一切の生産性がない、テクノロジーの進歩にはなるかもしれませんが、最終的には表に出さないといけないものですから、いつまでも、裏に隠れて使っていてもあまり意味がない。
リアクションを拒否するターゲットとしては、そこに楽しみを感じているので、(私はどの集スト行為にもリアクションしない)
逆に集団ストーカーを止めてもらった方がはりあいがなくなってしまうかもしれませんね。
今はこの者達を懲らしめる為に、頑張ってお金を貯めて周知活動や街宣活動を早くしたいと考えています。
今止められると、力が半減するので、ストーカー諸君しっかりやってくれたまえ。
もう少し派手にやらないと解らない時も多いので、もうちょっと近くで分かるように、
びっくりして、驚かしてほしい、昔の創価学会はもっと過激だったじゃありませんか?
キャンペーンも、もっとぎりぎりでわかり易く、スピード感に欠けて、解らない時が多い、
私は目が少し悪いので、しょうがないですが、何となく感じる程度の物が多く、意味が解らないものも多い、その程度の事で自殺や犯罪に走らせるなんて到底難しいように思うよ、ここ最近せっかくブログも作ったのに、期待はずれな
ストーキングで拍子抜けしている。
与太者も一杯いたじゃないですか、怖い人も一杯いたでしょ、登場人物に変化を付けて、ハードボイルドにいこうぜ!
結局、そこまでかというのは願い下げにしてもらいたい、期待外れでブログ作った意味がない、まだブログの効果が上がっていない今がチャンスじゃないの、もっと周知活動していけば、やりにくいと思われるが、如何なものか?

以前パソコンのメモに「目ん玉えぐり抜いてやる」と書いたとき、少し緊迫感のある状態があったでしょ、あの頃に戻ろうよ、車のタイヤ緩めたでしょ、家の前で張り込んで、ノートパソコン持って早朝からうろうろしていたじゃないか、一度車で睨み合いのような事もあったでしょ、ビビってもう出来ないの、あれから、おまわりに挑発するなと言われたから、私も大人しくしていたんですけど、あんな面白い展開があったでしょ。
17年ストーキング受けても、平気で街宣活動している人もいるじゃないか、私に対するストーキングは今の状態は無いのと同じですよ、ウザイだけ。

中国共産党なら、戦車で踏みつぶしてミンチにするよね、
日本に於ける創価等の集団ストーカーってここまでが限界なのか、オウムを見習え、あいつらは本気で日本をひっくり返そうと方法はともあれやったでじゃないか、アルカイダを見習え、これらの者から見れば子供の遊び位でしかない、日本の権力を握る等到底無理な事です、少し甘い汁をすうだけで創価学会の天下が来るはずもない。

2日続けてこの記事を書いていますが、この前の文は昨日のものですが、
本日どのようなストーキングがあったか楽しみにしていたのに、しょうもないものばかりで
殊更取り上げるものは無かった、キャンペーン実施中程度でした。
ここにも限界を感じますし、ストーカー組織も限界を感じているのではないか。
ただの学会員ですから、人殺しを簡単に出来る人はそうそういないでしょう。
また学会員もケガとかさせられないと言う限界が有り、遠巻きに囁く程度に終始しそれを出ることが出来ないのではないでしょうか?
集中して何かに取り組んでいたら,殆ど気にならない位の事でもあります、残酷な話しを昨日しました、「目ん玉くりぬいてやる」です。
それに対するストーカーとしては、もっと残酷なほのめかしがあるかなと期待したのですが、新聞でも読んでいるような内容でした。
限界ですね、前タイヤのネジを緩めた頃、家の前で奇声をあげていたではないか、あのような常軌を逸した反応が欲しかったです。警察呼んだときにはもういなかったよね、「ヒャー」とか言っていたではないか、ああいうのは本当に身の危険を感じ恐怖の集団ストーカーという感じで、大変な事件に巻き込まれた感じでスリル感がある。
又家の電気がバチバチとまるで恐怖映画のシーンのようになったでしょ。
あれもうしないの?全く使ってない携帯電話が鳴ったじゃないか?
あれは怖かったー!
もし今日程度のストーキングが精一杯ですか?
私の動きを前もって察知し、先回りするにも限界があるでしょうね、
効果が見られなくて自己嫌悪に落ち込んでいるストーカーなんて、ストーカーでない。
ストーカーはストーカーらしく自信をもって悪らしく、少々の法律ははみ出して、脅しらしく、恐怖を与えビビらせないと、ただの学会員ということで普通です。
そして良い事を印象付けるのも、何かいい人みたいで複雑な気持ちにさせます、ひょっとして住居侵入とか薬物とか使っといて、善人の振る舞いは腑に落ちない。
所詮ストーカーはストーカーで、恋愛のキモイストーカーと変わらないのではないでしょかストーカーというのはイメージとして暗いし、ジメジメとした行為で、嫌われるでしょうし好きな人は少ないでしょう、それがただ集団になったとはいえ、同種の行為ですから、そのイメージは拭えないでしょう。
首謀者に言いたい、罪の意識は全員には持たせたくないから、全員が恐怖のストーカーに出来ないというネックが見えて来ます、それと本来は本人には全く関係無い通行人を装ってのアンカリングは、かなり弱い。すでにネタは上がっている段階でインパクトが無い、頭のおかしい人を装って近づいて何か言う方がビックリしてインパクトがあり、
座布団をあげたくなる人もいます、顔まで頭のおかしい人に見えてリアル感があった人もいた。これも毎回使えないのがイマイチ苦しいですね。
近くで喧嘩するのは、かなり嫌な気分にさせる効果抜群ですが、これも毎日すると人員に限界があるかもしれませんね。
そうそうそれと、とにかくターゲット以外にあまり刺激すぎると不味いのも弱い原因に挙げられる。
これらの限界に今後どう挑んで来るかが、ストーカー側の課題でもありまんまとターゲットを陥れる為には、考えなければいけない部分と言える。
もっとしっかり仕掛けて来なさい!

第三者に知ってほしい、
被害者と加害者の間には、このような見えないバトルがあります、
被害者一人に対し多勢に無勢では、こういう気持ちになって当たり前で普通です、この記事はアップしませんでしたが、街宣前に私への集ストグループにのみ分かるようかいた2月の文章です。
パソコンで文字を打つ一字一句をリアルタイムで監視している分けですからこんな感じの挑発的な事は私はよくします。
集ストの事を私が知らなかった頃は即座に反応し嫌がらせ強化したくせに、全て分かったら、組織力で遠大な計画でも立てて私を潰そうとでも言いたげな作戦変更したようだ。一貫したやり方でやれボケ!
だから金沢程度のストーカーは馬鹿にされるんだよ!
他の所ぐらい気合入れてやりなさい。

ブログの公開性を考えて出さなかっただけですが、生の被害者と加害者の空気感が伝わると思う、今度県警の前で街宣しますが、おまわりさんこれが、現実の迷惑行為の反復の見えない処のバトルですよ、更にテク犯のおまけ付き
でやって来る分けです。
まだまだあります徐々にアップします。



2015/04/14

次回街宣決定!石川県庁前県警前!

次回の街頭周知活動の日時場所が決まりました。

2015年4月27日(月曜日)
    
午後12時~午後2時 石川県庁前県警前
    
午後15時~午後17時 武蔵町名鉄エムザ前
    
午後17時30分~午後19時 香林坊アトリオ前

以上のように又周知活動を行います。
お街宣活動の場所が今度石川県警の前という事もあり石川県の迷惑行為防止条例
というものを見てみましたが、集ストのような事は出ていますね。以下

5 嫌がらせ行為の禁止(第 12 条関係)
 ストーカー規制法で規制していない、正当な理由がなく、特定の者に対し、反復して
 つきまとい等の嫌がらせ行為を禁止しています。
 《例》
    〇 つきまとい、待ち伏せ、見張り、押し掛け
    〇 面会等の義務のないことを要求  
    〇 著しく粗野又は乱暴な言動をする
    〇 無言電話、連続して電子メール等を送信(Line、Facebook など含みます。)
    〇 汚物など嫌悪の情を催させるものを送付

このように簡単に集ストのような事が書いてあります。
少しハイテク関係も書いています、これはどういう事でしょうか?
我々の様な被害者が、この内容とこの内容以上の事を365日24時間何年にも渡って
されている事を訴えると、この条例の文があるにも関わらず、
   
●一度病院に行ってみたらどうですか?
●金銭の余裕があれば、引越ししたら如何ですか?
●いつの時代も都市伝説のようにこんな話しはあるんですよ。

等と、のたまい相手にしてくれず、病院送りにされた方がいますが。
条例にまで出てくるには、余程の相談者がいるはずです。
又大阪府の迷惑行為防止条例を見ると、更に事細かく書いている部分があります。

警察は病院の窓口と化したのか?
もし違うと言うなら当日弁明してみなさい。 いずれにしても楽しみですね。
私も僕も病院に行くように言われたという参加希望者募集!
relaxlife@ezweb.ne,jp

この迷惑行為防止条例に出ていないテクノロジー犯罪について

現実世界を集ストを中心に考えると三種類に分かれ加害者、被害者、第三者である。
被害者にしか分からない事が多くあり、第三者が知らない又は気づかない事が
現代社会の裏側で行われている事実を被害者は、自覚し体感しています。
言ってみれば被害者以外の人は今現代社会に起こっている事を何も知らず
火宅で遊ぶ子供と同じである。
刻刻と迫る危機を知らず、知らず知らずに誘導されているとも分からず、
作られた用意された方向に誘引された空間に生きている事を知らない。
第三者が統合失調症と決め付ける方に真実があり、それこそ現実である
という時代背景を知らせられないまま、充てがわれた環境に生きている分けで
本当の現実は狂者の元にあるのです。

加害者側は度合いはあるが、知っている側に位置し世間を誘導しているつもりの立場
になり、知る者と知らざる者にも分かれる。
加害者被害者は知る者、第三者の知らない者の二種類である。
加害者も被害者にも、細かく言うと知らないまま加害に加わるもの、知らないまま被害にあう者がいる。
そう考えれば第三者の中にも知っている者がいる事になります。
今私が言いたいのは知らない人は、同じ世界に住みながら、同じ世界にいないという事である。
三者火宅の例え言えば、迫り来る火の手を知らないで遊び戯れているのと、知って早く逃げる事を
知らせる者の違いがある。
いち早く気づいた者は助かり。
知らない者は遊びに夢中で聞こうとしないで、知らないまま焼け死ぬ事に、
もっと楽しい遊びがあると方便で、連れ出されたものは助かる。

こう考えると、認知活動にも方法があり第三者が一番分かり易い所から知らせる事が必要です。
迷惑行為防止条例には、集団ストーカー的な内容の事が書いてあり、極小規模な物に映る書き方で出てくるが、我々が受けている被害を考える時全く浅いものだ。

ここでテクノロジー犯罪について第三者に分かりやすく知らせる事が重要です。
今まで私のブログの中で電磁波やテク犯に関する内容の文章は少なかったのもこの懸念があり、誤解を避けたいからでオカルトまがいと思われる事を避けたいからでした。
電磁波、超音波、思考盗聴等の機械や薬物を利用した犯行は、今の処物証が出ていない、ハッキング方法はテンペストという方法がある事はネットで調べる事が出来る。
これらは全て、物証が無いのに説明すると頭が疑われる、
しかし被害者は、統合失調症等ではなく、攻撃として実感している事ですので、
揺るぎない確信を持っています。
実際の電磁波攻撃は実は水鉄砲位の物かもしれませんし、集ストのみに有効なもので
軍事的には、兵器としては未だ効果的なものでもないのかもしれません。
そうでないという意見もあります。
しかし軍事の様相も現在は変わって来ています、日本がアメリカと戦った時代からは変わり、情報戦、ゲリラ戦、抑止力、サイバーアタック、しかも長いスパンでの仕掛けをする時代ですから、その長期に渡る過程の中で工作活動としての集ストやテク犯で人々を誘導する事は可能で現在はその為に使用されていると考える方が深いところが分かり易い。表面の利益の為の集ストは実はそういう大きな誘導の一つの手段である事に気づくでしょう。

被害者は毎日のように被害を受けているわけですから、身をもってその払いのける事の難しさを時間をかけ認識して行きます。
そして知っていく分けです、これが現実社会で今そのもので先端的なもので、
時代を表すものを実感しているという事。
時代の常識が遅れている時、いち早くその時代の真の姿を言うと狂人と言われるのです、
知る者と知らざる者が一つの事象を見る時、自ずと相違が出てきますし、知っているからこと解る事柄がある。
被害に合わない時は、分からなかった事が被害者になった事によって解ってくる事が多く、以前は陰謀説等と笑っていた事柄も、身をもって真実である事が理解出来る。
被害者は少数に止めて加害の事実を知られないように加害者側は、制限しているようだが加害者は被害者を作る事で、現実を教えているという事です、少数の人にだけ全体に影響のない程度で、知らせてくれていると考えれば良い。
被害者はその時点で被害者では無く、知る者であり、教える側でもあるのです。

元々第三者という知らない人が圧倒的に大多数です、加害者は極少数です、このごく少数の者が自分の権力を維持する為に大多数を誘導している事を知らせなければならないのです。
知らない事の方がどれだけ不幸なことかを知らさなければならない、過半の人が知ることにより、加害側の思うようには行かないのです。
知らなかった事が恥ずかしい御免なさいと思えるまで認知活動を続けるのみです。

私は日蓮正宗ですので絶対的に日蓮大聖人を信じていますし。別格ですが、
次に吉田松陰が好きです、幕末にこのままでは列強アメリカの属国となり、
中国やアジアの国々のように植民地にされる事を未だ知らない人に訴えました。
黒船はテクノロジー犯罪と言える。
吉田松蔭は敵であるが、その力を認め黒船に乗ろうとし幕府に捕まりました。
幽閉され処刑される数年間に松下村塾で高杉晋作や伊藤博文等を育てた、日本の歴史には大きなターニングポイントがありますが、このようにこの人一人がもしいなかったら今の日本はないだろうと言える位の存在です。
また吉田松蔭は屈強な若者でもありませんでした、肖像画を見てもか細い人です日本を救いたいと言う一念です。黒船に乗り込んだのは松蔭ともう一人屈強の長州武士もいました、罪人として長州まで籠に押し込まれ引き晒しで帰る途中
屈強な武士の方は1週間もせず死んでいます。
また吉田松蔭は、人との約束を守る為脱藩して会いにいったという信義を重んずる人でもあり、
若い頃呼んで感動しました。

もちろん坂本龍馬も大好きです。
例えが大げさになりすぎたかもしれませんが、大多数である第三者にこのテク犯を
誤解無く知らしめる大変さとはがゆさはありますが、この強い一念があれば
何れ知る時が来るはずと考えます。

ところで話は戻りますが、この迷惑防止条例の上記のストーカー規制法以外の
判例はあるのでしょうか?トカゲの尻尾程度なのでしょうか?
2015/04/09

ブログタイトルについて

ブログタイトルの質問に答えて

メールでブログの記事内容に付いてや応援メールを頂きますが、
ブログタイトルに付いての質問がありましたので参考の為答えを記事にしてみました。


質問の内容はこれです、

リラックス様は元顕正会の幹部との事ですが、集団ストーカーで嫌がらせをしてくる人達は国家権力と
お考えなのでしょうか。
(創価在日等々諸説聞きますが)

これに付いての答えが下記です。

私は集ストは大した事では無いと考えます、個人的には大変だったりしますが、ほのめかしやノイズや
コリジョンも無視すればいいと思います、電磁波や音波のものもかゆみと考えればいい。
戦う決意を固めたら、日本に於ける市民がやる集スト等限界があります。
迷惑メール程度でしょう。
街頭周知活動を始めても少しほのめかしの声が大きくなっただけです。
他の国で今まで、共産国家や独裁の封建国家には、必ずそれを任務とする者がいました。
それの被害者は、痕跡も残さず消されていたでしょうし、現在もそんな国家では有る事です。
現在の中国人等は、集ストを知っているようです、あちらでは集ストという言葉では無いが
中共(中国共産党)による思想言論の弾圧の為に使われている、弾圧の初期行為といえます。
情報収集作業とでも言えばいいのか?これは民主主義でない国家では、完全に国家権力による
粛清行為です。拷問を楽しんでやっている国もあるでしょう。
一応人権擁護の民主国家の日本では、そこまで明らさまに出来ないだけの事です。
単なる手法の一つとして集スト、テク犯があるのです。
世が世なら本当に投獄すれば済むわけです。
こういう理由から国家権力の利権による集団ストーカーやテクノロジー犯罪と戦い、
本来の日本人のもつ歴史が培ってきた民族性を、取り戻して欲しいとの事で、
目覚めよ日本とタイトルを付けています。

また゛戦う゛という言葉を使うのは、文字通り戦うのです。
具体的に戦い方ですが、今色々考えていますし、先人の方々のアドバイスも
含め検討しています。
戦いの段階として今は周知活動と被害者を一人でも多く集めて行く事です、
もはや近県と言わず全国からの被害者を募っていこうと考えます。
また集スト側の方でもうこんな事止めたいなと考えていても止められずにいる
人もいると思います、そんな方もぜひご連絡下さい。
連絡先アドレス
リラックス
relaxlife@ezweb.ne,jp

次回街頭周知活動予定

2015年4月27日(月曜日)
お昼12時~2時石川県庁前
午後3時~5時武蔵名鉄エムザ前
午後5時~7時香林坊アトリオ前
にて行います。
参加希望者募集
お気軽に遊びに来てみてください。







2015/04/03

雨天決行第二回街頭周知活動

4月1日の街頭周知活動は雨の中無事終了致しました。
同時に金沢市内に3月から配布しているチラシも1万枚を越え2万枚に突入しています。中には『家に入ってましたよ』という、言葉を頂き少しでも浸透しているな、という事を受け止めさせて頂きました。
また被害者の方も続々と、と言う分けにはいきませんが、メールなどで全国から励ましを頂いています。
参加して頂いた無耳法師さん、匿名の有志の方々有り難うございました。
無耳法師さんのブログは右のリンク先のページです。

組織的不法行為(集団ストーカー)と闘うブログ
   http://konngou1022.blog.fc2.com/


次回街頭周知活動予定

2015年4月27日(月曜日)
お昼12時~2時石川県庁前
午後3時~5時武蔵名鉄エムザ前
午後5時~7時香林坊アトリオ前
にて行います。
参加希望者募集
お気軽に遊びに来てみてください。
連絡先
relaxlife@ezweb.ne,jp

変更がありましたら早めに告知致します。


無耳法師さんのブログでは、淡路島の殺人事件の話題ですが、
周知活動帰りのラジオから、
神戸老人ホーム虐待:容疑で元職員3人逮捕 入所者に暴行 という事件の
ニュースを聞きました集ストとテク犯の周知の活動をしているからと言うわけでは
無くとも、最近のニュースには弱者を寄ってたかって虐めるような事件が多い
痛々しい事件で憤りを覚えるものです。
いったい日本人の昔からの判官贔屓(ほうがんびいき)、忠臣蔵で涙した国民性はどこにいったのかと
思う出来事が多い。
これが現在の世界標準なのか?